細貝圭、AKB峯岸みなみと密着ショット報道で謝罪「軽率な行動によりご迷惑をお掛けしました」

1 :ひかり ★:2019/04/18(木) 20:46:15.85 ID:J5RjCsUj9.net

 俳優の細貝圭(34)が18日、自身のツイッターを更新。この日、女性週刊誌で報じられたAKB48の峯岸みなみ(26)との密着ショットについて
謝罪のツイートをした。

 細貝は「この度、軽率な行動によりファンの皆様、関係各位の皆様にご迷惑をお掛けしまして申し訳ございません」と謝罪の言葉を述べた。そして、
「この度、軽率な行動によりファンの皆様、関係各位の皆様にご迷惑をお掛けしまして申し訳ございません。また峯岸みなみさん、峯岸さんのファンの皆様にも
ご迷惑と不快な思いをさせてしまったことをお詫び致します」と峯岸本人と関係者、ファンへ重ねて謝罪をした。

 最後は「今後は誤解を招くような行動は慎み、ますます俳優業に邁進していく所存でございます」と決意をつづった。

スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190418-00000121-sph-ent

More →

深田恭子(36)「自分の年齢を考えると現実逃避したくなる時が…」本音吐露も「永遠に可愛い」「奇跡のアラフォー」と称賛続々

1 :砂漠のマスカレード ★:2019/04/16(火) 14:34:51.08 ID:scKiAYWz9.net

女優の深田恭子(36)が16日、自身のインスタグラムを更新。所属事務所の後輩で女優の大野いと(23)との2ショットを披露した。

深田は「久々のいとちゃん しばらく会えてなかったのですがあっという間に大人になっておねえちゃんは眩しいです」とコメントし、
妹のようにかわいがっている大野と並んだアップショットを投稿。

続けて「最近周りが若い方だらけのことが多く一緒にはしゃいでしまうけど、自分の年齢を考えると現実逃避したくなる時があります笑」と本音を吐露し、
「もう!!こうなったら素敵で魅力溢れる大人になりたいと今更決意を固めた今日この頃でした」とつづった。

ハッシュタグでも「でもどうしたらいいのかな笑」「時間かかりそう…」と悩める胸中を記した深田だが、フォロワーからは「そのままの深キョンでいてください」
「もう充分素敵で魅力溢れる女性だと思います」「永遠に可愛い」「奇跡のアラフォー降臨」など美しさに称賛の声が上がっていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/16324519/
2019年4月16日 14時1分 スポーツ報知

More →

万札肖像の渋沢栄一、子孫はテラスハウス(ハワイ編)出演のイケメンモデル 澁澤侑哉(21才)

1 :江戸領内小仏蘭西藩 ★:2019/04/18(木) 07:20:04.07 ID:vkbKwhOR9.net

4/18(木) 7:00配信 NEWS ポストセブン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190418-00000005-pseven-ent


渋沢栄一の子孫の澁澤侑哉(所属事務所HPより)

 父はアメリカ海兵、日本人の母は外資系企業に勤めるキャリアウーマン。本人は183cmの長身に甘いマスクでハリウッドを目指す──。

 澁澤侑哉(21才)なるイケメンハーフモデルに、日本のメディアが熱視線を送っている。

 澁澤は初対面の複数の男女がシェアハウスする様子を記録した恋愛リアリティー番組『テラスハウス』(フジテレビ系)のハワイ編に出演し、女性視聴者の心を掴んだ。

「2016年の冬から半年ほどの出演でしたが、彫りの深いエキゾチックな顔立ちで視聴者の人気は高かった。当時は俳優志望でしたが、テラハ出演後、バナナ・リパブリックのモデルや、『最強スポーツ男子頂上決戦』(TBS系)に出場するなど活動の幅を広げています。

 実は彼が最近になってメディアの注目を集めているのは、その血縁関係。あの渋沢栄一の子孫なんです」(テレビ局関係者)

 渋沢といえば、2024年度から発行される新一万円札の肖像の採用が決まった御人である。

“日本資本主義の父”といわれる渋沢は、1840年に現・埼玉県深谷市の豪農の長男として生まれ、1873年には日本初の銀行となる第一国立銀行を設立した。91年の生涯を通じてあらゆる業種の起業に携わり、東京証券取引所、日本赤十字社、東京ガス、帝国ホテルなど、かかわった企業は約500社に及ぶ。

「その功績から1963年にも一度、新千円札の肖像の候補にあがったことがありました。しかし、『ひげ』を決め手に落選。当時は紙幣の偽造防止技術が進歩していなかったため、ひげのない渋沢は肖像が複雑にならず、偽造の恐れが大きかったそうです。そこで、豊かな口ひげやあごひげをたくわえた伊藤博文が、採用されたといわれています」(全国紙記者)

 そんな逸話もある著名人を先祖に持つ澁澤だが、これまでひた隠しにしてきたという。

「彼は“先祖の名前には頼りたくない”という思いがあるんです。テラハ出演時はもちろん、その前にはユニクロのモデルも務めていましたが、先祖のことは一切明かしていません。彼が、4代以上離れたこの“七光”を使うのは、信頼できる友達を前にして、“おれの先祖は超大物”と、冗談めかして言う時だけです」(芸能関係者)

 新一万円札に渋沢が決まったことで、澁澤にはメディアからオファーが集まるとみられている。先祖とか関係なくてもイケメンモデルで人気が出そうだけど。

More →

マツコ、海外旅行に行かない理由を告白「面倒くさいのもあるけど…」

1 :砂漠のマスカレード ★:2019/04/16(火) 16:05:54.27 ID:scKiAYWz9.net

タレントのマツコ・デラックスが、15日に放送されたTOKYO MXの情報番組『5時に夢中!』(毎週月〜金17:00〜17:59)で、海外旅行に行かない理由を告白した。

夕刊フジに掲載された「旅先でのトイレの不安」に関する記事がトークテーマとなり、マツコは「すっごい分かる」と共感。
「私の場合は窓側とか真ん中の席だけじゃなくて、私が通路側にいたとしても、外や真ん中の席の人が私の前を通るのが大変」と、どの座席でも不安があることを明かした。

さらに、「どっちも大変になるから、今は車以外で移動したくない」と吐露。
「海外旅行に行ってないのは面倒くさいというのもあるんだけど」とそういった不安が海外旅行に行かない原因であるとも語った。

また、株式トレーダーの若林史江氏から「飛行機の通路は通れるんですか?」という素朴な疑問を投げかけられ、
「今はカメラに映ってるからやらないけど……あとでパンチします」と返答。出演者とスタッフの笑いを誘っていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/16323603/
4月16日 10時11分 マイナビニュース

More →

二階堂ふみ初回不発…竹内結子に挑ませたフジテレビの“罪”

1 :砂漠のマスカレード ★:2019/04/17(水) 14:01:32.62 ID:EmyzPstx9.net

放送前から不安視されていたが……二階堂ふみ(24)と亀梨和也(33)W主演の警察ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」(フジテレビ系=木曜夜10時)の初回(11日)視聴率は7・8%と、不発に終わった。

原作は、誉田哲也の警察小説「姫川玲子シリーズ」で、竹内結子(39)が2010年に主演した「ストロベリーナイト」(フジテレビ系)のリメークだ。

竹内でシリーズ化されたドラマは常に視聴率2ケタ超えで、13年公開の映画は興行収入21・5億円のヒット。

人気作だっただけに、ネット上では放送前から〈姫川は竹内結子〉〈二階堂には合っていない〉〈違和感満載〉といった否定的なコメントが目立っていた。

「竹内に再出演する気はなくて、二階堂の前に榮倉奈々(31)にオファーしたという話もあります。ところが、竹内のイメージが強すぎるから、と断られたんだとか」(テレビ誌ライター)

オファーの真偽はさておき、不発の原因は「編成」にもあるようだ。コラムニストの桧山珠美氏はこう言う。

「安易に人気ドラマで視聴率を稼ごうとしたフジテレビにも責任はあると思います。そもそも竹内が出演しない時点で、放送を見送るべきでした。
それぐらい『ストロベリーナイト』は竹内というイメージが強い。また、初回2時間放送も失敗です。
シリアスな内容は視聴者の緊張感が長く続きません。また、2時間番組にしたことで、テレビ朝日の人気連ドラ『緊急取調室』の第3シーズンと時間帯がかぶってしまいました。明らかな編成ミスでしょう」

天海祐希(51)主演の「緊急取調室」は2014年から第1シーズンが始まり、15年にはスペシャルドラマ、17年には第2シーズンが放送され、いずれも視聴率2ケタを稼いでいる。
第3シーズンの初回視聴率も15・2%。天海相手では、二階堂にとって分が悪かったのは否めない。

「『ストロベリーナイト』は1話完結ドラマではないので、初回にコケたのは痛い。再放送を流すなどの“手当て”はするでしょうが、どこまで効果があるか……もしかすると今後、視聴率はさらに下がるかもしれません。
初回を見る限り、内容自体は竹内のシリーズと変わりがなかった。キャストやスタッフを一新したのであれば、主演をあえて男性にするなど、変化をつけた方が良かったのではないでしょうか」(桧山珠美氏)

竹内と比較されることが分かっていてオファーを受けた二階堂の心意気は買うし、ことさら演技が悪いわけでもない。

「竹内の“バティー役”は西島秀俊(48)でしたが、亀梨ではいかにもパンチ不足。“汚れ役”に江口洋介(51)を配したのも、ちょっときれいすぎる感じがしましたね」(前出のテレビ誌ライター)

挑んだ“壁”が高すぎたか。

(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)

http://news.livedoor.com/article/detail/16328521/
2019年4月17日 9時26分 日刊ゲンダイDIGITAL

More →

ジャニーズって「ヘタなのになぜ主演?」“目からウロコ”のからくり!棒演技でも大丈夫な『無口な天才役』

1 :黄金伝説 ★:2019/04/17(水) 00:01:31.45 ID:6lmb1isY9.net

「ヘタなのになぜ主演?」ジャニーズドラマ“目からウロコ”のからくり

演技が下手なくせに、なぜか主演を張ると陰口されているジャニーズアイドル。最近は、演技の下手さを隠すことができるよう、ある?要求?を多くしているともっぱらだ。

「ジャニーズ事務所が所望しているのは、無口でクールな天才役です。この役ならば、演技が棒読みで、表情が乏しくとも、?そういう演技?ということで、何とかなりますからね」(女性誌記者)

実際、今期のドラマでは、山下智久が主演ドラマ『インハンド』(TBS系)でクールな天才科学者を演じている。山下といえば、代表作の『コード・ブルー』(フジテレビ系)シリーズでも無口な天才医者役だった。これにはネット上で、

《山Pっていつも同じような役を演じてんな…》
《何演じても山下だよなw コードブルーもインハンドも大して変わらん》
《相変わらず山下はボソボソしゃべるから、字幕ないとさっぱり分からない》

などといった呆れ声が上がる始末だ。

無口な天才=棒演技の図

「前期のドラマでは、『関ジャニ∞』錦戸亮が『トレース〜科捜研の男〜』(フジテレビ系)で、無口で暗い天才法医研究員を演じていましたね。山下と同様に抑揚のない錦戸のしゃべり方は、良く言えば役になりきっている、悪く言えばただボソボソ話しているだけ、という感じでした」(同・記者)

昨年4月期のドラマ『ブラックペアン』(TBS系)では、二宮和也が無口な天才役を演じていた。二宮はハリウッド映画にも出演し、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞も受賞したことがある?名俳優?だけに、ジャニーズだからといって天才や無感情キャラばかりを演じさせているわけでもなさそうだが…。

「粗を目立たなくさせる手法は、実は他の事務所もやっていると言えますよ。例えば北川景子は、美人ですが演技が下手だといわれています。そんな彼女が最近主演をしたのは、『家売るオンナ』(日本テレビ系)の続編。ここで北川は?無感情な天才?不動産員を演じています。事務所が北川にいろいろやらせてみた結果、こんな役しかできないと判断したのでしょう。実際、続編は無理やり制作した感じが分かる、蛇足なストーリー展開でしたよ」(同)

天才役やサイコパス役は、難しそうに見えて、演じるのは簡単なのかもしれない。

https://myjitsu.jp/archives/81047

More →

木村拓哉&工藤静香の娘K?ki,に「明石家さんまと大竹しのぶの娘IMALU感が漂う…」の声

1 :砂漠のマスカレード ★:2019/04/11(木) 22:06:19.19 ID:ahpWcV0Y9.net

木村拓哉・工藤静香夫妻の次女でモデルのK?ki,が、自身の作曲した楽曲『片隅』を歌手・三浦大知に提供すると報じられて大きな反響を呼んでいる。
同曲は4月10日にスタートした日本テレビ系連続ドラマ『白衣の戦士!』の挿入歌にもなっている。

三浦は「K?ki,ちゃんは真っ直ぐで芯があってとても素敵で、今回一緒に音楽を作ることができてすごくうれしかったです」などとコメント。
一方のK?ki,は「このたびは楽曲を選んでくださり、大変感激しています。この楽曲はハイトーンボイスで実力のあるアーティストの方に歌っていただけるのを熱望して書いていた曲でしたので、
三浦大知さんに歌っていただけて本当にうれしいです」と語っている。

K?ki,は7歳から作曲も始めているほど音楽に精通しているようで、モデルデビュー前から作曲活動をしていた。
2017年に母・工藤のソロデビュー30周年アルバムにも楽曲を3曲書き下ろし、作曲家としてデビュー。
また、中島美嘉がライブのみで披露している曲も手掛けている。

 この報道にファンからは「K?ki,ちゃんが作曲だとは…すごいな」「楽しみだぁぁぁ どんな曲なんやろK?ki,ちゃんの作曲って」
「大知が選んだ曲なんだもんなぁ 相当良い曲なんやろうなぁ K?ki,ちゃん才能の塊やん」などと絶賛の嵐。しかし匿名掲示板では、
《作曲する時間があるなら、ますばモデルとして立ち振る舞いを勉強したらいいのにね》
《モデルでさえ中途半端でプロの域に達してないのにあれこれやらない方がいいんじゃないの》
《モデルやったり、作曲やったり…。そしてどれもこれもが中途半端になりそう。既に漂うIMALU感…》
 などといった厳しい声ばかり。しかも、
《こんなの続かないって。 しーちゃんのゴリ押しだろうけど、ムチャし過ぎだよ》
《小さな子にいろんなオモチャを与えて楽しく遊んでるのを喜んでるママが喜ばせたくてまたオモチャを与えるって そんなのが大きくなったようにしか見えない》
《盛りに盛ってるけど、それに見合う逸材じゃないのはみんな知ってるよ。

それに気付かない静香とK?ki,って本気でヤバい奴なのかもね》
《ママが張り切れば張り切る分、 空回りしてスベっていく… 売り出すときに親がしゃしゃるとロクなことにならないのにね》
などと、工藤のプロデュース方法にも批判が出ている。

K?ki,といえば、昨年女性ファッション誌『エル・ジャポン』の表紙を飾ってデビューしてからシャネルやブルガリのアンバサダーを務めるなど大活躍。
その裏に母・工藤のプロデュースがあったのは周知の事実。だが、あまりのゴリ押しにネットからは既に批判を浴びる対象になっている。

とはいえ、批判を浴びるほどの圧倒的な注目度は人気の証しとも言えよう。K?ki,が批判を浴びれば浴びるほど、工藤はニンマリしているのかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/1771412/
2019.04.11 21:15 週刊実話

More →

さんま、長澤まさみとの食事会実現のために使った女優は…

1 :砂漠のマスカレード ★:2019/04/14(日) 23:48:48.51 ID:hco6UJtj9.net

お笑いタレントの明石家さんま(63)が13日、自身がパーソナリティーを務める「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)に出演。“お気に入り”の女性と仲良くなった経緯について明かした。

さんまは放送中に読まれたリスナーメールで、共演者の飯窪春菜(24)が東京ガールズコレクション(TGC)でさんまがお気に入りと公言している女優・新川優愛(25)と共演することを知と、
こんなチャンスはないとばかりに、飯窪へ「新川と友達になって」と懇願。飯窪を使って新川と食事に…と淡い算段を立てていた。

とはいえ、さんまは新川と番組で共演することも多く、自ら距離を縮めるチャンスがないわけではない。
だが「明石家さんまとしてやな、楽屋行って『電話番号教えてくれませんか?』とか言われへん」と、大御所ならではの悩みも吐露。

さらに、お気に入りの女性として公言していた長澤まさみ(31)と食事に行った時には「浅田美代子さんを使って食事に呼び出した」と告白。
一時は交際の噂もあったほど仲の良い浅田美代子(63)の力を借りて実現したことを明かした。

また、昨年何かと話題になった剛力彩芽(26)については「前まで剛力のやってる番組と俺の番組、一緒の収録日やってん。
ほんで(誕生日プレゼントを)楽屋に持ってきてくれたから、俺は(お返しを)マネージャーに渡したりして。
それで剛力とは、プレゼント交換になってたんや。それが長年続いて…」といった状況に。
いずれにしても自ら意思を伝えるのではなく、あくまで“他力本願”のスタンスであったようだ。

当然、新川へのアプローチも“他力”に頼らざるを得ない模様。さんまの夢が実現するのも、飯窪の働き次第となりそうだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/16316836/
2019年4月14日 22時39分 スポニチアネックス

More →

マツコ「未婚・少子化対策」に疑問「みんなが結婚して子ども増やすのが正解なの?ある程度の衰退はしょうがない」に賛同多数

1 :muffin ★:2019/04/16(火) 17:52:45.01 ID:gGZhPOr99.net

https://news.careerconnection.jp/?p=70219
2019.4.16

タレントのマツコ・デラックスさんが、4月13日放送のNHKスペシャル『AIに聞いてみた どうすんのよ!?ニッポン』(NHK総合)に出演し、未婚率が上がっている問題に関して「女性の立場に立った男女平等があるはず」「皆が結婚して子供増やすのが正解なのか?」などと持論を語り、ネット上で賛同の声が上がった。

今回のテーマは「超未婚社会」。番組では、かつては収入が多い女性は結婚から遠いイメージがあったが、最近の研究では”経済力がある女性が早く結婚する”傾向もみられるとの話題が出た。(文:okei)
中略

様々な未婚対策が紹介され、番組の最後に感想を求められたマツコさんは、いつもこんな疑問があるとも語っている。

「みんながみんな結婚して子どもをたくさん産んで少子化を止めることが、この国の正解なのかっていうこと。日本が数十年後、人口5000万人のコンパクトな国になる、ではダメなのかな?」
「そこに行くまでは必ず少子高齢化があって、苦しい時代がある。でも『1億3千万人の人口を未来永劫キープする』っていう政策のもとでも、(日本は)大丈夫なの?」

と問いかけた。

これに対してNHKの大越健介記者が、「政治家って衰退していく前提でものが語れないんですよ。だから子供は多い方がいい、活気があります、元気があります、明るい未来を!という方向に、どうしても政策誘導してしまう」と説明すると、マツコさんは、「でもそんなこと言ってる状況じゃないじゃない」と反論した。

「ある程度の衰退はもうはっきりと見えてるわけで、もはや高度経済成長の時代の理論でやってる国じゃない。結婚は、そこをどうするかに結びついている」
と、結婚はこれからの日本の在り方に関わっているという持論を語った。

さらに、「国がどうしてもみんなに結婚してほしいと思っているなら、もうちょっと結婚しやすい制度に変えなきゃいけない」と、女性の働きやすさや子育て支援など、多方面に変えるべき問題が山積しており、「なかなかの問題だよこれは」と釘を刺していた。

ネット上では、マツコさんの「女性本意の男女平等」や、締めの言葉がよかったと共感する声が多く上がっている。マツコさんの言う通りコンパクトな国になっていくことを認めて今後を考えた方がいい、「いつまでも右肩上がりにこだわってたら破綻する」といった声が寄せられた。

★1が立った日時:2019/04/16(火) 15:51:24.56
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1555397484/

More →

渡哲也 石原軍団解散へ…決断の背景に俳優の高齢化と体調問題

1 :ニライカナイφ ★:2019/04/16(火) 05:11:52.28 ID:xdbry55B9.net

◆ 渡哲也 石原軍団解散へ…決断の背景に俳優の高齢化と体調問題

東京都内にある病院の前で、酸素ボンベの入ったバッグを右手に持ち、車から降りてきたのは俳優・渡哲也(77)だった。本誌が渡を目撃したのは4月上旬。実はその直前に驚きの証言をキャッチしていた。

「渡哲也さんが、ついに俳優引退と、石原プロモーションの幕引きを決断したのです」

そう語ったのは石原プロの関係者だった。石原プロは、故・石原裕次郎さんにより’63年1月に設立された。

「’71年には渡哲也が副社長に就任。舘ひろし(69)や神田正輝(68)など人気俳優を擁し、その結束の固さから所属俳優たちは“石原軍団”と呼ばれたのです。’87年に社長の裕次郎さんが逝去した後は、渡が24年間にもわたり二代目社長を務めました」(芸能関係者)

社長辞任後も、専属俳優や“相談取締役”として石原プロを支え続けてきた渡。なぜいま“石原軍団解散”を決断したのだろうか? 前出の石原プロ関係者は次のように語る。

「以前から“高齢化”は問題視されていました。現在、代表取締役会長を務めている石原まき子さん(※石原裕次郎夫人)が85歳、そして渡さんが77歳。渡さんが辞任してから8年になりますが、社長職は空席のまま。それは、まき子さんの『後継者が決まるまでは、社長の席は空けたままにしましょう』というご意向があったからです。しかし結局、裕次郎さん、渡さんの跡を継いで“三代目社長”に名乗りを挙げる人材は現れなかったのです」

渡の体調の問題もあるという。渡は’91年に直腸がん、’15年に急性心筋梗塞と2度の大手術を受け、さらに肺気腫やぜんそくといった持病もある。

「実はこの4月に幕引きを発表する予定だったのですが、移籍先がまだ決まっていない若手の所属タレントたちもおり、資産の整理もまだめどが立っておらず、公式発表はとりあえず延期することになりました」(前出・石原プロ関係者)

設立から57年目、そして裕次郎さんから受け継いで32年で迎えた終幕について渡自身はどのような感慨を抱いているのだろうか。自宅付近で本人に取材を試みた。

「渡さん、石原プロを閉めることを決断されたそうですが、いまのお気持ちをお聞かせください」と記者が問いかけると渡は目をつぶり、なんと語るべきか真剣な表情で黙考しているようだった。だが付き添っていた運転手に「事務所に連絡するように伝えなさい」と静かに言い残すと、自宅のなかに入っていった。石原プロで専務取締役を務める浅野謙治郎氏は本誌に次のように語る。

「『石原裕次郎さんの名前を冠した“石原プロモーション”を傷つけてはいけない』、それは渡のみならず私たち社員が常に肝に銘じていること。また(渡のように)会社の舵取りをする立場なら、会社を存続させないという選択肢も頭の中にはあるでしょう。しかし現時点では、(幕引きは)決定事項ではありません。石原プロは映画・ドラマ・音楽について多くの版権を持ち管理していますから、会社自体を解散するということはできないのです」

浅野氏の語った“石原裕次郎の名を傷つけない”ということを、誰よりも強く意識し、それを美学としているのが渡なのだという。石原プロの元幹部社員は言う。

「石原プロを“自分の目が黒いうちにきれいに終わらせる”というのは、渡さんにとって長年の悲願でもありました。つまりほかの“スタープロダクション”のようにはしたくない、ということです」

映画会社から独立したスターたちが、自分の名前をつけた個人プロダクションを相次いで設立した時代があった。石原プロのほかには勝新太郎の勝プロ、三船敏郎の三船プロ、中村錦之助の中村プロなど。だが石原プロ以外は、いずれも経営不振で倒産したり、分裂騒動を起こしたりしている。

「渡さんとしては倒産とか分裂とかで、石原裕次郎の名前を汚したくない。それが彼の美学なんです。社長ではありませんが、渡さんが決定したとなればほかの社員たちも従います。幕引きを急いでいるのは、渡さんが自分の体調に自信を持てなくなっているからなのでしょうね」(前出・元幹部社員)

渡は“20年までには石原プロの資産を、まき子さんにお戻しする”と、知人に語っているという。

「おそらく今後、石原プロは芸能プロダクションとしての活動を休止し、裕次郎さんを中心にした映像や音源の権利を管理する会社へ移行していくのではないでしょうか」(芸能プロダクション関係者)

渡哲也は肺気腫と闘いながら、自身の美学を貫く道を歩み続けている。

女性自身 2019/4/16(火) 0:02
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190416-00010003-jisin-ent

More →