高嶋政宏 大杉漣さんや左とん平さんの訃報に触れ「俳優は健康が大事なんだと」

1 :あちゃこ ★:2018/02/27(火) 18:16:55.83 ID:CAP_USER9.net

 俳優の高島政宏(52)が27日、都内で行われた旅紀行番組「高嶋政宏の旅番長」(CS放送・旅チャンネル、4月14日午後3時)の記者会見に出席した。

 同番組はシリーズ化されており、今回は前作のゴール地、タイ・バンコクから旅をスタート。高嶋はラオスの観光地ルアンパバーンへ向け小型車の
トゥクトゥクで、約1000キロのアジア縦断の旅を行う。

 1月に行ったロケは「あまりにもトゥクトゥクの揺れが激しいので、振動障害になって、帰国後、2週間くらい下を向くとめまいがした」とかなり
キツいものだったという。

 また、芸能界で相次いだ名バイプレーヤーの訃報についても触れた。

 21日に急性心不全で死去した大杉漣さん(享年66)とは、2013年のBS時代劇「火怨・北の英雄 アテルイ伝」で共演した間柄だ。
「本当にびっくりした。20年くらい前、NHKの金曜時代劇でご一緒して、まさか亡くなるとは思わなかった。(死去したのが)ギリギリまで
松重さんたちと撮影した夜だった。やっぱり俳優というのは、健康が大事なんだと思いました」

 24日には左とん平さん(享年80)が、心不全で死去した。左さんとは、高嶋が桃太郎役として主演を務めた06年のテレビ朝日系時代劇
「新・桃太郎侍」で共演。「京都の東映太秦での撮影でお世話になった。打ち上げで京都のカラオケ屋さんへ行った時に、とん平さんの歌声を聞いた。
なぜか、せんだみつおさんも参加していて、その時の2人のショーが貴重だった」と明かした。

 また同作の最終話には、高嶋の妻で女優のシルビア・グラブ(43)も出演。「うちの奥さんもドラマに出ていて(左さんは)『シルビアはいいぞ!』
と言っていた。訃報を聞いて(奥さんと)話をしていたんです」と語った。

東スポWEB
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00000040-tospoweb-ent

More →