2016 年 9 月の記事一覧

川谷絵音の新恋人で飲酒疑惑のほのかりんが舞台降板

1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/09/30(金) 14:58:44.96 ID:CAP_USER9.net

日刊スポーツ 9月30日 14時52分配信

 ゲスの極み乙女。川谷絵音(27)の新恋人とされるタレントほのかりん(19)が、
出演を予定していた舞台「Luna Rossa」(10月13日〜18日、東京・
池袋シアターグリーン)を降板することがわかった。所属事務所が30日、
公式サイトで発表した。

 所属事務所は「舞台『Luna Rossa』公演に出演を予定しておりました
ほのかりんですが、諸事情により降板をさせて頂くこととなりました」と発表。
「公演を楽しみにして下さっていたお客様、多大なるご迷惑をおかけしてしまうことを
深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 同舞台を主催するアリー・エンターテインメントも同日、公式サイトでほのかの
降板を発表。代役は女優の齋藤明里が務めるとした。

 ほのかは一部週刊誌に未成年飲酒疑惑を報じられていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160930-00000094-nksports-ent

続きを読む ▼ »

ゲス川谷の新恋人ほのかりん、事務所が飲酒認めた!NHK降板か

1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/09/30(金) 09:36:09.31 ID:CAP_USER9.net

サンケイスポーツ 9月30日 7時0分配信

 ロックバンド、ゲスの極み乙女。のボーカル、川谷絵音(27)との交際が発覚した
タレント、ほのかりん(19)の所属事務所が29日、「週刊文春」で報じられたほのかの
未成年飲酒を認めた。

 同誌は2人は今夏から交際していると報道。ほのかが8月下旬に川谷とバーで飲酒した様子も
リポートしていた。

 所属事務所はサンケイスポーツの取材にバーでの飲酒は否定も、
「本人に聞いたところ、(違う日に)飲酒した事実はあった」と説明。レギュラーを務める
NHK Eテレ「Rの法則」の今後の出演については「NHKの判断に任せる」と話し、
「今後、本人の処分を決めたい」とペナルティーを科すことを示唆した。

 NHK広報部はサンケイスポーツの取材に「飲酒報道については事実関係を確認している。
確認をしてから適切に対処していく」と説明した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160930-00000026-sanspo-ent

続きを読む ▼ »

熊切 ヤク山田は「お友達の1人」と笑顔 東野らは「やめてくれ」と交際反対

1 :casillas ★@\(^o^)/:2016/09/29(木) 01:23:30.75 ID:CAP_USER9.net

 タレントの熊切あさ美(36)が28日、TBS系「余談大賞2016」に出演。8月に週刊誌でヤクルトの山田哲人選手との“お泊まりデート”が報じられたことについて、「お友達の1人です。以上です」と笑顔で釈明した。

 司会の東野幸治からは山田選手の名前こそ出なかったが、週刊誌に報じられた相手として「プロ野球選手」「トリプルスリー」と断定するヒントが出され、「熊切、何してんねん!やめてくれ、あいつはやめてくれ!」と将来のメジャー入りを期待されるスラッガーとの“交際”を反対された。

 熊切が「ここでやめてくれ、ってひどい」と訴えると、ゲストの陣内智則は「あれ(山田はやめてくれ)は皆思ってるで」と東野に同調していた。

 8月18日発売の「女性セブン」では、7月末に熊切が山田選手や友人と食事し、その後、山田選手の自宅マンションで合流した様子が報じられた。8月上旬にも、熊切が深夜2時に山田選手の自宅を訪れ、昼過ぎまで過ごしたという。

 山田選手は昨年、トリプルスリー(3割、30本、30盗塁)を達成した屈指のスラッガー。ヤクルト球団関係者は報道に対し「ただの友達です。それ以上の(説明する)ことはありません」とコメントしていた。

 熊切はこの日の番組で、東野から「最近載ってたプロ野球選手とは」と突っ込まれ、「あれはお友達の1人です!以上です!」とコメント。一方で、最近、芸能人の知り合いに、「自分の結婚おめでとうメッセージを集めている」ことを明かすなど、意味深長な話題も提供。
「結婚?決まってないんです。相手はいないんですけど、結婚が決まった時、今ほど(芸能人の知り合いがいないと思うので)…」と結婚祝福メッセージを集めている理由を説明していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160928-00000099-dal-ent

続きを読む ▼ »

でんぱ組・最上もが「インスタでメンバー批判」に非難殺到!

1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/09/29(木) 09:34:30.38 ID:CAP_USER9.net

アイドルグループ「でんぱ組.inc」の中心メンバー、最上もが(年齢非公表)。
個性的なキャラクターで人気を集めている最上だが、インスタグラムに同グループのメンバーである“ピンキー!”こと藤咲彩音(年齢非公表)を
批判するコメントを投稿したことでバッシングに晒されている。

問題になったのは、9月26日の投稿。そこで最上は、「ピンキーさんがメンバーに一切相談もなくベリーショートにしていたので、かなりグループでのバランスが崩れました。
ので、ぼくはしばらく切らないことにしました」と、藤咲が勝手に髪を切ったことに言及。さらにタグで「事後報告のベリショはやばい」
「どうしたもんか」「自分は自分とならないのがグループである」「仕事の都合ならいいけどそうじゃないからあかんやろ」と、藤咲をはっきりと批判した。

インスタグラムに寄せられたコメントの中には「たしかに勝手に髪切るのはプロ意識に欠けるかも」と最上を擁護する声もあったものの、
ネットではこの件に関して、「インスタでメンバーの陰口ってどうなの……」「こういうの普通表に出す? グループ内で解決しろよ!」
「相当性格悪いなあ……」と冷ややかな声が多数上がった。公の場所で同じグループのメンバーを批判したことで、激しいバッシングを受けてしまったようだ。

「元々でんぱ組には、不仲説がささやかれていたんです。
昨年、メンバーが集まって昼食をとったり鍋会をしたりしていたんですが、そこに最上だけがいないことがあり、
それをファンが指摘してメンバーが弁解するといったことがあったんですね。
しかし今回の騒動を受けて、もしかして最上が孤立してるだけじゃないか? という声も上がっています。
この事態にショックを受けている最上ファンも相当多いと思いますよ」(アイドル誌ライター)

なお、問題の投稿はすでに削除されている様子。
最上としてはあくまでグループのバランスを第一に考えた発言で、他意はなかったのかもしれない。
実際、「逆にぼくが金髪ロングになったらええバランスかもしれんな」ともコメントしている。
あまり大事にならないうちに、今回の騒動が収まることを祈るばかりだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1203122/
2016.09.29 07:00 日刊大衆

続きを読む ▼ »

ゲス川谷の新恋人ほのかりん 未成年飲酒でNHK番組降板か

1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/09/29(木) 15:05:08.25 ID:CAP_USER9.net

日刊ゲンダイDIGITAL 9月29日(木)15時1分配信

 年初にベッキーとの不倫騒動を起こした「ゲスの極み乙女。」のボーカル・
川谷絵音(27)に新恋人が発覚した。

 発売中の週刊文春が報じたもので、相手はタレント・ほのかりん(19)。
同誌によるとすでに川谷の自宅マンションで半同棲状態。そのマンションは
川谷が5月に離婚を発表した元妻と生活していたかつての“愛の巣”だというから
無神経というかずぶといというか……。

 川谷は現在、独身の身。相手が10代とはいえ交際そのものは周囲に
非難されるいわれはないだろう。しかし、先月発売の週刊女性では川谷と
ほのかが都内のダーツバーで飲酒して泥酔する現場がスクープされた。
このときは「お友達」といっていたが半同棲が発覚しては言い訳もできまい。

 だが、川谷が罪作りなのは未成年のほのかの飲酒が発覚したことで、
ほのかが11年からレギュラー出演しているNHK「Rの法則」を今後、
降板になってしまうことだ。

 今年の流行語大賞ノミネートが確実視されている「ゲス不倫」。ベッキーに続いて
新進タレントの将来まで傷つけるとはゲスという言葉が軽すぎるほどに罪深い。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160929-00000023-nkgendai-ent

続きを読む ▼ »

小林麻央「どうにかしてこの薬から逃げたい」 抗がん剤への葛藤明かす〈dot.〉

1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/09/29(木) 13:29:05.51 ID:CAP_USER9.net

歌舞伎俳優の市川海老蔵の妻で、乳がんで闘病中の小林麻央(34)が9月29日、自身のブログを更新、抗がん剤治療についての思いを明かした。

「ひとりではないこと」と題したこの日の投稿で麻央がつづったのは、初めて抗がん剤治療をしたときのことだった。
過去に乳がんを患っていた実母から、こんなことを言われたという。

<初めて抗がん剤を投与する前に、母から、「抗がん剤とお友達になるのよ」と言われました。
私なりに解釈して、薬に向かって話しかけることにしました。
『初めまして。どうか、私の癌を小さくして下さい。私はあなたに期待しています。』と、口に出して。
そうしたら、看護師さんも一緒にお願いしてくれました。「麻央さんの身体からどうか癌を消して下さい。」>(原文ママ)

こうすることによって、麻央は抗がん剤への思いが変わってきたといい、次のようにつづっている。

<怖く思えていた薬にも感謝がわいてきました。この薬にも治験があって、たくさんの人の涙や苦しみ、悔しさ、喜び、勇気、努力があったから、
私はこの薬を今、こうして投与できるのだと思うと、本当に一人で闘うのではないなと思えました。>

しかし一方で、投薬治療が続くなかで葛藤があったことも明かしている。

<けれど、5回目の投与をしたときには、次回はどうにかしてこの薬から逃げたいと思いました。逃げる方法はないかと真剣に考えました。ずっとポジティブは続きません。
そんなとき、私と同じ薬を投与して、ご飯が食べられなくなってしまった患者さんのことを知りました。
私は祈りました。どうか、ご飯が少しでも食べられますように。苦しいのは私一人ではないんだ。また、そう思えたら、がんばろう!と、力が湧きました。>

ブログの最後は「私は、たとえ会ったことのない人でも一人ではないと思えるときとても救われます。
コメントを読むと、いつも、そんな気持ちになります。本当にありがとうございます。」と、ブログにコメントを寄せる人々への感謝の思いをつづった。

この日の投稿にも、「麻央さんはひとりではないですよ」「麻央ちゃんの戦う姿勢にいつも勇気づけられています」と多くのコメントが寄せられた。

麻央のブログにはこれまで数百から、多い時には5千件ほどのコメントが寄せられている。そうした多くの声からも、麻央は力をもらっているようだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160929-00000154-sasahi-ent
dot. 9月29日(木)13時18分配信

続きを読む ▼ »

コンビニのバイトに落ちた…「AV女優」坂口杏里、母娘「美談」の内実 親孝行娘が巨額借金で転落の軌跡

1 :忍次郎 ★@\(^o^)/:2016/09/28(水) 22:08:17.18 ID:CAP_USER9.net

 10月1日に「ANRI」の名で成人向けビデオデビューが報じられている、タレントの坂口杏里。
報道によると、タイトルは『芸能人ANRI What a day!!』(MUTEKI)だという。元恋人として知られるお笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二も、
まさか自分のギャグ(なんて日だ!)が成人向けビデオのタイトルに使われるとは思っていなかっただろう。

 さて、往年の名女優として知られる故・坂口良子さん(享年57)の愛娘であり、その“天然”な性格から、一時期はテレビで活躍していた杏里。
その頃の彼女、さらに母親にも会ったことがあるというテレビ局関係者は、当時の杏里について、こう振り返る。
「2世タレントの仕事についてインタビューした時に会いました。本当なのかネタなのかはわかりませんが、
『コンビニのバイトに落ちた』と語っていましたね。ただ、ほかにバイトはしていたようで、貯めたお金で良子さんの誕生日にプレゼントするなど、
親孝行の一面ものぞかせていました」
 また、「一緒にスーパーに行っても、杏里さんは10円でも安い物を買おうとする一方、良子さんは高くてもいい食材を買い求めたがるので、
いつも言い合いになる」(テレビ局関係者)と話していたという。
 親孝行でつましい生活を送っていた彼女だが、いつの間にかホスト遊びにハマッて約2000万円ともいわれる借金を抱えていたとも報じられている。
そして、最後は成人向けビデオへ……。
>>2 以降に続きます )

biz-journal 2016.09.28
http://biz-journal.jp/2016/09/post_16772.html

続きを読む ▼ »

藤原紀香、かいま見せた“梨園の妻”ぶり 披露宴取材に一歩引いた姿で愛之助を立てる

1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/09/28(水) 22:06:46.56 ID:CAP_USER9.net

オリコン 9月28日(水)21時0分配信

 歌舞伎俳優の片岡愛之助(44)、女優の藤原紀香(45)が28日、都内ホテルで
披露宴を執り行った。夫婦そろった晴れ舞台を収めようと、会場には約100人の報道陣が
集結したが、取材には愛之助一人で応じ、紀香は“梨園の妻”として一歩引いた姿が印象的だった。

 大勢の報道陣に囲まれ、多くのフラッシュを浴びた愛之助は「ドキドキしていますね」と
照れ笑い。これまで具体的なプロポーズをしてこなかったと話していたが
「プロポーズの言葉は指輪の裏に刻みました。日本語で『吾が君を想う来世迄も
(あがきみをおもうらいせいまでも)』」と秘話も告白した。

 今年3月の結婚会見で紀香は、女優活動の継続を明言しつつ「仕事は続けますけれども
優先順位は彼の健康と仕事のサポート」と、裏方として夫を支えていく姿勢をみせていた。
「まだ(梨園の妻)1年生ですから」と思いやった愛之助は「先輩方からいろんなことを
教わってやっていく。入籍した日から妻の仕事は始まっていて、コツコツと自分なりに
勉強している」と、日々精進している紀香の思いを代弁した。

 「(結婚して)よかったなと思うことはいっぱいあります。食生活もありますし、いろんな意味で
支えてくれている。安心して仕事ができる」と幸せいっぱいに感謝を口にした愛之助。
「六代目片岡愛之助」の紋を入れた特注の大振袖姿を披露した妻に対して
「なんだか感無量です、よく似合っています」と顔をほころばせていた。

 写真撮影時には、壇上に上がる紀香に愛之助が手を差し伸べ、指輪を一緒にお披露目
するなど終始仲睦まじい様子。女優時代はリップサービスも多かった紀香だが、去り際などに
「おめでとうございます、今の心境は?」「指輪のプロポーズはどうでしたか?」などと
コメントを求められると、笑顔を浮かべつつ「ありがとうございます」を小さく繰り返すのみ。
多くを語らずに夫を立てる姿には、梨園の妻としての“覚悟”を感じさせた。

http://www.oricon.co.jp/news/2079128/

続きを読む ▼ »

ヒロミ、ウエンツ瑛士の挨拶を徹底無視!一触即発の事態に!?

1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/09/27(火) 20:42:12.53 ID:CAP_USER9.net

26日の「中居正広の神センス☆塩センス!!あの時どうすりゃよかったの!?」(フジテレビ)で
ウエンツ瑛士がとある大御所に挨拶を無視されたことを暴露したことをきっかけに、スタジオが紛糾する一幕があった。

ウエンツは、自身がMCを務める番組に出演する大御所に挨拶を無視され、
さらに相手が気付かなかったのかもと思ってもう1度相手の正面で挨拶をするもまた無視されたと怒りの暴露。
共演者たちはウエンツの怒りに共感しつつも、興味はその大御所が誰であるのかに集まった。
そして、ウエンツから明かされたその大御所とは、その場にいたヒロミ。
自身の所業を暴露されたヒロミは「お前の挨拶が悪いんだろ!また休む事になるじゃねーか!」と自虐を交えながらウエンツに詰め寄り、笑いを誘った。

ヒロミが無視の理由を「その前に麻雀を一緒にやった。その時ウエンツがうるさかったから遊びでシカトしてやったんだよ」と明かすと、
周囲は「(無視)ごっこだよ」「かわいがられてるんだよ」と一斉にヒロミを擁護。ウエンツは突然の周囲の寝返りに唖然とし、
一人納得のいかない顔をしていたが、ヒロミが「俺こういうVTRですげーママ(松本伊代)に怒られるんだよ」
「『なんでウエンツ君無視するの?まだやってんの!』とかマジキレモードで怒られるんだよ」とぼやくのを聞き、「それはすいません」と言いながら爆笑。
ヒロミの遊び心だったことがわかったウエンツが矛を収めた形で一件落着となった。

https://news.nifty.com/article/entame/movie/12223-145566/
2016年09月27日 14時28分 RBB TODAY

続きを読む ▼ »

<ケント・ギルバート> 公務員の「不正」は国家の恥 法制度を根本から見直すべき時期

1 :digitec ★@\(^o^)/:2016/09/27(火) 21:36:52.01 ID:CAP_USER9.net

 東京・築地市場(中央区)から、豊洲新市場(江東区)への移転問題が混迷を深めている。

 小池百合子都知事が、豊洲新市場の再調査を命じた目的は、総事業費が2011年度の3926億円から、16年度には5884億円に大幅に膨らんだ経緯の把握と、不安の声が払拭できない安全性の再確認だった。

 ところが、都が説明してきた「盛り土」による土壌汚染対策が、主要な建物の下で行われていない事実が判明した。誰かが意図的にウソをついていたのだ。

 石原慎太郎元都知事は「ダマされた」と責任転嫁的な発言をしていたが、自身の発言や、関係者の証言との食い違いも見られる。事態は簡単には収まりそうにない。

 富山県では、富山市議9人と県議3人による政務活動費の不正取得が相次いで発覚し、全員が辞職した。兵庫県の野々村竜太郎県議(当時)が2年前、同じ政務活動費の不正を追及されて記者会見で号泣し、辞職した。

 それにもかかわらず、制度的欠陥をあえて放置し、その悪用を続けてきた全国の「センセイ」たちは、「明日はわが身」と、眠れぬ夜を過ごしているだろう。

 特別職の公務員である国会・地方議員を含む「公務員」は、その名の通り「公の利益のために務めるべき国や自治体の職員」である。日本国憲法第15条2項にも「すべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない」とあるが、自己の利益を最優先に考える恥ずべき公務員が後を絶たない。

ちなみに、中華人民共和国(PRC)の公務員である共産党幹部や人民解放軍の将軍らは、私利私欲を優先させて当然という恥ずべき人々だ。

 PRC全体で受け渡しされる賄賂の合計額は、年間70兆円に上るという説もあるなどケタ違いである。日米とも「おこぼれ」に預かったと思われる人物の顔が浮かぶ。

 人類の歴史を振り返れば、不正や汚職は公務員に限らず、あらゆる組織で必ず起きる。国や自治体はそれを前提に法律や制度を構築すべきだが、日本人の大半は性善説を前提に生きているので、その点の詰めが甘い。

 制度の不備を補うには、個人のモラルや倫理観が重要だ。宗教的教義と無縁で、日常的に空気を読みながら生活し、孤立を恐れる日本人は、善悪の判断基準が相対的で周囲に流されやすい。

 日本人の国民性も考えたうえで、さまざまな法制度を根本から見直すべき時期が来たように思う。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160924/dms1609241000002-n1.htm

続きを読む ▼ »

最近の投稿
Google トレンド