野口五郎、葬儀・告別式までの10日間、何度も足を運び西城秀樹さんの亡きがらに触れた

1 :ばーど ★:2018/05/28(月) 10:44:05.60 ID:CAP_USER9.net


16日に急性心不全のため死去した歌手の西城秀樹(さいじょう・ひでき、本名・木本龍雄=きもと・たつお)さん(享年63)の葬儀・告別式が26日、東京・青山葬儀所で営まれた。西城さんとともに「新御三家」と呼ばれ親しまれた歌手の野口五郎(62)、郷ひろみ(62)が弔辞を読み上げ涙。1万人以上のファンが集まり「ヒデキ!」コールで見送った。

 野口は、懸命に涙をこらえ、弔辞を読んだ。46年間に及ぶ西城さんとの思い出の数々。10分を超え、楽曲「LOVE SONGを永遠に」の制作秘話、両家に第1子が誕生した際の運命的なエピソードを明かした。

 この10日間、何度も西城さんの自宅に足を運び、亡きがらに触れた。会見場に現れた後も「泣いてばかりですもんね」。時折声を震わせ、ハンカチで涙を拭った。「弟のようで兄貴のようで家族のようで…。そんなライバルいます? 心が大きくて素晴らしいヤツ。うらやましいです。僕は彼のマネができないですから」と悔やんだ。

2018年5月27日6時0分 スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180526-OHT1T50272.html

More →

松居一代、元夫からの告訴にブチ切れ 「夫婦で寝ていたのですから」マットレス捨てる

1 :ひかり ★:2018/05/29(火) 19:38:05.66 ID:CAP_USER9.net

 松居一代さんが、元夫で俳優の船越英一郎さんから刑事告訴(名誉棄損)されたことに「怒り心頭」に発し、お気に入りのベッドのマットレスを捨てた。

 ブログで「夫婦で寝ていたのですから……当然でしょう」と、その心境を明かし、マットレスを業者が運ぶ様子の写真も公開している。

■新しいベッド写真も公開

 警察による2回目の事情聴取に応じた2018年5月28日の夜、松居さんは「怒り心頭です」とのタイトルでブログを更新し、「ベッドのマットレスを捨てています」と報告。
スペインの家具屋で、自身のお金で買った「お気に入り」なのだそうだが、「け、け、刑事告訴ですよ!! 」と怒りを露わにし、「夜にもかかわらず」
家具屋に頼んでマットレスを運び出してもらった。業者が運搬作業中の写真も載せている。ブログの最後で理由に触れ、

  「夫婦で寝ていたのですから……当然でしょう」

と締めくくった。

 翌朝のブログ更新でもこの話題に触れ、「トラックに乗らないマットレスは、外の駐車場に運び出しました(笑)」と明かした。離婚成立後に、椅子とソファは
張り替えを実施済みだったが、マットレスへの対応は後手に回っていたようだ。さらにその後の更新では、新しいベッドの写真を公開。シンガポール(ブログ文中では
「シンガホール」)で買ったもので、これまでゲストルームに置いていたものを、今回の措置で寝室に運び込んだ。

 1回目の事情聴取は24日だった。今回、聴取も2回目となり、松居さんはやや冷静さを取り戻したのか、マットレスの処分に思い至ったようだ。

JCASTニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180529-00000008-jct-ent

More →

なぜ声優より芸能人?洋画吹き替え版起用の裏事情 「声優の知名度は芸能人には及ばないから」

1 :muffin ★:2018/05/30(水) 22:57:20.66 ID:CAP_USER9.net

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1022935/
2018年05月30日 11時00分

 俳優の玉木宏(38)、木村佳乃(42)、満島真之介(28)らが28日、都内で行われた映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」(7月13日公開)の記者会見に出席した。

 前作「ジュラシック・ワールド」(2015年)に続き、玉木と木村は今作でも日本語吹き替え版の声優を務める。3年ぶりに主人公・オーウェンを演じる玉木は「3年前よりも体力は上がってきている。意識的に運動をするようになったので、それは自信を持って言えます」と力を込めた。

 一方、恐竜保護団体(DPG)を立ち上げるクレア役の木村は「私は衰える一方です…。前作は30代最後の年で、42歳になりました。はぁ〜。老化現象を感じます。経験は増えてまいりましたので、ごまかしていきたい」と苦笑い。

 新作の収録については「叫び声、うめき声、あえぎ声などで前回は喉を潰してしまったので、今回は喉を潰さないようにしたい」と意気込んだ。

 最近、洋画の大作では俳優、アイドル、お笑い芸人などを日本語吹き替え版に起用することが多い。しかし、ネット上で「イメージと違う」「ヘタすぎる」など酷評されることも目立つ。

「前作では玉木さんを称賛する声が多かった一方、木村さんは本人が『声を潰してしまった』と言う通り、酷評の嵐でした。ただ木村さんは普段からスタッフに対しても気さくで、一緒に仕事をしたい女優さんの一人。本人もそうした声を気にしていたし、気合十分だから、今回は“リベンジ”してくれると思います」(映画関係者)

 ファンからは「どうしてプロの声優を使わないのか?」と疑問の声もあるが、前出の関係者は「特に洋画はメディアに取り上げられなければ、動員につながらない。声優の知名度は芸能人には及ばないから」と語る。

 今後も声優に、芸能人の起用が続きそうだ。

★1が立った日時:2018/05/30(水) 12:40:06.11
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1527663701/

More →

松嶋菜々子と反町隆史、娘の運動会で目立たないようにするも目立つ

1 :ひかり ★:2018/05/30(水) 16:43:50.02 ID:CAP_USER9.net

http://www.jprime.jp/articles/-/12474
2018/5/30

 5月中旬の日曜日、爽やかな風が吹く青空の下、都心の一等地にある小さな校庭は、たくさんの生徒と保護者たちの歓声で満たされていた。

 この日、名門私立女子小学校で行われていた運動会。加藤雅也やダイアモンド☆ユカイ、ペナルティのヒデといった芸能人の姿も見られるなか、ひときわオーラを放っていたのが、松嶋菜々子と反町隆史夫妻だった。

「おふたりとも白いシャツにサングラスというペアルックでした。

 目立たないようにシンプルな格好を選んだんだと思いますが、あのスタイルですからね。応援中の父母たちもみんな気がついていましたよ」(参加した保護者)

 ’01年に結婚したふたり。ともに人気絶頂にもかかわらず、’04年に長女、’07年に次女が生まれると、子育てを最優先に考えてきた。

「2人とも同じ小学校に進学させ、英語やバレエといった習い事も熱心にさせてきました。松嶋さんはもちろん、反町さんも子育てに影響が出ないよう、夫婦で仕事のスケジュールを考えているんですよ。子どもたちにも夫婦でよく話し合って、接しているそうです」(芸能プロ関係者)

 この日は5年生になる次女の応援だったが、人目を気にしながらも仲むつまじい家族の様子は特に際立っていた。
「ほかの親御さんたちに気を遣ってなのか、あまり前に行かず後ろで見守っていました。娘さんは走り終えると、松嶋さんのほうに駆け寄っていってしばらく話していましたよ。

 ふたりは親子参加のフォークダンスでも一緒に踊っていて松嶋さんは本当に楽しそうにニコニコしていました」(前出・参加した保護者)

 午後に高学年の生徒による騎馬戦が始まると、そこにも次女の姿が。応援席では、松嶋と反町がハラハラしながら娘の活躍を見守っていた。

「松嶋さんはビデオカメラで動画を、反町さんはデジカメで写真を撮影していましたよ。

 松嶋さんは撮影しながらも、身を乗り出して娘さんのいる白組を応援していました。白組が勝ったんですが、そのときにはお互いに顔を見合わせて笑顔で喜んでいましたね。あんなにオーラがあるふたりでも普段はふつうの父親、母親なんですね」(別の参加した保護者)

 来春にスタートするNHK連続テレビ小説『なつぞら』では広瀬すずが演じるヒロインの母親を演じることが発表されたばかりの松嶋。リアルな母の演技が今から楽しみ!!

※前スレ
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1527649500/

More →

清水国明67才 25才年下女性と4度目の結婚、妻は妊娠中

1 :かばほ〜るφ ★:2018/05/30(水) 16:56:00.51 ID:CAP_USER9.net

清水国明67才 25才年下女性と4度目の結婚、妻は妊娠中
2018.05.30 16:00

タレントの清水国明(67才)が4度目の結婚をしていたことが明らかになった。
さらに、妻は妊娠中だという。

「3回も嫁さんに捨てられた男の前に来てくれたきみは、天からの授かり物だ。
最近は、そんなことばかり口癖のように言ってるんです。
この年になって、ぼくのことを100%慕ってくれる女性はもう生涯現れないと思う。
“趣味が結婚、特技が離婚”なんていわれてますけど(苦笑)、それももう打ち止めです」

記者の直撃に、はじめ驚きの様子を見せていた清水国明だったが、
すぐにいつもの柔和な笑顔に戻ってそう話した。

「週刊!見出し大賞」「やって!TRY」といった名物コーナーを持つ『噂の!東京マガジン』(TBS系)に、
清水は1989年の番組スタート時からレギュラー出演している。

芸能界入りは1973年。原田伸郎(66才)とフォークデュオ『あのねのね』を結成し、
『赤とんぼの唄』でメジャーデビューを果たした。

「ダジャレを組み込んだフォーク調の歌がウケ、1970年代から1980年代にかけて特に若い世代から
絶大な支持を集めました。時に放送コードギリギリの下ネタを歌詞に入れたりしてやりたい放題。
本人たちは『支離滅裂フォーク』と自称していたほどでした」(芸能関係者)

プライベートも破天荒で、1976年にタレントの清水クーコさん(1991年没、享年38)と結婚するも、1982年に離婚。
1984年に14才年下の一般女性と再婚し、3人の娘に恵まれるも、2003年に離婚。
さらに2007年にタレントの清水敬子(45才)と再々婚を果たし、同年息子が誕生した。

(中略)

清水に話を聞いた。

──結婚に妊娠、ダブルでおめでとうございます。

「あらら、もうあまりプライベートで世間を騒がせたくないんですよ。
前の奥さんとは2015年の秋に離婚しましたけど、それもごく限られた人にしか伝えていませんし。
うーん…しょうがないから、今回だけ特別にお話ししましょう。
でも相手も一般のかたなので、お答えするのは今日この場限りです。

3月3日に籍を入れました。A子はぼくより25才年下の42才で、お腹に赤ちゃんがいます。
出産予定は11月。もともとテレビの仕事を通じて2014年頃に知り合いました。よく食べる姿がかわいらしい女性でね。
その後、ぼくが瀬戸内海の無人島で始めたキャンプ場の立ち上げを手伝ってもらったりと、
公私にわたっていろいろとサポートしてくれています。英語がペラペラなので、海外の仕事についてきてもらったりね。
本当は今年の秋に入籍するつもりだったんですが、その前に妊娠がわかって、予定を早めました」

──妊娠を聞いたときはどんなお気持ち?

「“ちょっと兆候があるから”って言われて、一緒に産婦人科に行ったんです。
お医者さんが“これは計画的ですか? サプライズですか?”って聞くもんだから、
ふたり声を揃えて“サプライズです!”って」

※女性セブン 2018年6月14日号

(一部省略、全文はソースで)
NEWSポストセブン
http://www.news-postseven.com/archives/20180530_686749.html
【5月下旬、家具店でデートを楽しむ2人】

More →

芦田愛菜、仕事と学業の狭間「“両立”するものではない。目標は常に高く」

1 :かばほ〜るφ ★:2018/05/29(火) 18:55:57.12 ID:CAP_USER9.net

芦田愛菜、仕事と学業の狭間「“両立”するものではない。目標は常に高く」
2018-05-29

今夏、全国5大アリーナ(横浜アリーナ、大阪城ホール、日本ガイシホール、
さいたまスーパーアリーナ、マリンメッセ福岡)で『世界一受けたい授業 THE LIVE 恐竜に会える夏!』が開催。
この20万人動員規模の超大型舞台作品でナビゲート役に抜てきされたのは、舞台初主演となる女優・芦田愛菜。
小さい頃から学業と芸能活動を並行してきた芦田も中学生となり、美少女に成長。大人になりつつある彼女が、
初舞台への意気込みや、学業と女優業の両立、そして今後の夢を語ってくれた。

(中略)

■芸能活動と学業は“両立するもの”ではない 目標は「常に高く」

――女優として数々の作品に出演しながら、学校にも通うのは大変なように思えますが、
何か工夫をされていますか?

芦田愛菜 昔から自分のライフスタイルにはお仕事と学業、両方組み込まれている感覚だったので。
時期によってこっちを頑張る!みたいなことはないですね。だから学校でみんなと楽しむときは思いきり楽しんで、
こうやってショーをするときはお仕事に集中して…って切り替えるようにしています。

――小さい頃から女優としてのプロ意識を徹底されていたんですね。

芦田愛菜 どうなんですかね?(笑) でもこれからも目標は常に高く持っていたいです。
たとえば壁に直面したときに「できない」って諦めるんじゃなくて、できるように少しでも近づく
努力をし続けるっていうのは大切だと思うんです。そして自分もそういう人になりたいです。

――すごい…! 中学生と思えないほどしっかりされていますが、そういった考え方はどこで培われたのでしょうか?

芦田愛菜 恐らくですが…“本”です。すごく読書が好きで常に本は読んでいて、
先程お話した青春の話もどこかの本で知識を得てイメージしたものだと思いますし、
そういうのが積み重なって私の土台になっている気はします。本の中では疑似体験というか、
自分が主人公になりきっていろいろできるじゃないですか。だから本の世界を頭の中で思い浮かべながら
「もし私だったら…」といろんな妄想するのは好きですね(笑)。

――“疑似体験”…女優のお仕事の魅力にも通じますね。

芦田愛菜 そうですね。私は1人っ子なんですけど、作品の中では兄弟がいる役ができるとか、
“自分と違う人”になりきれるのは演じていて楽しいところなのかなと思います。
私もいつか坂を駆けのぼって夕日に向かって叫ぶような、青春ものをやれたらいいな(笑)。
友達とかともわちゃわちゃしたりして。男の子もいて、喧嘩や恋愛をしたり…そんな作品に参加できたら楽しそう!

――平成の子とは思えない“昭和感”がありますね(笑)。
そして現実で“青春真っ只中”にいる芦田さんの学校での様子が気になります!

芦田愛菜 みんなが固まって喋っていたりすると「何してるの〜?」って輪の中に入っていくようなタイプです。
もともと本を読むのが大好きで、読書好きというと暗いイメージを持たれてしまうことも多いんですが、
休み時間になると校庭でみんなとバレーボールをして遊んだりしています。

(一部省略、全文はソースで)

ORICON NEWS https://www.oricon.co.jp/special/51178/

More →

<木村拓哉&工藤静香の次女・Koki,(コウキ)>「ELLE JAPON」表紙抜てきでモデルデビュー!「両親が私の誇りです」

1 :Egg ★:2018/05/29(火) 19:46:06.59 ID:CAP_USER9.net

俳優の木村拓哉と歌手の工藤静香夫妻の次女でモデルのKoki,(コウキ)が、28日発売の雑誌「ELLE JAPON」(ハースト婦人画報社)7月号の表紙を飾り、モデルデビューを果たした。

◆木村拓哉&工藤静香の次女・Koki,「ELLE JAPON」でモデルデビュー

ハイブランドに身を包んで表紙に登場したKoki,。15歳のピュアな魅力と凛とした意志の強さ、両方をたたえた強い眼差しが印象的だ。

◆Koki,「両親は私の誇りです」

英語と日本語の両方を使う環境で育ち、フランス語を学びつつスペイン語も習い始めたという努力家のKoki,は、中島美嘉ら名だたるシンガーに楽曲提供する作曲家としての才能も持つ。現在はトップモデルを目指してウォーキングのレッスンにも懸命に取り組んでいるという。

「人は人、自分は自分。誰かと比べることなく自分を信じる強さと、長所と短所をしっかりと見つめて前に進むことの大切さ。それを教えてくれた両親が私の誇りです」と語るKoki,からは、誰もが目を奪われずにはいられない未知のポテンシャルだけではなく、いかなる邪念にも惑わされない強い意志を感じられる。

◆Koki,の素顔・魅力がたっぷり

ほかにも誌面では、まだあどけなさの残るKoki,の素顔や、“モデル”としてシャッターの前に立つ彼女の魅力がたっぷりと掲載されている。

2018年5月28日 15時5分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14780036/

写真

2018/05/28(月) 20:05:28.32
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1527505528/

More →

渡辺謙、離婚した南果歩への財産分与は10億円近くか

1 :江戸領内小仏蘭西藩 ★:2018/05/25(金) 07:38:19.56 ID:CAP_USER9.net

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180525-00000004-pseven-ent

5/25(金) 7:00配信

「結果的には、不倫が発覚した時から、離婚するという南さんの意思は一貫して変わらなかったそうです。あれから1年と2か月。渡辺さんにとっては“針のむしろ”だったでしょうね。
これほど時間がかかったのも、渡辺さんの大河ドラマの出番が終わるのを待ったということのほかに、財産分与をめぐって水面下で綱引きが行われていたからだそうです」(芸能関係者)

 ハリウッドでも評価の高い名優・渡辺謙(58才)と女優・南果歩(54才)という、注目される夫婦だけに、世間は夫の不倫に妻がどんな決断を下すのかを固唾をのんで見守っていた。そしてついに5月17日、ふたりはFAXやツイッターで離婚が成立していたことを明らかにした。

「今振り返れば、昨年7月の会見で渡辺さんが夫婦関係の修復について、“ぼくが言える立場ではない”“まだまだそこまでいかない”という消極的な発言を繰り返していたのも、覚悟をしていたからでしょう。
実際、騒動以来、渡辺さんは自宅に寄りつかず、長野・軽井沢の別荘や都内のホテル、娘の杏さん(32才)の自宅などを転々としていたといいます」(前出・芸能関係者)

 本誌・女性セブンは昨年5月下旬、都内一等地にある夫婦の豪邸から段ボールに詰められた荷物が次々に運び出されるところも目撃している。ずっと前から“謙さんの居場所”は、もうなかった。

「渡辺さんも、自分がしてしまったことを充分にわかっている。南さんに謝って許してもらおうという雰囲気でもなく、覚悟は決めていたそうです。結婚する際に結んでいた『婚前契約』のことも頭にあったと思います。
あれだけ厳しい条件で夫婦のルールを決めていたのに破ってしまったわけですから…。全面降伏の気持ちだったと思います」(夫婦と親しい知人)

「婚前契約」とは、結婚前に、結婚後の生活スタイルについて夫婦で取り決めておくこと。日本では聞き慣れないが、欧米では習慣的に取り交わされているもので、たとえば「休日は必ず一緒に出かける」「DVがあったら○万円」といった具合だ。さすが海外でも活躍する夫婦らしい。

※ 全文は記事で

More →

<乙武氏>勝間和代さんのカミングアウトに「さらりと自然体で周囲に伝えられる社会にしていきたい」勝間「わーーー」

1 :Egg ★:2018/05/28(月) 12:17:27.58 ID:CAP_USER9.net

作家の乙武洋匡氏(42)が28日、自身のツイッターを更新。経済評論家の勝間和代さん(49)が女性のパートナーと交際していることを公表したことを受け「さらりと自然体で周囲に伝えられる社会にしていきたい」と見解をつづった。

 乙武氏は、勝間さんの告白を伝えたニュースサイトの記事を貼り付けた上で「勝間和代さん、渾身のカミングアウト」とツイート。続けて「そして、早く“渾身の”なんて意気込むことなく、さらりと自然体で周囲に伝えられる社会にしていきたいですよね」とつづった。

 これに対し、勝間さんも自身のツイッターで「わーーー、乙武さん、ありがとうございます。ほんとうに、勇気を振り絞ったので、読み取っていただいてうれしいです」と感謝していた。

スポーツ報知 5/28(月) 12:03配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180528-00000133-sph-ent

写真

More →

マツコ、アメフト悪質タックル問題は「あまりに日大ダメダメ・キャンペーンがすごい」

1 :ひかり ★:2018/05/29(火) 06:45:09.26 ID:CAP_USER9.net

 タレント・マツコ・デラックス(45)が28日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月〜金曜・後5時)に出演。アメリカンフットボールの定期戦(6日・東京)での
日大選手による悪質タックルで関西学院大QB選手が負傷した問題について言及した。

 タックルをした学生への「指示」を否定した内田正人前監督、井上コーチや後手後手に回る同大の対応に大きな批判が集まっていることについて、マツコは
「こういう人たちがやっている大学を選んだ学生たちが悪いんだけど、あまりにも日大批判をし過ぎだと思う」と、まず持論を披露。

 「何にもわからずに日大に入っちゃった人がいるわけで…。日本中に恐ろしい数の日大って(名前が)付く所に通っている人がいる。この人たちのことは致し方ないわけで、
あまりに日大ダメダメ・キャンペーンがすごいのはかわいそうだと思う」と続け、「無知って愚かなことだと学生にも分かって欲しい。何にも考えずに会社や大学に入って
文句言う人も多いけど、何かに属して生きるってことにはリスクしかない」と話した。

 その上で「日大って、すごくメジャーな大学だから、これでどうこうなるってことはないだろうけど、来年の志望者は減るだろうし、経営だって、
きちんとやらないと…。学生たちだって、(大学に)俺たちの金で食ってんだろと思って、物言うくらいしてもいいと思うよ」と持論を展開していた。

スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180528-00000165-sph-ent

※前スレ
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1527498171/

More →