虎ファン千秋「心身共に大変な…」金本監督ねぎらう

1 :砂漠のマスカレード ★:2018/10/11(木) 19:55:43.63 ID:CAP_USER9.net

虎党で知られるタレント千秋(46)が、今季限りでの辞任を発表した阪神の金本知憲監督(50)に感謝の言葉をつづった。

千秋は、金本監督の辞任が発表された11日、ツイッターで「無念」とつぶやいた後、「金本監督、3年間お疲れさまでした」とねぎらった。

辞任という決断を「野球経験のないわたしには最下位の原因なんてさっぱりわからないけど、
責任感の強い金本監督が辞めると決めたなら仕方ないと思いました」と受け止め、
「阪神の監督は心身共に大変な大変なお仕事なのに、やってくれてありがとうございました」と感謝した。

http://news.livedoor.com/article/detail/15431048/
2018年10月11日 19時16分 日刊スポーツ

More →

剛力彩芽は月旅行前に破局? おぎやはぎ小木「そこまで続いてないと思うなー」

1 :砂漠のマスカレード ★:2018/10/10(水) 15:00:03.89 ID:CAP_USER9.net

10日、放送のフジテレビ系「バイキング」で、通販サイト「ZOZOTOWN」を運営する株式会社ZOZOの前沢友作社長(42)と女優・剛力彩芽(26)の交際について取り上げた。

前沢社長が9日の会見で2023年に予定する月周回旅行に剛力を条件付きで同伴することを宣言し、再び両者の関係がクローズアップされている。
 
MCの坂上忍(51)は「恋人が参加したらアーティストが気を使う。『あの2人デキてるんだ』ってなっちゃう。オレたちどーすりゃいいんだ」と発言。
 
そして「彩芽ちゃんは月に行けますか、行けませんか?」とお笑いコンビ「おぎやはぎ」小木博明(47)に問いかけた。
 
すると、小木は「オレはそこまで続いていないと思うなー」と直球で返答。スタジオは「あー、言っちゃった!」と爆笑に包まれた。

海外ロケではパワースポットをめぐり「スピリチュアル小木」として知られる小木。予言は当たるか!?

http://news.livedoor.com/article/detail/15424007/
2018年10月10日 14時12分 東スポWeb

More →

<勝谷誠彦氏>危険な状態から退院!「帰ってきたよ」

1 :Egg ★:2018/10/10(水) 16:35:28.87 ID:CAP_USER9.net

激しい腹痛を訴えて入院していたコラムニストの勝谷誠彦氏(57)が、退院したことを報告した。

勝谷氏は8月21日、右脇腹に激痛があり病院を受診し、入院。当初は集中治療室に入るほど危険な状態にあったが、10月1日には公式サイトで毎朝配信しているコラム「勝谷誠彦の××な日々。」を約1カ月ぶりに再開。その後も病室から更新を続けていた。

9日には「今日の昼前に退院する」とし、10日には「帰ってきたよ」と帰宅したことを報告した。

10/10(水) 16:15配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181010-00357806-nksports-ent

写真

More →

川崎麻世がカイヤに離婚求める裁判、ここ数年は別居

1 :ひかり ★:2018/10/10(水) 18:19:50.51 ID:CAP_USER9.net

俳優川崎麻世(55)が、妻でタレントのカイヤ(56)に対し、東京家庭裁判所に離婚を求める裁判を起こしていることが10日、分かった。

2人は90年に結婚。一時はカイヤの鬼嫁キャラや、川崎の恐妻キャラがバラエティー番組で話題になったが、ここ数年は別居していた。互いに
異性関係が報じられることもあったが、婚姻関係を続けてきた。

川崎の所属事務所では「今日、本人から『離婚を求めて裁判をしている』と連絡があった。全てを弁護士の先生に任せているから、
何も話せないとのことです」と説明している。

日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181010-00357961-nksports-ent

More →

第1回口頭弁論、爆問・太田側『週刊新潮』報道は「事実無根」

1 :砂漠のマスカレード ★:2018/10/10(水) 06:04:01.19 ID:CAP_USER9.net

お笑いコンビ、爆笑問題の太田光(53)が日大芸術学部に裏口入学したと虚偽の記事を週刊新潮に掲載され名誉を傷つけられたとして、
発行元の新潮社に約3300万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めた訴訟の第1回口頭弁論が9日、東京地裁で開かれた。

週刊新潮は8月16、23日夏季特大号で「爆笑問題『太田光』を日大に裏口入学させた父の溺愛」と題した記事を掲載。

この日は原告の弁護士のみが出廷し、同誌の中吊り広告や発行部数などをまとめた資料を提出した。
太田は訴状で「全くの事実無根で、タレント活動に支障をきたす」などと主張。
新潮社は棄却請求を求めた。次回期日は11月19日。

http://news.livedoor.com/article/detail/15421796/
2018年10月10日 5時14分 サンケイスポーツ

More →

石田ゆり子、更年期障害を告白「自律神経がついていけない」

1 :鉄チーズ烏 ★:2018/10/08(月) 07:38:41.88 ID:CAP_USER9.net

 軽やかなベージュのワンピースに身を包み、木陰でやさしく微笑みかける──。9月28日、自身のインスタグラムで『資生堂』のCMのオフショットを投稿した石田ゆり子(49才)。

《なんとなく懐かしい、お嬢さん風ワンピースを着せていただきました》というコメントが添えられており、「奇跡のアラフィフ」ぶりは健在だ。

「石田さんはいつもほぼスッピンで現れるんですが、お肌が本当にツヤツヤで透明感があって…お世辞抜きで30才ぐらいにしか見えません」(広告業界関係者)

 ところがそんな石田も、最近はアラフィフならではの悩みを抱えているという。9月23日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)で、石田は一緒に出演した有働由美子アナ(49才)と角田光代さん(51才)に、こう打ち明けた。

「この独特な疲れってあるじゃないですか、世代的に。自律神経が…ついていけない(笑い)」と話せば、さらに、「最近さ、急に“暑い!”って(笑い)」と告白。それを聞いた有働アナは、「あるね、あるね」と共感の声を上げ、角田さんも「暑いからなのか、ホットフラッシュなのかわからない」と明かし、3人はアラフィフ女性のリアルな更年期障害トークを繰り広げた。

「石田さんと有働さんはプライベートでも連絡を取り合う仲。つい本音トークが出たんでしょう。更年期について隠さず話す姿に共感した女性が多く、“勇気をもらった”“自然体でいい!”など大反響でした」(テレビ局関係者)

 更年期障害とは閉経の前後5年(45〜55才くらい)で女性ホルモンが減少することにより、心身に障害がでることをいう。症状の出方や起こり始める年齢には個人差があるが、独身、既婚、出産経験に関係なく、女性なら無縁ではいられない。

 麻布十番まなみウィメンズクリニック院長の今井愛さんが説明する。

「症状は大きく分けて、身体的なものと精神的なものがあります。いちばん訴えが多いのは、ほてり、のぼせ、発汗といった『ホットフラッシュ』で、その次がイライラする『興奮』や『うつ』です。3つめは『頭痛』や『肩こり』になります」

 石田が番組で明かした「急に“暑い!”って」という症状は、ホットフラッシュの可能性が高いという。さらに石田はこんな症状にも悩まされているという。

「最近は、急にやる気が湧かなくなり、自分の力ではどうしようもない状態になることもあるそうです。また、ふと毒づいたことを言ってしまうこともあって、それが時々インスタにも出てしまう。インスタが炎上したらそれが原因でますます悩んでしまい、無力さを感じて落ち込んでしまったり…。精神的にかなり波があるようで、そのことを友人の板谷由夏さん(43才)などに相談することも。緊張から汗をかくことも増え、最近はより吸収力の高いタオル素材のハンカチを持ち歩いているそうです」(芸能関係者)

 9月22日放送の『サワコの朝』(TBS系)に出演した時も、石田が顔をハンカチで拭う場面が何度かあった。

「『ホットフラッシュ』では、体はそんなに汗をかかないけれど、顔だけに汗をかく人が多い。そのため、“ハンカチを手離せない”と悩んでいる人は多いです」(前出・今井さん)

 石田に共感した有働アナも、昨年11月に放送された『あさイチ』(NHK)の中で、40才の時に更年期障害だと診断されたことを告白していた。

「2008年、ニューヨークからオバマ大統領(57才)勝利の現場報告をしている最中のことで、立っていると、クゥ〜と地面に引っ張られるようなめまいを感じたそうです。冬なのに、急に汗が出るようになり、とにかく小さなことで、自分をコントロールできないくらいイライラしたと明かしていました」(NHK関係者)

 有働アナはまだ40才だったこともあり、医師に「ストレスで更年期が早まったのではないか」と診断された時は、「信じたくなかった」が、処方された女性ホルモン剤をのむとホットフラッシュがなくなり、頭痛とイライラもなくなったという。

※女性セブン2018年10月18日号

2018.10.08 07:00
https://www.news-postseven.com/archives/20181008_775369.html?PAGE=1#container

More →

KinKi Kidsドーム公演中止発表 「過激派」光一担と「穏健派」剛担が邪推合戦か?

1 :砂漠のマスカレード ★:2018/10/08(月) 15:12:07.26 ID:CAP_USER9.net

キンキファンが揺れている。

毎年この時期にファンクラブ会員宛に応募通知が届く、KinKi Kidsの年末年始の東西ドームコンサート。
1月1日が堂本光一の誕生日ということもあり、誕生祝いも兼ねて、1997年のデビューから21年も続いていた、もはや“伝統”と言ってもいいほど定番のライヴが、今年は開催されないことが決定した。

ジャニーズWebのファンクラブ会員向けのページには以下のような文面がアップされている。

「昨年、皆様にご心配をおかけした堂本剛の症状は、少しずつ回復に向かっているものの、
ドームクラスの公演の音圧に耐えうるまでには、残念ながらまだ回復しておりません。
(中略)KinKi Kidsとしてのパフォーマンスに制限がかかり、万全な形をお見せすることが出来ないことを考えますと、一旦、今年のドームコンサートはお休みさせていただこう、という結論に至りました」

昨年、KinKi Kidsはデビュー20周年を迎えた。アニバーサリーな展開の続く中、6月に堂本剛が突発性難聴を患い、様々な場面で演出などの変更が余儀なくされた。
恒例のドーム公演は、「オーケストラやアコースティックな編成なら、耳に負担をかけずにコンサートができるかも」ということで、
全編フルオーケストラ形式に。ジャニーズライヴにつきもののうちわとペンライトを排除したこともあり、彼らの歌からは、“言葉”と“音”が結晶化してクリスタルの輝きをまとったような、張りつめた美しさが感じられた。
あの広い空間で、オーケストラや演者だけでなく、観客も含め、そこにいる誰もが音に集中した。神聖な体験だった。

KinKi Kidsは、ジャニー喜多川という天才プロデューサーが生んだ、紛れもない“最高傑作”である。
「硝子の少年」「愛されるより愛したい」「フラワー」など、誰もが知るヒットソングを抱え、がデビューから22年、39枚連続シングルオリコン1位という記録を更新。
東京ドーム公演も、昨年の12月17日の公演が通算56公演目、20年連続という記録を“更新中”だった。その音楽性は、アイドルの範疇を超えており、
彼らが打ち立てたいくつもの記録は、記録好きのジャニー社長を大層喜ばせてきたはずだ。
シングルの連続1位記録はこれからも続くだろうが、東京ドーム連続公演記録の更新は、今年末で途切れることになる。

今回、恒例のドームコンサートが中止になったことで、ファンは大いに嘆いている。
でもそれは、単に「楽しみにしていたコンサートをやらない」ことに対する落胆や動揺ではない。
「KinKi Kidsとしてのパフォーマンスに制限がかかり、万全な形をお見せすることが出来ない」という文面を、剛のファンは、
「光一が剛に完璧なものを求めすぎたのでは?」と、光一のファンは、「剛がまた“できない”とワガママを言ったのでは?」と、それぞれに“相方”のせいじゃないかと、邪推してしまっているのである。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181008-00010004-friday-ent
10/8(月) 9:10配信

More →

橋本環奈がソフトバンク戦で始球式 きれいなノーワインドアップ披露

1 :ひかり ★:2018/09/30(日) 19:25:06.34 ID:CAP_USER9.net

 福岡出身の女優・橋本環奈(19)が30日、ソフトバンク―ロッテ戦(ヤフオクドーム)で始球式を務めた。

 橋本は1年後に迫った「ラグビーW杯2019」福岡開催を盛り上げる行事の一環として登場。きれいなノーワインドアップ投法から投げ込んだが、
ボールはツーバウンドでキャッチャーミットに収まった。

 地元で開催されるラグビーW杯に向けて「福岡は本当にいいとこだらけ。東京で一人暮らしをしていてもよく帰ってくる。W杯で外国の方が道を聞かれても
(福岡の人は)優しく案内してくれるので、安心していただけると思う。食べるものも何でもおいしい」と受け入れ態勢の充実をアピールした。

 今後、橋本は「開催都市特別サポーター」として、福岡の魅力を発信しながら大会の周知と機運を高めていく。

東スポWEB
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180930-00000020-tospoweb-ent

More →

里見浩太朗(81)「横顔にほれ込んだ」加藤剛さんにお別れ

1 :ネイトのランプ ★:2018/09/30(日) 15:50:43.69 ID:CAP_USER9.net

2018年9月30日14時56分


https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201809300000534.html

6月に胆のうがんで死去した俳優加藤剛さん(享年80)のお別れ会が30日、東京・青山葬儀所で行われ、里見浩太朗(81)がお別れの言葉を述べた。

里見は壇上の遺影を見上げると「剛さん、私よりずっと頑丈な方だと思っていたのに、先に天国に旅立ってしまうとは思いもしませんでした」と声を掛けた。

訃報を聞いた当時を「現実と分かった時、とても辛く悲しい思いが込み上げてきました」と回想し「誰よりも芝居が好きで、いつも何かを表現することが好きでした。観客の前で演じることが好きだったあなたにとって、何より辛いことでしょう」と悼んだ。

初めての出会いはTBS系時代劇「大岡越前」で、「あの時東映の楽屋であなたの横顔を見ました。なんて美しい顔の俳優さんなんだと思いました。まるでギリシャの彫刻を見ているような横顔に、ほれ込んでしまいました」。最後に会ったのは一昨年の秋、東山紀之が主演した「大岡越前」での撮影だったといい「剛さんは『しばらく!』と振り向いて、『やあ浩ちゃん、元気そうだね』と優しい笑顔を投げかけてくれた。何十年ぶりに会ったのに。それが最後の別れになってしまった」。

最後に「あちらに行っても大丈夫。『大岡越前』で一緒に仕事をなさった(片岡)千恵蔵先生、竹脇無我、(松山)英太郎、僕たちが『水戸黄門』で一緒になった中谷一郎さん、遠野英治郎さん、みんないます。どうぞみんなで昔の思い出話をしてください。ゆっくりと休んでください。お疲れさまでした」と語りかけた。【遠藤尚子】

More →

樹木希林さん告別式、涙雨の中しめやかに… 夫・内田裕也、車いすで喪主務める

1 :muffin ★:2018/09/30(日) 11:05:27.14 ID:CAP_USER9.net

https://www.oricon.co.jp/news/2120535/full/
2018-09-30 10:09

 今月15日に亡くなった女優・樹木希林さん(享年75=本名・内田啓子さん)の告別式が30日に東京・港区の光林寺でしめやかに営まれた。夫でロックミュージシャンの内田裕也(78)が喪主を務め、長女でエッセイスト・女優の内田也哉子(42)、也哉子の夫で俳優・本木雅弘(52)らが参列した。

 “涙雨”が降りしきるなか、午前10時ごろから営まれ、女優の吉永小百合、岸本加世子、黒木華、松岡茉優、俳優の中居正広ら、多くの参列者が故人との別れを惜しんだ。喪主の内田も午前9時ごろ、関係者に囲まれ車いすで会場入り。関係者は「悲しんでいました」と様子を語った。

 葬儀の前には、本木が報道陣の取材に応じ「家族としては落ち着いて振り返る余裕がない状態ですが…」と心情を吐露。最期の日々については「春のうちに余命宣告を受け、私たち家族もそれに向き合っていきました。樹木さんは『自然に朽ちていきたい』と。とにかく“終幕”に向かって『普通でいてくれ』と言われました」と明かしていた。

 樹木さんの戒名は「希鏡啓心大姉」。希は樹木希林という芸名とまれなという意味を含む。鏡は生前、樹木さんが常々、話していた「人の心を映し出す鏡」という俳優としての心得を意味し、啓は本名の啓子から取られた。祭壇は胡蝶蘭、菊、かすみ草など1200本の花で飾られた。

More →