2017 年 8 月の記事一覧

榮倉奈々 赤ちゃん第一で決意した「喫煙夫をベランダ追放!」

1 :あちゃこ ★@\(^o^)/:2017/08/31(木) 14:41:36.95 ID:CAP_USER9.net

昨年8月に賀来賢人(28)と結婚、今年6月に第1子を出産した榮倉奈々(29)。賀来はドラマ『愛したって、秘密はある』(日本テレビ系)だけでなく、
ミュージカル『ヤングフランケンシュタイン』にも出演中。だが多忙な中でも、妻を支えるべく奮闘しているという。

「彼は積極的に子育て参加していて、『お風呂は自分の担当だ!』と言っています。また、オムツ替えもすっかりお手のもの。赤ちゃんが泣いたときも、
“変顔”をしてあやしてあげていると聞きました」(テレビ局関係者)

イクメンぶりを見せている賀来。だがそんな彼に、榮倉から“ある指令”が出されていた。

「最近、賀来さんがベランダで煙草を吸っているんです。以前はそんな光景を見かけなかったのに、最近は複数のママさんが目撃していて。『お子さんがいるから
家で吸えないみたいね』と話題になっています」(前出・マンションの住民)

“赤ちゃん第一”を考えた末にベランダへと追放されたものの、賀来もまんざらでもない様子。彼自身、子どものため生活スタイルを変化させているという。

「賀来くんはもともと車好き。愛車の4WDもかなりこだわっていました。でも最近、チャイルドシートをセットしたそうです。また赤ちゃんがグズったとき用に
ハート形の風船を置くなど、愛車をすっかりファミリーカー仕様に変更したみたいです」(マンションの住人)

そんな夫のサポートもあって、榮倉の育児ストレスも軽減されているようだ。8月24日、榮倉はインスタグラムを更新。木村カエラ(32)や尾形沙耶香(32)と
豪華ランチ会を開いた様子をアップしている。

「3人は雑誌『セブンティーン』のモデル仲間なんです。カエラさんは先輩ママでもありますから、初めての育児の大変さをよくわかっています。榮倉さんは
気の置けない旧友たちと子育て話に花を咲かせるなど、束の間の“オフ”を楽しんだようです」(芸能関係者)

この日、榮倉は午後3時過ぎに自宅マンションへと戻ってきた。だがその30分後には、赤ちゃんを抱っこして再び外出。すっかり“ママモード”になっていた。

夫婦二人三脚で育児奮闘する姿は幸せいっぱいだった――。

女性自身
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170831-00010000-jisin-ent

続きを読む ▼ »

ヒロミ、24時間テレビで「築94年」駅舎リフォーム 地元大喜びなのに…鉄オタ「元に戻せ」

1 :木村カエレφ ★@\(^o^)/ :2017/08/30(水) 19:22:22.95 ID:CAP_USER9.net

8/30(水) 17:00配信

J-CASTニュース
24時間テレビで「築94年」駅舎リフォーム 地元大喜びなのに…鉄オタ「元に戻せ」

リフォーム後の本銚子駅(画像は銚子電鉄公式サイトより)

 1923年に建てられた銚子電鉄・本銚子駅(千葉県銚子市)の駅舎が、「24時間テレビ 愛は地球を救う」(日本テレビ系)の企画でリフォームされた。

【写真】リフォーム前の駅舎

 生まれ変わった駅舎に地元住民からは歓迎の声が相次ぐ一方で、リフォームに複雑な思いを抱く鉄道ファンも。本銚子駅のノスタルジックな雰囲気が駅舎の改装によって「台無し」になったとして、「残念」「元に戻して」と嘆く声が出ているのだ。

■待合室にはステンドグラスも

 2017年8月26日、27日放送の「24時間テレビ」では、「ヒロミの24時間リフォーム〜オンボロ駅を直そう!〜」と題した企画が放送された。これはタレントのヒロミさん(52)が、番組の放送中に駅舎の「生改装」に挑戦するという趣旨だ。

 本銚子駅舎は築94年。一日平均の乗員人員は86人(千葉県統計年鑑、2015年度の数字)で、主な利用客は駅のすぐ側にある市立清水小学校の生徒たちだ。

 番組では、今回のリフォームは清水小学校の生徒たちが依頼したものだと説明。「崩れそうで怖い」「電気もついていない」という生徒の声を紹介しつつ、番組ナレーションでは、

  「あらゆるところが朽ち果てた本銚子駅の駅舎。運営する銚子電鉄も、『お金がなくて手が付けられない』という」

と説明した。実際、リフォーム前の駅舎はトタン屋根の一部がはがれ落ちたり、壁に穴が開いたり……と、老朽化が進んでいた。

 いったい、ヒロミさんはこの駅舎をどう改装したのか。

 番組終盤に完成後の姿が披露された駅舎は、外壁にレンガ調のパネルが埋め込まれた「大正ロマン風」の仕上がり。サビだらけだったトタン屋根は、鮮やかなエメラルドグリーンに。待合室には、小学校の生徒たちが手作りしたガラスを埋め込んだ「ステンドグラス」も設置された。

 新たに生まれ変わった駅舎に、普段から駅を利用する生徒たちは感激。番組では、「すごいです!」などと興奮気味の生徒たちが、番組側にお礼の手紙を送る一幕も。思い思いに感謝の言葉を口にする生徒たちの姿に、ヒロミさんは涙をこぼしながら「よかった…」と呟いていた。

「せっかくの風情が台無し」?

 だが一方で、このリフォームに複雑な思いを抱く人々もいる。それは、以前の本銚子駅のノスタルジックな雰囲気に魅力を感じていた鉄道ファン達だ。

 苔むした木の柱に、青黒く錆びついたトタン屋根。周囲にあるのはうっそうと茂る木々だけ。そんなかつての駅舎の光景に趣を感じていた人々から、ツイッターやネット掲示板には、

  「キレイにはなったが情緒もノスタルジーも無くなった」
   「せっかくの風情が台無し」
   「もう戻らないんだろうか」

などと残念がる声が出ている。さらには、「ぶち壊しじゃねえか元に戻せ」などと強い語調で訴えるユーザーの姿もみられた。

 こうした鉄道ファンからの意見について、銚子電鉄はどう考えるのか。同社鉄道部の担当者は8月30日のJ-CASTニュースの取材に対し、

  「駅舎の改装後、地元の皆様には連日のように足を運んで頂いています。私どもに届いている意見は、『リフォームしてくれて本当によかった』と好意的なものばかりです」

と話す。

 一部で改装を残念がる声が出ていることについては、「安全面を考えると、以前の状態を続けることも難しかった」と説明。その上で、

  「もちろん当社としても、本銚子駅の雰囲気は大切にしています。実際、日本テレビ側には『古さを残してリフォームして欲しい』との要望を伝えていましたから」

とも明かした。

 担当者は取材の終わり、「個人個人で捉え方が違う問題ですので、難しい所ではありますが…」と前置きした上で、

  「鉄道ファンの皆様の思いは痛いほど分かりますが、ローカル線の大きな使命は『地域貢献』にあるとも考えています。今回のリフォームを受けて、普段から駅を利用されている地元の方々が喜んでいる。そこは、やっぱり大きいと感じますね」

と話していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170830-00000008-jct-soci&p=2

1:2017/08/30(水) 17:25:24.64 ID:CAP_USER9

http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1504081524/

続きを読む ▼ »

大竹まことがJアラートの有効性に疑問「どうしたらいいかわからない」

1 :神々廻 ★@\(^o^)/:2017/08/30(水) 22:48:10.97 ID:CAP_USER9.net

29日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、タレントの大竹まことが、全国瞬時警報システム(Jアラート)の有効性に懐疑的な見解を示した。

番組では、同日早朝に北朝鮮から発射された弾道ミサイルを取り上げていた。ミサイルは北海道上空を通過して太平洋に落下。発射4分後に
東日本の12道県に対してJアラートによる情報伝達、及び注意を促していたという。

コメントを求められた大竹は、まずJアラートの情報不足の観点に注目する。有事の情報というのは「いつ打ち上げ、どこに到着して、どのくらいの爆弾を
積んでいて、どのくらいの大きさの被害があるのか」が分かる内容でなければならないというのだ。

今回は大竹の言う情報が不明で、「4分後に来ますと言われても、どうしたらいいかわからない」と不満げに漏らす。さらに、国民ができる避難行動の限界を
指摘しながら「そう(ミサイル発射に)ならない外交をするのがこの国の役目だろ!」と、声を荒げて主張していた。

http://news.livedoor.com/article/detail/13542618/

続きを読む ▼ »

<小林麻央さんブログ>名門の米・スタンフォード大学に保存決定! 海老蔵「家族としてとても感謝」

1 :Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/31(木) 05:29:07.63 ID:CAP_USER9.net

6月22日に亡くなった小林麻央さん(享年34)のブログ『KOKORO.』が、米・スタンフォード大学の東アジア図書館のウェブアーカイブコレクションに選出され、保存されることが30日、らかになった。

 全米屈指の名門大学のキャンパス内にある同図書館は、広さは東京都杉並区と同程度の面積を誇り、現在の日本社会においてその時代を反映する意義ある代表的なブログやウェブサイトを、ウェブアーカイブに加える活動を行ってきた。これまでに脳科学者の茂木健一郎氏、哲学者の内田樹氏、政治評論家の田原総一朗氏などのブログ保存されており、アーカイブとなった情報は、同大学において今後の重要な研究の情報源となっている。

 麻央さんは2016年9月1日(木)に「ブログという手段で 陰に隠れているそんな自分とお別れしようと決めました。」という強い意志のもと、『KOKORO.』を開設。約10ヶ月でつづられた352記事は、一つひとつにメッセージが込められ多くの共感を呼び、日本だけではなく世界中を勇気づけた。現在も過去記事を英訳した記事が日々更新されている。

 今回は図書館からの要請を受け、本人や家族が協議のもとブログデータを提供することが決定した。麻央さんの夫の歌舞伎俳優・市川海老蔵は「この度は大変ありがたいお話を頂き、家族としてとても感謝しております。麻央がつづったブログが、一人でも多くの方を勇気づけ、人生を明るく照らすことができるものであればと願っています」とコメント。

 同時に、片付けコンサルタントの近藤麻理恵氏のブログ『こんまりのときめき片づけDays』も保存されることが決定。近藤氏は片づけコンサルタントとして『人生がときめく片づけの魔法』を執筆し、全世界で700万部を超えるベストセラーを記録。2015年には米『TIME』誌の「世界で最も影響力のある100人」にも選出されるなど、世界を舞台に活躍している。

 近藤氏も「このような素晴らしい機会に選んでいただき、大変光栄に思っています。これからも一人でも多くの方が片づけを終え、『ときめく人生』を送っていただけるように頑張っていきたいと思っています」と心境を語った。

◆スタンフォード大学による選出理由
『KOKORO.』
小林麻央さんは、がんとの闘病生活をブログにつづることで、社会に対して全く新しいコミュニケーションを展開し、闘病中の彼女自身を定義する新しい方法を築きました。彼女のブログをアーカイブすることは、彼女の勇敢さが時を経て前進し、そのパワーは未来の読者にも共鳴を与え、心を動かすことでしょう。当大学でもぜひ後世の研究者、一般社会のために貴重な記録として保存したい。

『こんまりのときめき片づけDays』
アメリカでも英語版の本が出版されおり、片づけることで人生をリセットし新しい生き方をスタートすると言うコンセプトが反響を呼んでおり、ウェブアーカイブに記録を残す事は、後世の研究者や一般社会のための貴重な資料となる。

ORICON NEWS2017年8月31日04時00分
https://news.infoseek.co.jp/article/oricon_2096494

続きを読む ▼ »

麻央さんの「心」永遠に…ブログを米スタンフォード大が永久保存 海老蔵「感謝」

1 :湛然 ★@\(^o^)/:2017/08/31(木) 04:43:11.19 ID:CAP_USER9.net

2017.8.31

麻央さんの「心」永遠に…ブログを米スタンフォード大が永久保存 海老蔵「感謝」

 6月22日に乳がんのため死去したフリーアナウンサー・小林麻央さん(享年34)のブログ「KOKORO.」が、米・スタンフォード大学に研究資料として“永久保存”されることが30日、分かった。
同大の図書館の「ウェブアーカイブコレクション」に加えられる。麻央さんの夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)は、愛妻の“遺品”が活用されることに「1人でも多くの方を勇気づけ、人生を明るく照らすことができるものであれば」と期待を込めた。

 麻央さんが命を賭してつづった“魂の言葉”が、海を越え、後世に伝えられることになった。

 ブログ「KOKORO.」に着目したスタンフォード大学は、ハーバート・フーヴァー元米大統領らを輩出したアメリカの名門校。麻央さんのブログは、「片付けコンサルタント」近藤麻理恵氏のブログと共に、カリフォルニア州にある同大の東アジア図書館にアーカイブ保存される。
関係者によると、アーカイブ保存されることで、今後、仮に麻央さんのブログが閉鎖されても、同大で閲覧可能だという。

 同大では研究の情報源とするためにブログを保存。麻央さんのブログを選んだ理由を、同大は「彼女の勇敢さが時を経て前進し、そのパワーは未来の読者にも共鳴を与え、心を動かすことでしょう。
後世の研究者、一般社会のために貴重な記録」と説明した。

 「KOKORO.」は、闘病中だった麻央さんが「陰に隠れているそんな自分とお別れしようと決めました」と、昨年9月に開設。病と必死に向き合う姿や家族との絆をつづった文章は、大きな反響を呼んだ。
亡くなる2日前まで更新を続け、約10カ月間で352記事をつづり、没後には海老蔵の意向で英訳されている。

 世界的学府からの申し出を、海老蔵は「大変有り難いお話を頂き、家族としてとても感謝しております」と快諾。麻央さんの“心”が継承されることを歓迎していた。

 小林麻央さんのブログ「KOKORO.」


https://www.daily.co.jp/gossip/2017/08/31/0010510173.shtml

続きを読む ▼ »

ベッキー、芸能界の“不倫騒動ブーム”に責任感?「私はこの流れの初期だから…」

1 :かばほ〜るφ ★@\(^o^)/ :2017/08/30(水) 14:26:12.04 ID:CAP_USER9.net

ベッキー、芸能界の“不倫ブーム”に責任感?「私はこの流れの初期だから…」

タレントのベッキー(33)が30日、都内で行われた、
舞台「三途会 私の人生は罪ですか?」の発表会見に、主演のタレント・今田耕司(51)とともに出席。
昨今の芸能界の“不倫騒動ブーム”についてコメントした。

ベッキーは昨年1月に、ロックバンド・ゲスの極み乙女のボーカル、川谷絵音(28)との不倫騒動が報じられ、
今年1月までレギュラー番組の出演を取りやめるなど“謹慎期間”が続いた。
それだけに「この舞台のお話をいただいたのは、まだまだお仕事が少ないときで、本当にうれしかった。
1年後にこのお芝居があるんだ、という希望の存在でした」と話した。

その上で、副題に合わせ、不倫が「罪」とされている昨今の風潮について問われると、
「私は…、本当に言える立場じゃないと言うだけで…」と回答。
今田から「ベッキーにしか言えないこととかもあるでしょ?」と水を向けられても
「『すみませんでした』という一言です」と殊勝な姿勢を崩さなかった。

さらに今田から「君はもういいんだよ。終わったから。代表者みたいに謝らなくていいの!」と突っ込まれると、
「代表者じゃないんですけど」とようやく笑みを浮かべつつ、「この流れの“初期”だから…」と、
不倫騒動の先駆けとなってしまったという自覚を示した。
今田は「流れはずっとあったの!私が作ったこのブーム、みたいなんじゃないから」と大笑いしながら諭していた。

ベッキーにとっては今作が本格復帰後初の女優仕事で、舞台出演は14年ぶりとなる。
主演の今田に対しては「(共演を)OKして下さったことが本当にうれしいです」とし、
「全身全霊ぶつかっていきたいと思います」と強い意気込みを示した。
また、稽古を前に「私は笑顔の印象が強いみたいで、私にとっての真顔が皆さんにとって
怒ってる顔に見えるみたい」と話すと、今田に「大丈夫です。笑顔以外も去年、テレビで見てますから」
と突っ込まれ、苦笑いを浮かべた。

デイリースポーツ on line
https://www.daily.co.jp/gossip/2017/08/30/0010508012.shtml
芸能界の「不倫騒動ブーム」について語ったベッキー=都内

続きを読む ▼ »

野際陽子も「似てきたわね」…浅野ゆう子に託された“姑役”

1 :江戸領内小仏蘭西藩 ★@\(^o^)/:2017/08/30(水) 12:02:04.26 ID:CAP_USER9.net

野際陽子も「似てきたわね」…浅野ゆう子に託された“姑役”
2017/08/30 07:14
http://asajo.jp/excerpt/35937

 8月25日放送の「中居正広の金スマスペシャル」(TBS系)では故・野際陽子の最後の3年間にスポットを当てて特集。
スタジオには娘で女優の真瀬樹里と、88年放送のトレンディドラマの祖である「抱きしめたい!」(フジテレビ系)で親子共演して以来“母娘のような姉妹のような親友のような”近しさのあった浅野ゆう子が登場。
放送中のドラマ「やすらぎの郷」(テレビ朝日系)の撮影現場にマフラーで酸素ボンベを隠して向かった野際の「1度受けた仕事は最後までやり通す」というプロ意識の高さなどを真瀬が語り、
浅野は野際から「似てきたわね」などと言われていたことを涙ながらに語った。

「野際が今年6月13日に亡くなったことが報道されたのは2日後の15日。この日は訃報が流れる前に浅野の舞台挨拶があったため、芸能記者らは浅野のもとに集結しました。
しかし野際の体調について質問しても浅野は無言だったことから『野際と浅野との不仲説』が急浮上。実はすでに訃報を聞いていた浅野は、いろいろな意味で話すことができなかったんです」(女性誌記者)

 14年11月には結婚を考えていた故・田宮二郎の次男で俳優の田宮五郎をくも膜下出血の再発で亡くしている浅野。どうかその喪失感や欠落感は、野際を超える新しい姑像を作り出して演じることで昇華させてほしい。

続きを読む ▼ »

岡田圭右の妻、ブログで別居を認め「向き合い話し合い解決したい」

1 :ひろし ★@\(^o^)/:2017/08/29(火) 22:03:22.38 ID:CAP_USER9.net

 離婚問題が浮上している「ますだおかだ」の岡田圭右(48)の妻で元芸能人の祐佳さんが29日、公式ブログを更新し、別居を認めた上で「お互い向き合い話し合い問題解決したい」と、収束に意欲を見せている。

 祐佳さんは「ご報告。」と題した投稿で「新聞、雑誌、ワイドショーなどで ご存知の方が多いかと思いますが この度は、私たちの夫婦の事で 応援いただいているいる方々や 日頃お世話になっている方々に 多大なるご心配 ご迷惑をおかけしたことを 深くお詫び申し上げます」とまず謝罪。

 「報道の通り 去年の秋頃から 主人は家を出ていき 現在別居状態でございます」と、岡田とは昨秋頃から別居していることを認めた。

 その上で「夫婦間の問題なので きちんとお互い向き合い 話し合い 問題解決したいと思っております」と収束に意欲。

 「隆之介、結実の関係者の方々 ファンの皆様にも ご心配おかけしてしまい 申し訳御座いません。岡田祐佳」と結んでいる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170829-00000120-dal-ent

続きを読む ▼ »

ももクロ佐々木彩夏 50′sスタイルで魅せるあーりん初のソロシングル

1 :きゅう ★@\(^o^)/:2017/08/24(木) 06:27:56.87 ID:CAP_USER9.net


佐々木彩夏(ももいろクローバーZ)が自身初のソロシングル「My Cherry Pie(小粋なチェリーパイ)/ My Hamburger Boy(浮気なハンバーガーボーイ)」をリリースした。
シングルに収録される「My Cherry Pie(小粋なチェリーパイ)」「My Hamburger Boy(浮気なハンバーガーボーイ)」は、どちらも前山田健一が作詞作曲をしたナンバー。
佐々木発案による“50′s”をコンセプトにした作品で、往年のミュージカル映画を彷彿とさせるレトロでポップな雰囲気に仕上がっている。

音楽ナタリーでは、佐々木に単独インタビューを実施した。彼女自身の思いが詰まったシングルや、8
月25、26日に東京・両国国技館で行われるソロコンサート「AYAKA NATION 2017 in 両国国技館」について話を聞いた。

取材・文 / 田中和宏 撮影 / 草場雄介

佐々木彩夏「My Cherry Pie(小粋なチェリーパイ)/ My Hamburger Boy(浮気なハンバーガーボーイ)」
2017年8月23日発売 / EVIL LINE RECORDS
佐々木彩夏「My Cherry Pie(小粋なチェリーパイ)/ My Hamburger Boy(浮気なハンバーガーボーイ)」初回限定盤
初回限定盤 [CD+Blu-ray]
2000円 / KICM-91779
Amazon.co.jp
佐々木彩夏「My Cherry Pie(小粋なチェリーパイ)/ My Hamburger Boy(浮気なハンバーガーボーイ)」通常盤
通常盤 [CD]
1500円 / KICM-1780
Amazon.co.jp
CD収録曲
My Cherry Pie(小粋なチェリーパイ)
My Hamburger Boy(浮気なハンバーガーボーイ)
キューティーハニー
My Cherry Pie(小粋なチェリーパイ)(off vocal ver.)
My Hamburger Boy(浮気なハンバーガーボーイ)(off vocal ver.)
キューティーハニー(off vocal.ver.)
AARIN ULTRA REMIX 2017 ※通常盤のみ
初回限定盤Blu-ray収録内容
My Cherry Pie(小粋なチェリーパイ)MUSIC VIDEO
My Cherry Pie(小粋なチェリーパイ)メイキング ドキュメンタリー
※初回生産分のみプレイパスコード封入

http://natalie.mu/music/pp/sasakiayaka
http://natalie.mu/music/pp/sasakiayaka/page/2

続きを読む ▼ »

明菜の「少女A」、実は沢田研二の曲だった 作詞家売野雅勇氏明かす

1 :江戸領内小仏蘭西藩 ★@\(^o^)/:2017/08/29(火) 12:23:11.26 ID:CAP_USER9.net

明菜の「少女A」、実は沢田研二の曲だった 作詞家売野雅勇氏明かす
2017.8.29(Tue)
https://www.daily.co.jp/gossip/2017/08/29/0010504728.shtml


売野雅勇氏

 作詞家の売野雅勇氏が27日放送のBS朝日「ザ・インタビュー〜トップランナーの肖像〜」に出演し、売野氏が作詞した歌手・中森明菜のヒット曲「少女A」が、実は沢田研二のために原曲を書き下ろしていたことを明かした。

 「少女A」は売野雅勇作詞、芹澤廣明作曲で1982年7月に明菜の2枚目のシングルとしてリリースされ、大ヒット。明菜はこの年の新人賞を総なめとした。
 売野氏は書き下ろした経緯について、「アルバムの曲を集めているから」とスタッフから言われ、明菜には直接会うことはなく、明菜のチラシを1枚もらって書き上げたという。

 当時について「アイドルの人に書くのは初めてだったが、売れるとも思っていなかったし、そんなに書きたい訳じゃなかった。
書くんだったら変わったものを書きたいなというコピーライター的な本能があって、まず少女Aというタイトルが出来てから書いた」と振り返った。
 コピーライターから作詞家に転身した売野氏は「新聞を見ていて、少女Aってこういうのがタイトルだと面白いだろうなと思った。それが事の始まりというか、勝因。
最初は違う曲が付いていたが、詞だけが生き残って、いまみなさんが知っている少女Aのメロディーが付いた」と説明した。

 詞の内容については、映画「ベニスに死す」を原点として以前、沢田研二のために書き下ろしていたことを明かし、「ああいうのを書いたら格好いいだろうなと書いたが、ボツになって」と苦笑い。
そこで「じゃあ、あのコンセプトを使おうと、(男女を)ひっくり返して少女Aになった」という。原曲は沢田がプールサイドから少女を上目使いに見ている詞だったという。
 一方、明菜は少女Aについてあまり気に入らず、売野氏は「明菜のAだと思って私生活を誤解する人がいると言って嫌いだったらしい。聖子ちゃんの世界とはあまりにかけ離れていて。
マネジャーが1回だけ歌ってっていって、レコーディングしたらしい。ずっと知らなくて去年知りました」と制作エピソードを披露していた。

続きを読む ▼ »

最近の投稿
Google トレンド