三船美佳・高橋ジョージ、離婚訴訟の裏にある「収入格差と宗教」

1 :かばほ〜るφ ★@\(^o^)/:2015/01/19(月) 15:20:52.19 ID:???0.net

三船美佳・高橋ジョージ 離婚訴訟の裏にある「収入格差と宗教」
1月19日(月)14時58分配信

以前から業界では、不仲説が囁かれていた三船美佳(32)と高橋ジョージ(56)夫妻。
98年に結婚して以降、テレビ出演はほぼ夫婦セットだったのに、ここ一年は“バラ売り”。
三船から高橋に、三行半を突きつけた構図が明るみになった。

17日に2人が大阪と東京で別々に開いた会見内容も対照的で、「母として女性として新しい人生を歩み、
成長していきたい」と笑顔で語った三船に対し、高橋は「残り1%でも俺は踏ん張りたい」と未練タラタラ。

16年以上連れ添ってきたおしどり夫婦だが、離婚と一人娘(10)の親権を争い、
訴訟にまで発展した背景には会見では語られなかった金銭問題もあったという。

「かたやレギュラー3本を抱える三船と開店休業状態の中年ロッカー。高橋は唯一のヒット曲
『ロード』の印税で年間1200万円ほどの収入があるといわれていますが、収入格差は3倍以上です。
これまで家計は高橋が全てを管理し、“オレがいないと美佳は何もできない”と今でも本気で思っている。
離婚も一時の気の迷いで、必ず帰ってくると思い込んでいるのが痛々しい」(芸能リポーター)

■統一地方選への影響も?
この夫婦、24歳差の年の差婚だけでなく、当時は創価学会員同士の結婚としても注目を集めた。
学会系の機関紙である「聖教新聞」や関係の深い雑誌「潮」「第三文明」も常連である。
三船は母親の影響で、高橋は売れないロック歌手としてくすぶっていた時期に学会に入信。
2人揃って学会芸術部に所属している。

創価学会に詳しいジャーナリストの乙骨正生氏が言う。

「学会活動に熱心な有名人夫婦ということで、結婚当初から幸せの象徴として広告塔を担ってきました。
高橋さんの場合、彼が作詞作曲した『ロード』は池田大作氏への心酔の表れで、学会員の間では信仰の道を
貫くという意味も込められた楽曲として知られています。三船さんもレギュラー番組を持ち、
一般の女性誌でも取り上げられる存在。2人とも布教活動に一定の影響力があるだけに、こうして離婚話が
明るみになる前には、関係者から別離を避けるようにという要望の声が上がったのではないでしょうか。
というのも、時期が悪い。4月に統一地方選挙を控え、離婚というマイナスイメージがつけば組織票への
影響が少なからず考えられるからです」

「浮気も1回もないし、暴力も振るったことがない。酒で暴れることもない。性格(の不一致)なのかなって
思うしかない」と語っていた高橋。三船の決意は固いだけに、いよいよ「ロード」も最終章に突入のようだ。

Yahoo!ニュース(日刊ゲンダイ 1月19日(月)14時58分配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150119-00000008-nkgendai-ent
結婚以来“夫婦セット売り”が続いたが…

More →

「百田尚樹さんに脅された」「精神的打撃受けた」 たかじんさん長女が人権救済求める 出版差し止め提訴めぐり

1 :太鼓 ★@\(^o^)/:2015/01/20(火) 10:06:06.85 ID:???0.net

http://www.sankei.com/west/news/150119/wst1501190061-n1.html
2015.1.19 18:30更新

 昨年亡くなったタレントやしきたかじんさんの長女が19日、作家、百田尚樹さんから
短文投稿サイトのツイッターで脅されたとして、東京弁護士会に人権救済を申し立てた。

 長女は昨年11月、やしきさんの闘病生活を描いた百田さんの著書が事実に反するとして
出版差し止めを求め提訴している。申立書では、百田さんが投稿した訴訟に関する複数の
コメントについて「提訴への報復を宣言するもので、強い精神的打撃を受けた」などと訴えている。

★1:2015/01/19(月) 19:30:51.47
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1421663451/

More →

三船美佳ブログに応援の声続々 「自由が手に入りますように」「これ以上我慢しなくていい」

1 :きのこ記者φ ★@\(^o^)/:2015/01/20(火) 14:51:04.46 ID:???0.net

ロックバンド・THE虎舞竜の高橋ジョージ(56)と離婚係争中の女優・三船美佳(32)のブログに
「みかちゃん 裁判頑張ってね」「どうか、本当の自由が手に入りますように…」など応援の声が続々と寄せられている。

昨年11月6日に「超人・丸山桂里奈」と題したエントリーを最後に三船はブログの更新をストップ。
離婚が報じられた日を境にコメント欄には「これからも応援します!」「みかさんらしい、これ以上我慢しなくていい人生を」
「娘さんとの人生、楽しんでいってね」などの声や“モラハラ”に対する意見などのコメントが320件ほど寄せられている。

三船は、一昨年12月末から別居生活を送っており、現在、大阪で母と娘(10)の3人で暮らし。
今月16日には所属事務所を通じて、親権を争い、離婚訴訟を起こしたことを発表している。

http://www.oricon.co.jp/news/2047459/full/

More →

有吉弘行が一刀両断「ダレノガレ明美と付合うのは芸能界で一番ダサい」

1 :すらいむ ★@\(^o^)/:2015/01/19(月) 23:24:44.14 ID:???0.net

有吉弘行が「ダレノガレとつきあうタレントは芸能界で一番ダサい」と一刀両断

 17日放送の「ウーマン・オン・ザ・プラネット」で、有吉弘行が質問があったダレノガレ
明美との仲について一刀両断した。

 番組でゲスト出演したダレノガレは、有吉との共演も多いため、大島優子が「ダレノガレさんと
有吉さんは、私が知るかぎりでは(番組で)ハワイプライベート旅に一緒に行ってましたよね、
仲良し?」と質問した。

 その質問を受け有吉は「仲良くないね。あれは制作会社の人が呼んでるだけ。俺なんにも
指名してないからね」と語った。この発言を聞いたダレノガレは「いやいやいや、有吉さん
隠れお気に入りなんで、ハーフ界一番のお気に入りなんで私」とツッコミを入れた。

 すると有吉は真顔で「いやそんなことない。俺はダレノガレとつきあうタレントは、芸能界で
一番ダサいって言ってるから」と否定し、スタジオの爆笑を誘った。ダレノガレは慌てて
「ホントやめて、誰も(芸能界から)手を出してこない」とコメントしたが、それを聞いた
有吉は楽しそうに笑っていた。

トピックニュース 2015年1月19日 19時37分
http://news.livedoor.com/article/detail/9691611/

More →

韓流は需要ゼロ・・・TV業界の人に聞いた「韓流ブーム」と「嫌韓」

1 :れいおφ ★@\(^o^)/:2015/01/19(月) 18:06:23.51 ID:???0.net

日本から、近くて遠い国とも称される韓国。隣国でありながら、政治レベルから国民レベルまで
お互いの意見がすれ違い、友好ムードとは真逆の状態に陥っている。

また、かつては韓流ブームに便乗し来日していた韓流アイドルや韓流歌手たちは、
連日連夜のようにメディアで取り上げられていたが、最近ではめっきり姿を見なくなった。

一連のブームを作り上げた張本人であるテレビなどの各種メディアで働く人々は、
今の"嫌韓"の流れをどのように見ているのだろうか? 
業界人にこれまでの流れと現状、さらには今後について話を伺った。

「韓流なんて懐かしさを感じる言葉ですね。今現在、韓国のタレントを使うことはほとんどないですよ。
シンプルに需要がなくなっていますからね。嫌韓とも関係無いです」(テレビ番組の放送作家)

需要がないとのことだが、彼らの飛躍の一因には、フジテレビに代表される "ゴリ押し"が
あったとも言われている。
当時から需要がなかったとの声も一部にはあるが、ゴリ押しの実態はどうなっていたのか?

「正直、あの話は眉唾物です。あらゆる番組の会議に出ていましたが、
上から『使え』という指示はありませんでした。当時はドラマ内の小道具にまでクレームが入りましたけど、
『たまたま』としか言いようがないです。嫌韓派の人たちは局の上層部から圧力があったと思いたいのかも
しれませんが、韓国に限らず上の人間は番組内容にはほとんど何も言いませんからね。
デモが起こったときも戸惑っていた人が多かったんです」(同・テレビ番組の放送作家)

ゴリ押しがなかったとすれば、現場スタッフの判断でそれぞれがキャスティングしていたのだろうか。
この疑問には、とある制作会社のプロデューサーが答えてくれた。

「実際、需要があったのは間違いありません。30代や40代の女性たちが熱狂したのは確かですから、
それぞれの番組の判断で呼んでいました。日本では政治は政治、テレビはテレビという考え方なので、
視聴率が取れそうならば現場判断で出しますし、逆なら出さないというシンプルな構造です。
仮にゴリ押しをされても『需要がない』と現場が判断すれば無視しますからね」(テレビ番組制作会社プロデューサー)
巷でささやかれていたゴリ押しがなかったのは間違いないようだ。
それだけにブームが去ってしまったのは、やはり政治が関係しているのだろうか。

「終止符を打ったのは、間違いなく政治に端を発した国民感情です。
ただ、まだブームだった頃から韓国のタレントさん特有の面倒臭さは感じていました。
日本と韓国の間に政治的な問題が持ち上がると、韓国側のタレントさんは
政治とエンタメを切り離すことができないので、そこが厄介でしたね。
韓国側のタレントさんの政治的な発言によって、日本のテレビ局が徐々に敬遠するようになった頃、
韓流ブームも去り、今に至っているという感じでしょうか」(同・テレビ番組制作会社プロデューサー)

>>2以降に続く)

http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20150119/Tocana_201501_post_5569.html

More →

サザンオールスターズの桑田佳祐がネットの“反日”批判に反論 「私は日本を愛する者だ」

1 :れいおφ ★@\(^o^)/:2015/01/19(月) 17:38:08.37 ID:???0.net

サザン桑田、「反日」批判に反論

昨年大みそかの年越しライブでのパフォーマンスをめぐり、17日に出演したラジオ番組「桑田佳祐のやさしい夜遊び」(TOKYO FM)で
改めて謝罪したサザンオールスターズの桑田佳祐(58)。

ただ、NHK紅白歌合戦で歌った「ピースとハイライト」の歌詞がメディアで政権批判、反日と批判されたことには真っ向から否定した。

桑田は、紫綬褒章をポケットから取り出すなどしたパフォーマンスを謝罪したうえで、
天皇陛下のまねをしたことについても「浅はかだった。大変失礼にあたり、私自身、大変反省しております」と重ねた。

NHK紅白歌合戦でちょびひげを付けたことについては、「ヒトラーのつもりは全くありません」と否定。
「コントの定番ですが、ヒトラーと結びつける人がいることに驚いています」とも。

さらに「ピースとハイライト」の「都合のいい大義名分(かいしゃく)で」などの歌詞がクローズアップされ、
“政権批判”“反日”と批判されたことについては、「それこそ都合のいい解釈」と反論。

「ネットで私の意図とは違う解釈をされていることに驚いている。
二度と戦争が起きないように仲良くやっていこうよという思いを込めたつもりなんですが」と歌詞の意味を強調した。

そして「たかが歌なのでたいした力はないかもしれませんが、私は日本を愛する者ですし、
平和を願う者として、“希望の苗を植えていこうよ、地上に愛を植えていこうよ”というメッセージをお伝えしたい」と思いを語った。
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20150119/enn1501191136012-n1.htm

前スレ ★1=2015/01/19(月) 12:16:15.08
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1421637375/

More →

千秋が、妻の同窓会に軽自動車で迎えに来る夫を非難「夫が迎えに来るならベンツで」

1 :くじら1号 ★@\(^o^)/:2015/01/19(月) 17:53:34.37 ID:???O.net

16日放送の「ノンストップ!」(フジテレビ系)で千秋が、妻の同窓会に軽自動車で迎えに来る夫を非難した。

同番組の「NONSTOP! サミット」では、同窓会に参加した女性の間で起こるという“格付けバトル”を取り上げ、出演者らが討論した。
ハイヒールのリンゴは、同窓会では衣服や装飾品のほかにも夫の収入、家、子どもの学校などを互いに気にして、見えの張り合いをするのだと話した。
そして番組では、妻の同窓会における格付けバトルに夫が巻き込まれてしまう例として「同窓会に行った妻を、自宅の軽自動車で迎えに行った所、
酔った妻が『恥ずかしい車で来ないで!』と激怒した」という、40代男性からの経験談を紹介した。

司会の設楽統は「こんなこと言われたら悲しくなっちゃうよね」と漏らすと、リンゴは「(夫の)気配りが足りない」と指摘した。
これに千秋も「(来るなら)見えない所に来てほしい」「ベンツだったら目の前に乗り付けて欲しい」と女性側の意見を語った。
そして千秋は、同窓会の出口にはレッドカーペットが見えるといい「(肩で風を切って)こうやって歩いてきたときに、
ちっちゃい車が来たらやだ」と切り捨てた。

話を聞いていた宮川一朗太が「迎えに行かなければ良かったんですか?」と訊くと、千秋は「関わらないか、凄いデカい車で来てくれるか」と答えた。

http://news.livedoor.com/article/detail/9683117/

★1 01/19(月) 09:44
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1421639153/

More →

過剰束縛でママ友会で孤立!三船美佳離婚訴訟の深層

1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2015/01/19(月) 14:41:56.96 ID:???0.net

女優・三船美佳(32)が16日、ロックバンド「THE虎舞竜」の高橋ジョージ(56)との離婚を決意し、
離婚調停が不成立となり、家裁に提訴したことを明かした。
かつては、おしどり夫婦ともいわれた2人だが、2年前からは別居が続いていた。
原因は高橋の過剰なまでの束縛といわれているが、最近では高橋の情緒不安定ぶりを指摘する声も上がっている。

三船は16日、事務所を通じ、経緯をマスコミ各社に報告した。
「この度、私・三船美佳は、夫・高橋ジョージとの離婚を決意し、
一昨年(平成25年)の12月末より別居し、現在母と娘(10歳)の3人で暮らしております」

離婚調停を起こしていたが、不成立となり「離婚と親権を求める裁判を提起しました。
今後も子供の人生を第一に考えながら、仕事に邁進していく所存です」と一人娘の親権も争うことになる。

美佳と親しい女性タレントによれば「彼女は親権以外はほとんど要求もせず離婚を求めてきたんですが、
ジョージさんはかたくなに『別れない』の一点張りだったそうです」。
1998年、三船は16歳の誕生日に当時40歳の高橋と“年の差婚”。
その後は夫婦共演も多く、芸能界きっての「おしどり夫婦」だったが、
別居をしてからは「美佳さんの方から『控室を別にしてくれ』と頼まれることも多く、
事前の打ち合わせでも顔を合わすこともなかった。そのうちに共演のオファー自体が断られてしまった」とはテレビ局関係者。

そんな冷めた関係にしてしまった大きな原因は高橋の異常なまでの束縛だった。

ある芸能プロ関係者は「09年ごろまでは世田谷の自宅でジョージと美佳、
娘、そして美佳の母(女優・喜多川美佳=66)と4人で暮らしていた。
子育てに熱心な美佳は娘の通うインターナショナルスクールのママ友会にも参加したがったけど、
束縛の激しいジョージがそこへの参加さえ許さなかったそうです」。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150119-00000008-tospoweb-ent&pos=1
東スポWeb 1月19日(月)11時16分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150119-00000008-tospoweb-ent.view-000

More →

三船美佳、別れの理由は高橋ジョージの言葉の暴力…未明まで連夜、人格否定の言葉浴び続ける

1 :れいおφ ★@\(^o^)/:2015/01/19(月) 10:31:22.12 ID:???0.net

ロックバンド「THE虎舞竜」のボーカル、高橋ジョージ(56)に離婚を求め
提訴した女優の三船美佳(32)が、高橋の「モラルハラスメント」が原因で
別れを決意したことが18日、分かった。

“モラハラ”とは言葉や態度による精神的な暴力行為。
美佳が離婚を求める理由が不明確という指摘もあったが、
友人は「連日、人格を否定するような言葉を浴びせられていたそうです」と語った。

美佳が受けていた“モラハラ”は、主に言葉によるもの。
友人は「美佳さんが仕事を終えて帰宅すると、高橋さんから長時間、
人格を否定されるような言葉を浴び、それが耳元で大きな声の時もあったようです」と語った。

投げかけられたのは、「お前は人間としての価値もない」「生きていく資格もない」
「お前が生きているのは、オレのおかげ」などという言葉だという。

友人は「未明まで連夜続いたと聞いています。眠る時間もなく仕事に出掛け、
次第に身も心もボロボロになって、家を出る覚悟を決めたそうです」とした。

美佳は一昨年12月末に離婚を決意して、都内の自宅に高橋一人を残し、
一人娘(10)と母親で女優の喜多川美佳(66)を連れて、3人で大阪での暮らしをスタート。
17日に大阪市内で行った会見で「今が本当に幸せ」と満面の笑みで語ったが、
知人によると、高橋と離れた1年あまりで体調もすっかり回復したという。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/01/19/kiji/K20150119009653780.html

前スレ ★1=2015/01/19(月) 07:44:44.87
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1421621084/

More →

事務所移籍で大丈夫か?安室奈美恵と浜崎あゆみのビミョーな関係

1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2015/01/19(月) 09:04:22.44 ID:???0.net

“育ての親”に背を向けライジングプロを辞めた安室奈美恵(37)の新たな所属事務所は大手レコード会社、
エイベックス内のレーベル「ディメンション・ポイント」となった。
音楽業界では「独立騒動も一番無難な形に収まった」との声が圧倒的だが、
同業界が今、最も心配しているのが「歌姫2人が一緒になって大丈夫なのか?」ということ。
一方の雄、浜崎あゆみ(36)とのビミョーな関係を追った――。

ディメンション・ポイントにマネジメントを委ね、音楽制作・宣伝やライブも含めたすべての活動を一元化した安室。
昨年から音楽業界が固唾をのんで見守っていた独立騒動が、ようやく収まった。

ある業界関係者は「このままでは今年の安室の仕事はなかったですからね。
所属レコード会社のエイベックスとしても、活動がなければ収入にならない。頭を抱えていたはず。
安室としても、先の見えない騒動が続くより、先が見える分、良かったはず。
『すべてが丸く収まりうまくいった』とまでは言わないけれど、騒動は収まったわけだし無難な選択だったんじゃないか」と解説する。

安室はエイベックス系列のマネジメントで活動していくわけだが、「ほんの数年前ならこの移籍はありえなかった」と話すのは、
あるレコード会社関係者だ。なぜならば「あのあゆが、OKを出すとは思えないですからね」。

一昔前のエイベックスの大看板は、まぎれもなく「あゆ」こと浜崎だった。

「同じレコード会社というだけで、安室とあゆの2大歌姫を上手に調整していくのは、本当に大変だった。
特にエイベックスの一大イベント『a―nation』では2人が絶対に顔を合わせないようにリハーサルの時間をずらしたり、
出入りの動線まで考慮していたくらい気を使った」(イベント会社関係者)

それほど強い“ライバル”関係だったのだ。それが、同じグループ会社がマネジメントすることになったのだから、
関係者の不安が膨らむのも無理はない。

「こうなると、誰がエイベックスの中心アーティストなのか、はっきりできなくなる」(前出のレコード会社関係者)
ただ、エイベックスにとっては複雑な思いだろうが、今の浜崎に全盛期の勢いがないことが救いかもしれない。
昨年、出場し続けていたNHK紅白歌合戦を“卒業”したように、現在の浜崎にかつての威光はない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150119-00000001-tospoweb-ent
東スポWeb 1月19日(月)8時30分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150119-00000001-tospoweb-ent.view-000
不安がささやかれる安室と、売り上げが低迷している浜崎(顔写真)

More →