活動休止中のギンナナ、解散発表

1 :牛丼 ★:2019/12/06(金) 10:06:18.42 ID:TrorM4I79.net

今年6月末から活動を休止していたお笑いコンビ・ギンナナの金成公信(44)が5日、自身のツイッターでコンビ解散を発表した。また、金成は来年から吉本新喜劇に所属することも併せて報告している。

 ギンナナは5月31日、所属する吉本興業を通じ6月30日からコンビ活動を休止すると発表。ボケ担当の菊地健一(42)は無期限でハワイに移住し、相方の金成は1人日本で活動していくとしていた。

 5日、金成はツイッターで村上ショージ、田村淳、ワッキー、庄司智春、ハブサービスらと写った写真を投稿。「村上ショージ師匠に感謝! 淳さんに感謝! ワッキーさん、庄司さん、ハブちゃんに感謝! 劇場スタッフ、社員の皆様に感謝!そしてお客様に大感謝!な一日でした。そして皆様にご報告」として「この度、ギンナナ 解散いたします。ハワイに行ったはずなのに、なぜか日本にいる菊池健一と、ハワイ行きを決めた中華屋でいろいろ話し合って決めました」と発表した。

 ファンに対しては「ギンナナを応援してくれた皆様にとっては悲しいご報告かもしれませんが、おじさん2人は、明るく元気です。今までどうもありがとう」と前向きに感謝を述べた。

 続けて「金成は2020年から、吉本新喜劇に所属させていただきます」と今後についても報告。「ルミネtheよしもとのSPコントや営業などで、間寛平師匠、石田靖さんや木村祐さんの班で新喜劇に触れ、東京人のくせにとっても刺激を受け、新喜劇に興味津々になり、自分の行きたいところになりました」と心境を明かし、「大阪に住んで、揉まれます。揉まれて削ぎ落とされて完成を目指します」と決意をつづっている。

 最後は「たくさんの先輩、後輩が背中を押してくれました。背中が真っ赤っかです。熱い社員の皆さんも声をかけてくれました。そんなこんなも詳しくはいつか話しますね。ということで、東京の皆様、ちょっくら行ってきますね。そして大阪の皆様、おかしな東京人(厳密には千葉県民)ですが、何卒よろしくお願いいたします」と呼びかけ、「追伸 菊池健一さんのハワイ熱はまだ冷めていないようですので、お時間あったらそちらの応援もぜひに」と相方についても言及している。

 ギンナナは、田村淳を中心に活動するヴィジュアル系バンド・jealkbのメンバーだった金成(元ハローバイバイ)と菊池(元ガラクタパンチ)が、同バンドを脱退した直後の2010年3月に結成された。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191206-00000338-oric-ent

More →

松岡茉優は土屋太鳳と…芸能界「共演NGリスト」の裏に周囲の忖度

1 :砂漠のマスカレード ★:2019/12/03(火) 09:45:06.87 ID:CkGZCjKM9.net


【ギョーカイ“マル秘”雑記帳】

映画「勝手にふるえてろ」や「万引き家族」に出演し、日本アカデミー賞、ブルーリボン賞、エランドール賞などで主演女優賞や助演女優賞などを総ナメにした松岡茉優(24)。若手演技派として不動の地位を築いているが、「共演NGリスト」が存在するという。

きっかけは松岡が同世代の土屋太鳳(24)や広瀬アリス(24)について、テレビ番組で、同じオーディションを受けて負けたことなどを暴露したこと。これがリップサービスではなかったというのだ。

松岡といえば、9月に行われた映画「ひとよ」のジャパンプレミア試写会の会見でも、共演する佐藤健(30)や鈴木亮平(36)をハイテンションで質問攻めにし、「司会者の仕事を取るんじゃない!」などと突っ込まれていた。松岡のデビュー当時を知る雑誌関係者はこう語る。

「当時から年上の人にもタメ口で、気さくな印象でした。ガラッパチというか、言いたいことをズケズケいう感じでオバちゃんくさい(笑い)。それが年上に受けることもありますが、わざとガサツに振る舞いながら、心の底でこちらの出方をジッと観察してるような感じでしたね」

その後、連ドラ「あまちゃん」出演などを経て、実力派女優に成長していった松岡。芸能ジャーナリストの城下尊之氏はこう語る。

「本当に仲が悪くて本人が“共演NG”と言い出すというのは実はまれです。むしろマネジャーとかプロデューサーとか周りが忖度するんです。また、ドラマでもバラエティーでも、当然“キャラ被り”を嫌うので、似たような世代やタイプの女優は登場させません。さらに女優の場合、格が上がってくるとギャラも上がっていくので、安い方を使おうということになったりします。そういう話が広がって、“共演NG”が既成事実となっていくことも多いですね」

女優はプライドで生きているからこその“共演NG”か。

https://news.livedoor.com/article/detail/17469889/
2019年12月3日 9時26分 日刊ゲンダイDIGITAL

More →

尼神インター誠子、“全力変顔”披露もファンから「かわいい」の声

1 :砂漠のマスカレード ★:2019/12/05(木) 18:54:12.00 ID:eZGbizyH9.net

12月1日(日)、尼神インター・誠子がInstagramを更新。ジェラードン・かみちぃ扮する話題の“地下アイドル”、如月マロンとの動画を披露しました。
なにやらお互いに「かわいい!」と言い合う“褒め合い合戦”を繰り広げていたのですが……?

如月マロンは、ジェラードンのネタから生まれた「夜勤でアルバイトをしながら地下アイドルをやっている永遠の15歳」という設定のキャラクター。YouTubeでもオリジナル楽曲を配信し、Twitterアカウントは1万8,000人のフォロワーを集めている、現在注目のアイドル(?)です。

そんなマロンが登場した今回の投稿。誠子とマロンは「マロンちゃんのほうがかわいい!」「誠子さんのほうがかわいい!」と“褒め合い合戦”を繰り広げます。

言い合いの最後には2人で「べーーー!」と舌を出し、変顔を披露するのですが、誠子が見せた全力の変顔に、さすがのマロンも「ちょ、やばくない?」と引き気味……。誠子も「変顔しすぎてマロンちゃんがひいてる」と綴っています。

これにはファンからも爆笑コメントが。「ちょっとやばくないw w w w w w w w」「まろんちゃん(原文ママ)が引いてる(笑)」など、2人のやりとりに笑ってしまった模様。

また、芸人魂を見せた誠子に「ここは負けられへん所ですもんね」「プロ!」といったコメントも。芸人として、15歳のアイドル(?)には変顔で負けられないですよね!

女子力か芸人魂か?テレビ番組でも争点に…
今回、変顔でマロンを圧倒した誠子。一方、ファンからは「てかホントに可愛い」「どんどん可愛くなっていきますね」といったコメントが寄せられています。

先日、バラエティ番組『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ)に出演した際には、そんな誠子のInstagramでの“女子力高め”な投稿が思わぬ争点に。「芸人魂はどこにいった!」と散々イジられる場面もありました。

番組では「お笑いも女子も全力で頑張りたい」と宣言し、最後には体を張ったギャグで拍手を浴びていた誠子ですが、今回の投稿でも見事その芸人魂を披露してくれました。今後も全力投球の誠子に期待です!

https://news.livedoor.com/article/detail/17483366/
2019年12月5日 18時0分 ラフ&ピース ニュースマガジン

More →

神田沙也加と離婚、元夫の離婚理由が物議 「子供産まないことが後ろ向きなこと=ダメなこと?」

1 :鉄チーズ烏 ★:2019/12/05(Thu) 05:22:24 ID:MFKf/fyj9.net

https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1806691/
2019/12/04

女優の神田沙也加(33)が12月4日、ブログを通じて離婚を発表した。さらに同日、元夫で俳優の村田充(42)もブログで発表。その離婚理由に否定的な声が上がっている。

「子どもが欲しかった私と、前向きになれなかった彼女とで折り合いがつかず、互いを尊重し、前を向いてそれぞれの人生を歩むという結論に至り、今年の夏、二人で円満に離婚届を作成し、離婚に双方合意をいたしました」

しかし、村田が出産計画に対して「前向きになれなかった彼女」と表現したことがネットで物議を醸しているのだ。

《子供を産まない=後ろ向きかのような言い分嫌だなあ。 価値観が合致しないとき、相手を「間違ってる」かのように捉えるのってアリがちだけど残酷。 相手には相手の事情や考え方があるのだから… そもそも今の日本社会で 女性が子供を持つことの大変さわかってるかなあ》
《「子供が欲しかった自分と、前向きになれなかった彼女」って。 そういうのって結婚するときに話したりしないのかな? それに子供産まないことが後ろ向きなこと=ダメなことみたいに聞こえてちょっとひっかかってしまった。なんか悲しいなって思った》
《神田沙也加さんの離婚原因なんかモヤる…。 「子供を持たない」っていうのは個人の1つの考え方なんだから、それに対して前向きも後ろ向きもないと思うんだけど。 子供を持たない イコール 後ろ向きって考えの男ってヤダな。そもそも妊娠って圧倒的に女性負担なのに、自分勝手すぎる》
《いま仕事がいい時期で、仕事が大好きで、 子供を産む期間にどうしても仕事をストップさせるということに抵抗があるのでとてもよく分かる》

★1が立った日時:2019/12/04(水) 19:26:22.70

前スレ
【芸能】神田沙也加と離婚、元夫の離婚理由が物議 「子供産まないことが後ろ向きなこと=ダメなこと?」★2
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1575466523/

More →

ベッキー「悪魔の弁護人 御子柴礼司」6年ぶりの連ドラ出演

1 :牛丼 ★:2019/12/04(水) 15:51:04 ID:VsV5sZqO9.net

タレントのベッキー(35)が3日、都内で行われたドラマ「悪魔の弁護人・御子柴礼司〜贖罪の奏鳴曲〜」(東海テレビ・フジテレビ系、初回7日、土曜23時40分〜)の制作発表会に登場した。

 夫で読売ジャイアンツの片岡治大コーチ(36)との間に第1子を妊娠中のベッキーはゆったりしたロングワンピにショートブーツで登場。衣装合わせの段階で真剣な表情でメモをとっていたエピソードを明かされると、「ただ単に忘れっぽいだけで……ここ最近はぶっ飛んだ役が多かったので久々にまともな役が来てうれしいです。今回初めて現場に手作り弁当を持って行ったんです。そんなこと言うと、また『ベッキー頑張ってる』って言われそうだけど、年齢的にも早く目が覚めちゃうんで」と終始低姿勢で主演の要潤らを気遣っていた。

 同日、フリーアナウンサーの高橋真麻(38)、女優の松本莉緒(37)も第1子妊娠を発表。令和2年もワーキングマザーのベビーラッシュが続きそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191204-00000030-nkgendai-ent

More →

剛力彩芽、グータンで本心語る「ほかではもう話すつもりはない」

1 :砂漠のマスカレード ★:2019/12/04(水) 16:58:45.95 ID:4wQ1aVE/9.net

10日放送のカンテレ「グータンヌーボ2」に女優、剛力彩芽(27)が出演する。4日放送回の最後に告知された。

この日は11月に行われた番組初の公開収録の模様を放送。俳優の千葉雄大(30)、GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太(25)、お笑いコンビのミキ・亜生(31)による“男グータン”の様子などが放送された。

次回予告では「剛力彩芽 参戦」とアナウンス。「剛力彩芽 本心を語る」とのテロップとともに、剛力が「私はここで自分の言葉で伝えたら、ほかではもう話すつもりはなくて」と語る様子や同じくゲスト出演するお笑いコンビ、ハリセンボンの近藤春菜(36)から「辞めてとか言われたら?」と問われ「無理でした」と答える姿が流された。

剛力をめぐっては衣料品通販サイト、ZOZOTOWNの創業者で前社長の前澤友作氏(44)との破局が先月、報じられた。「グータン」の収録は破局報道後の同14日に行われたといい、発言に注目が集まる。

https://news.livedoor.com/article/detail/17477332/
2019年12月4日 16時9分 サンケイスポーツ

More →

『Mステ』 に怒り爆発!素人のカラオケ企画に「意味不明」「まじしらける」

1 :砂漠のマスカレード ★:2019/12/03(火) 20:49:58 ID:nJDUaMKr9.net

同日の放送では、前回に引き続き、大ヒット中の映画『アナと雪の女王2』の楽曲を特集。番組の前半には、映画の動員数や興行収入といったヒット状況や、先週の放送で披露された同映画の楽曲がVTRで流されていった。さらに、番組は映画公開日にカラオケ店でロケを行っており、ここでVTRはロケの模様にチェンジ。ロケ内容は、公開と同時にカラオケ配信が解禁された映画主題歌『イントゥ・ジ・アンノウン〜心のままに』の?世界最速?100点を狙うというもので、女性お笑いコンビ『ニッチェ』の江上敬子をはじめとする「アナ雪」ファンの女性4人が、採点機能をオンにして同曲を歌っていった。

ロケに参加したのは、江上、ソロ歌手・fumika、漫画家・阿部知佳、シンガーソングライター・植城微香の4人。開店と同時に入店してひたすら歌っていくが、90点台前半ばかりでなかなか100点を狙える点数が出てこない。また、番組は福岡に住む男子小学生にも現地からの参加を呼びかけており、同小学生はカラオケ大会11回優勝の実力を活かして96点のハイスコアを記録。同採点機能は全国の挑戦者の点数がリアルタイムで反映されるのだが、福岡のカラオケ店から記録された高得点に、都内店舗の4人も焦りを見せ始めた。

「音楽番組」としてのあり方に疑問符が?
その後、同VTRは中断を挟み、続きは番組の後半に流されることに。後半ではカラオケ全国大会優勝の女子中学生も登場したが、結局誰も100点は獲得出来ずに、「世界最速100点を目指して、これからも『Mステ』は戦い続けます!」というナレーションで企画は締められてしまった。

前後半に分けてかなりの尺を取った同企画だったが、ネット上には

《妙な企画やめたら新曲フル・もしくはカップリングも含めて披露できるくらいの時間ありそう》
《パフュームちゃんの歌聞きたくてMステ見てるのに、しらん人たちのカラオケ映像とか見せられるのまじしらけるんだけど…》
《カラオケあんなに引っ張ってPerfumeのトーク皆無とか意味不明すぎる》
《素人さんのカラオケなんて他でもやってるし、なぜMステで??? せっかく新曲を提げてアーティストさん来てくれてるのに》
《カラオケに時間かけるならもう一組か二組出演して欲しいな》
《なにこれカラオケで半分くらい時間使ってない…?》

といった声が多く、あまり好評を得られなかったよう。カラオケ企画に時間を割いたことでスタジオでの楽曲披露が物足りなくなり、視聴者のとしてはフラストレーションが溜まったようだ。

前作が世界的大ヒットを遂げた「アナ雪」だけに、局側も?キラーコンテンツ?として需要を見込んでいたのだろうか。

http://dailynewsonline.jp/article/2102222/?page=2
2019.12.03 19:00 まいじつ

More →

FUJIWARAの藤本敏史氏(48)、「上沼・高田のクギズケ!」に出演して謝罪  妻・木下優樹菜のタピオカ店恫喝騒動

1 :ニーニーφ ★:2019/12/01(日) 21:09:52 ID:xb6xeoHt9.net

 お笑いコンビ、FUJIWARAの藤本敏史(48)が1日放送の読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」(日曜前11・40)に出演し、
妻でタレント、木下優樹菜(31)が起こしたタピオカドリンク店への恫喝(どうかつ)騒動について謝罪した。

 番組の冒頭、MCの上沼恵美子(64)から話を振られた藤本は、騒動を受けて芸能活動を自粛している木下について「当然のことながら、反省の日々です」と説明。
「僕と妻のお母さんで(謝罪に)行ったのは本当です。妻がいきなり行くと相手もびっくりするので」と、店の経営者の自宅に謝罪に行ったが不在で会えなかったことを明かした。
藤本自身への批判も「夫婦なので、非難されても当然なのかなと思います」と神妙で、「本当に申し訳ございません」と頭を下げた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-00000589-sanspo-ent

More →

大橋未歩アナ明かさぬ離婚経緯「言う訳がない」理由

1 :砂漠のマスカレード ★:2019/12/04(水) 17:00:11.57 ID:4wQ1aVE/9.net

元テレビ東京の大橋未歩アナウンサー(41)が、元夫でプロ野球日本ハムの城石憲之コーチと離婚に至った経緯などを明かさない理由を説明した。

大橋アナは3日、ツイッターを更新。「離婚理由を何故説明しないんですか?と言われたりするけど」と書き出し、
「誰かを悪人にしなきゃ気が済まない世間において、長年お世話になった方が1ミリでも悪く言われる危険性を秘めたことを言うわけがない。
『両者に非はあるし両者に非はない』という真実を全員が理解してくれるとは思えないからこのままでいい」とした。

大橋アナは2007年に城石氏と結婚したが、16年に出演したテレビ番組内で、城石氏と離婚したことと、すでにテレビ東京社員の男性と再婚していることを明かしていた。

https://news.livedoor.com/article/detail/17477235/

2019年12月4日 15時54分 日刊スポーツ

More →

倉木麻衣「負けないで」カバーに酷評コメントが殺到した切ない理由

1 :砂漠のマスカレード ★:2019/12/03(火) 21:46:50 ID:nJDUaMKr9.net

歌手の倉木麻衣が11月27日放送の音楽特番「ベストアーティスト2019」(日本テレビ系)に出演するも、その歌唱力をめぐって辛辣な声が寄せられている。

同特番にて倉木は、1993年にリリースされたZARDのヒット曲「負けないで」をカバーするも、冒頭からその声は震え、高音キーの際には辛そうに絞り出しているかのような印象となり、ZARDのボーカルである坂井泉水が持つ透明感や力強い躍動感とは対照的な、か細い、囁くような歌声であったことから、やや違和感を伴うカバーとなってしまった。

本来、ハスキーなウィスパーボイスを持ち味とする倉木がなぜ坂井泉水の『負けないで』を選んだのかという疑問はあるが、本人は「坂井泉水さんの『負けないで』という想いが届けば良いなという気持ちでリスペクトを込めました。自分自身にもプレッシャーに『負けないで』という気持ちで歌わせていただきました」とコメントしており、曲が持つ雰囲気やリズム感よりも、そのメッセージ性を好んで選んだことを示唆している。

「倉木は過去にも何度か同曲をカバーした経験がありますが、高音のパートでは苦しそうに息が続いていないような印象もあり、視聴者からは『倉木さんのささやくような歌い方だとしっくりこなくて、違和感しかなかった』『心を込めて歌ってるんだろうけど、ちょっと残念ではありました』『曲や声質が坂井泉水さんとは別物。すまんが歌わないでほしかった。歌が始まってすぐ番組を見るのをやめた』『歌わない方が良かった。声が辛そうで聞いていて不快』と散々な言われようです。敢えて尊敬するZARDの曲を選んだのでしょうが、ヒット曲を多く抱える倉木だけに、『良い持ち歌があるんだからそっちを歌った方が国民は満足すると思うよ』との声もありました。やはりオリジナルの楽曲には多くのファンや信奉者が存在しますから、カバーするのであれば、そうした方々を満足させられるようなクオリティであるべきだったと言えるでしょう」(テレビ誌ライター)

辛口評価にも“負けないで”と言いたくなる切なさを漂わせてしまったが、ここは無難に自身のヒット曲をチョイスするべきだったのだろう。

http://dailynewsonline.jp/article/2101616/
2019.12.03 10:15 アサジョ

More →