秋元康がNGT48・山口真帆暴行事件発覚後初の公の場も、説明はナシ

1 :砂漠のマスカレード ★:2019/01/10(木) 21:52:38.98 ID:uLbJs/c79.net

秋元康が、10日、Mercedes me Tokyoにて開催された『シーバスリーガル ゴールドシグネチャー・アワード 2019 presented by GOETHE』授賞式に登壇。
秋元氏からNGT48・山口真帆の暴行問題に関する話はされることがなかった。

本業のビジネスの成果を通して社会に活力を与えると同時に、社会貢献にも寄与されたビジネスリーダーに贈られる本アワード。
今回は、秋元氏と幻冬舎社長・見城徹氏を特別審査員に迎え、ネクシィーズグループ代表取締役社長兼グループ代表・近藤太香巳氏、
株式会社NewsPicks取締役CCO・佐々木紀彦氏、株式会社ビームス代表取締役社長・設楽洋氏(ビデオ出演)らが受賞した。

授賞式終了後、秋元氏×佐々木氏、見城氏×近藤氏の組み合わせでトークセッションがスタート。

秋元氏は、ソーシャル経済メディアの「NewsPicks」の読者であることを明かし、佐々木氏を称賛。一方、佐々木氏は「ネット空間だけでいろんなことをやる流れは完全に終わりつつあると思っています」と言い、
人と人との交流の場をどう増やすかが大事だと力説。「そういう意味では秋元さんがAKBで劇場を作られて、それから広げられたモデルは、我々の何年も先を見ている」と語った。

佐々木氏が「映像では、どういう番組を作ればいいのか」と質問を投げかけると、秋元氏は「一番は“誰も観ないだろうな”と思うメディアを作るべき」と話す。最大公約数を作れば作るほど人は離れていくとし、
今のテレビ番組は「視聴率を上げるために、視聴者が観たいものを作りすぎて行き止まりに来ちゃっている」と分析。

かつて秋元氏が参加していた『オールナイトフジ』(フジテレビ)を引き合いに出し、「(同番組の話をした時に)“お前も観てんの?”“髪の長いのかわいいよね”ってすごく盛り上がる。
秘密を共有できた時に人は伝播していく」と持論を述べ、佐々木氏を唸らせた。

先日、NGT48の山口真帆がファンに暴行を受けたとして、大々的にニュースに取り上げられてから初の公の場であったが、秋元氏の口から説明や謝罪などはなかった。

http://dailynewsonline.jp/article/1646913/
2019.01.10 19:40 リアルライブ

More →

実は「元アイドル」と聞いて驚く有名人ランキング

1 :砂漠のマスカレード ★:2019/01/11(金) 18:18:03.49 ID:KyCotlQu9.net

芸能界にはアイドルを卒業し、女優や歌手、アナウンサー等に転身する人も少なくありません。今活躍している有名人の中にも、実は元アイドルだったという人も多数!
そこで今回は、元アイドルと聞いて驚く有名人について探ってみました。

1位 綾瀬はるか 元HiP
2位 仲間由紀恵 元東京パフォーマンスドール研修生
3位 持田香織 Every Little Thing 元黒BUTAオールスターズ
4位 菅野美穂 元桜っ子クラブさくら組
4位 中谷美紀 元桜っ子クラブさくら組
6位 深田恭子 元HiP
7位 上戸彩 元Z-1
8位 優香 元HiP
8位 葵わかな 元乙女新党
10位 瀧本美織 元SweetS
11位 華原朋美(旧芸名:遠峯ありさ) 元黒BUTAオールスターズ
12位 満島ひかり 元Folder(のちのFolder5)
13位 新山千春 元HiP
14位 永作博美 元ribbon
15位 山田優 元y’z factory、 元B.B.WAVES
16位 木下優樹菜 元Pabo
17位 篠原涼子 元東京パフォーマンスドール
18位 三吉彩花 元さくら学院
18位 スザンヌ 元Pabo
20位 安室奈美恵(引退) 元SUPER MONKEY’S
21位 平祐奈 元おはガールちゅ!ちゅ!ちゅ!
22位 早見あかり 元ももいろクローバー
23位 桜庭ななみ 元bump.y
24位 紺野あさ美 フリーアナウンサー 元モーニング娘。
25位 工藤静香 元おニャン子クラブ
25位 橋本環奈 元Rev.from DVL
28位 松井愛莉 元さくら学院
28位 松井玲奈 元SKE48、元乃木坂46
30位 国生さゆり 元おニャン子クラブ

以下
https://ranking.goo.ne.jp/column/5616/ranking/51717/?page=4

http://news.livedoor.com/article/detail/15857120/
2019年1月11日 7時30分 gooランキング

https://www.youtube.com/watch?v=F5UfkMycwmc
ribbon 『Virgin Snow』

More →

DV報道の「純烈」友井雄亮が会見へ「後日改めまして皆様にお話する場を…」

1 :ひかり ★:2019/01/09(水) 22:08:09.05 ID:cOlcVzTA9.net

 18年大みそかのNHK紅白歌合戦に初出場した5人組ムード歌謡グループ「純烈」の所属事務所は9日、マスコミ各社にファクスを送付し、
この日「週刊文春」のネット媒体「文春オンライン」が報じた、メンバーの友井雄亮(38)による過去の交際女性へのDV問題について、
友井のコメントを発表し、謝罪した。

 「本件の対応につきまして、皆様に大変ご迷惑をお掛けいたしましたことをお詫び申し上げます」と謝罪。友井のコメントは、グループの
公式ブログに掲載されたものと同じだが、「本件につきましては、後日改めまして皆様にお話する場を設けさせていただければと思います」と、
自らの口で説明する意思を明らかにした。

 ◆友井のコメント全文◆

 この度の週刊誌の記事により、日頃純烈を応援してくださっているファンの皆様及び関係者の皆様に多大なるご迷惑をおかけしましたこと深く
お詫び申し上げます。記事の内容につきましては、すでに解決にはなっておりますが、自分の気持ちとしては今でも相手の方々には大変申し訳ないと
思っておりますし、心から深く反省しております。今後は、自らの人生を真摯に見つめ直し、二度と同じような事態を起こさないように致します。
本件につきましては、後日改めまして皆様にお話する場を設けさせていただければと思います。

 ▼「純烈」 スーパー銭湯でのライブを中心に活動するムード歌謡グループ。友井はコーラス、振り付けを担当する。結成以来の目標として
「紅白出場」を掲げてきた。18年の勝負曲「プロポーズ」は売り上げ10万枚を突破し、紅白出場を叶えた。メンバーの小田井涼平(47)が
18年4月、タレントのLiLiCo(47)と昨年結婚していたことを発表し話題になった。

スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/01/09/kiji/20190109s00041000238000c.html

More →

サザンオールスターズは、やっぱり米津玄師に怒ってた!? 紅白が頭を抱える「2年目の遺恨」

1 :砂漠のマスカレード ★:2019/01/11(金) 07:39:59.72 ID:X4nTG+c79.net

2018年大みそか、平成最後の紅白歌合戦は、見どころが多かった。
サザンオールスターズは35年ぶりにNHKホールでパフォーマンス、ユーミンこと松任谷由実(64)もNHKホールにサプライズ登場、
サブちゃんこと北島三郎(82)の復活、米津玄師(27)初のテレビ生出演など、多くの話題を集めた結果、2年ぶりに視聴率40%超えを記録した。

NHK関係者も、胸をなでおろしている……と思ったが、「新たな火種が生まれてしまった。
今年の年末が思いやられる」と、頭を抱えているという。いったいどういうことなのだろうか。

「視聴率回復の要因となったサザンと米津玄師の遺恨です。自分たちが紅白最後の隠し球だと信じていたサザンにとって、不出場だったはずの米津玄師の出演は寝耳に水の出来事だったようです。
また米津は、急遽出演が決定したにもかかわらず、彼の故郷である徳島県の大塚国際美術館内に5000本のキャンドルをともすという凝ったステージが用意され、
国際的に活躍する菅原小春をダンサーに起用するなど、超特別待遇。最後の目玉アーティストが自分たちではなかったことは、サザンのプライドを大きく傷つけたはずです」(芸能記者)

こうしたサザンのとまどいと怒りを察した一部のネットメディアは、12月28日に「米津の急な出場決定にサザンが激怒している」という記事を掲載。ネットは、この記事をめぐって一時騒然となった。

ヒートアップするネット世論を沈静化させようとしたのか、サザンの公式ツイッターは、12月29日になって突如この記事に言及、激怒報道を完全否定したのだ。

〈いよいよ紅白歌合戦が迫ってきました!!  米津さんの出演に、大激怒!? なんて文言をWeb見かけましたが、逆ですよー。
ラジオでも桑田さんは、数年前から絶賛しながら曲をかけています。チーム一同おめでとうございますです。
今年の紅白を一緒に盛り上げましょう!! 宜しくお願い致します〉(サザンオールスターズ公式ツイッターより原文ママ)

しかし、フォローのはずのこのツイートも、更なる事態の悪化を招いてしまった。レコード会社関係者はこう言う。

「公式ツイッターの文言は建前で、やはりはサザン側は米津玄師のふるまいを面白く思っていなかったと聞こえてきています。
というのも、実はサザンの所属事務所は、このようなツイッターをサザンの公式見解として発信したツイッター担当者に対しても怒ったといいます。
あんなかたちで相手にする必要はなかった。放っておけば良かったのに、と怒りを表したようですよ」

来年以降も両者に出場してほしいであろうNHKにとって、この問題が遺恨になるという事態だけはなんとしても避けたいだろう。

はたしてNHKは、2019年末、この問題をどう乗り越えるのだろうか?

http://dailynewsonline.jp/article/1647443/
2019.01.11 06:30 日刊大衆

More →

長嶋一茂「親父のご機嫌とる人が多かった」 幼少期のお年玉の額に共演者驚がく

1 :砂漠のマスカレード ★:2019/01/10(木) 16:41:40.93 ID:pg0Ib3Xx9.net

タレントの長嶋一茂(52)が9日深夜放送のテレビ朝日「ザワつく!一茂良純時々ちさ子の会」(水曜深夜0・20)に出演。幼少期の正月を振り返った。

新年最初の放送のため、2019年の抱負を問われた一茂は「目標とか抱負は一切ない」とキッパリ。
「生きていることだけで感謝してますから。皆、俺の老後に楽しく付き合ってもらってありがとう」と観覧客に頭を下げた。

さらに、幼少期の正月を振り返り、「いろんな方たちが来るから、親父にあいさつしに来る。親父の前で俺にお年玉渡して、親父のご機嫌とる人が多かった」と苦笑い。
「袋の中に1万円は入ってますよ。それが40〜50人」とお年玉の額を明かすと、進行役のサバンナ高橋茂雄(42)は「学年束ねられるやん!」と驚がく。
「全部お袋が預かっている」と自身が使えるわけではなかったことも補足した。

一方、石原良純(56)は「うちのお父さん友達少ないじゃん。誰も来ない」と笑わせ、「普段いない親父がいるから大変なのよ。正月はつらいのよ」と語っていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/15852868/
2019年1月10日 12時12分 スポニチアネックス

More →

DV報道「純烈」友井雄亮、公式HPでの謝罪文を事務所が削除「事実と異なる部分がございました」

1 :muffin ★:2019/01/10(木) 11:22:49.83 ID:+pHtuVaP9.net

https://www.hochi.co.jp/entertainment/20190110-OHT1T50070.html
2019年1月10日8時54分 スポーツ報知

 昨年のNHK紅白歌合戦に初出場した5人組歌謡コーラスグループ・純烈の友井雄亮(38)が、過去に同せいしていた女性に対してDV行為をしていたと、10日発売の週刊文春が報じている。友井は9日、報道陣の問い掛けに無言を貫いたが、公式ブログに「心から深く反省しております」などとする謝罪メッセージを掲載した。

 しかし、10日午前1時44分に公式ブログで「今回の友井雄亮の件について」と題し「この度、弊社所属事務所純烈のメンバーである友井雄亮に関する週刊誌の記事により、相手の方には、とても辛い思いをさせたことを大変申し訳なく思っております。純烈のブログには、解決済みであるとする事実と異なる部分がございましたので、削除させていただきました」と友井の謝罪メッセージを削除したことを発表した。

 さらに「週刊誌で報道されている内容につきましては、A子氏が情報提供したものではなく、第三者によるものと確認出来ております。この経緯につきましては更に調査を進め対応を検討しております。A子氏へは度重なるご迷惑をおかけすることとなり深くお詫び申し上げます。事務所としても、A子氏に対して、今後も誠意を持って対応をして行きたいと考えております」と説明した。

 その上で「日頃純烈を応援してくださっているファンの皆様及び関係者の皆様に多大なるご迷惑をおかけしましたこと深くお詫び申し上げます」と謝罪していた。

  純烈は9日、兵庫・尼崎市のボートレース尼崎でトークショーを行い、午後9時前に都内に戻ってきた。報道陣からの「ファンの方に一言」などの問い掛けに、友井は終始無言。事務所関係者と1人先にタクシーに乗り込んだ。残るメンバー4人にも「友井さんから説明は?」と質問が飛んだが、小田井涼平(47)が報道陣に無言で頭を下げると、4人でタクシーに乗って駅を後にした。

 取材には無言だった友井はブログに「記事の内容につきましては、すでに解決にはなっておりますが、自分の気持ちとしては今でも相手の方々には大変申し訳ないと思っておりますし、今後は、自らの人生を真摯に見つめ直し、二度と同じような事態を起こさないように致します」とファンへの謝罪の気持ちをつづったが、削除された。

 所属事務所は9日に報道各社にFAXを送付し、「後日話させていただける場所を設けさせていただこうと思っております」と近日中に会見を行うことを明かした。関係者によると、会見は5人で行う予定だという。

More →

紅白リハでやる気のなかった「錦戸亮」「TWICE」 見習うべきは「純烈」と「須田亜香里」

1 :ほニーテール ★:2019/01/07(月) 08:47:05.13 ID:nNHgRETt9.net

(前略)

結局は2年連続でTWICEが出場とあいなった。良くも悪くも注目されることとなった彼女たちは、2015年に韓国で結成された、5人の韓国人、3人の日本人、1人の台湾人のメンバーからなる多国籍グループだ。

「後半の14番目に彼女たちが『紅白メドレー』を披露し、次のEXILEが『紅白スペシャル2018』と、やはりメドレー形式でした。紅組司会の広瀬すず(20)が“ダンスパフォーマンス対決”と紹介し、ネット上で盛り上がったと『オリコンニュース』が報じています」(芸能評論家)

 だが、本番での熱度とは反対に、リハでの温度は低かったようで……。

「閉会式のリハーサルは、出場者全員が揃って行われ、ひとつひとつ段取りを確認していきます。直接出番があるわけではないアーティストにとっては、時間がかかり退屈なのは分かるんですけれど、TWICEのジヒョ(21)は不機嫌丸出し。天井を見上げての大あくびを隠そうともしていませんでした。まがりなりにもグループのリーダーなのに。
ジヒョよりもやる気がなかったのはダヒョン(20)ですね。しかもこちらは、DA PUMPがダンスでコラボした五木ひろし(70)のステージのリハでのこと。
TWICEはAKB48などと共にバックダンサーを務めたわけですが、ダヒョンはだるそうに腕を振るだけ。よく知らない日本の爺さんとコラボさせられて嫌々なんでしょうけれど、他にも演者がいる中で笑顔が一切ないというのは、あまり感じが良くないですよね」(リハを取材した記者)

◆やる気なき錦戸

 アイドルの韓流女子にこんな指摘があれば、アイドルの日本男児にも無気力の目撃談が。メンバーの渋谷すばる(37)が脱退し、初の6人体制で紅白に臨んだ関ジャニ∞、その中でも錦戸亮(34)である。

「リハを終えて囲み取材に応じる時の錦戸は、態度が悪かったですね。カメラを向けた時こそポーズは取っていましたが、ずっと腕を組んだまま一言も喋らず。
村上信五(36)が『来年は紅白の司会やります』とコメントして場を盛り上げている時も、愛想笑いもせずに『つまらないこと言ってんなよ』みたいな表情。
べつに我々に愛想よくしろとは言いません。ただ、3年前(2015年)にSMAPが出た時は、時間いっぱいで質問を打ち切ろうとした仕切りのスタッフを木村拓哉(46)が制し、『いいじゃんもう一問くらい』と受け入れる“男気”を見せていました。先輩を見習ってほしい気持ちはありますね」(別の記者)

 と、ここまでやる気のない方々を紹介したが、反対に“やる気マンマン”なアーティストはいたのだろうか。

「初出場の男性コーラスグループの純烈は、さすがはスーパー銭湯のドサまわりをしていただけあっての謙虚さでしたね。リハーサルから本番とたがわぬ全力のパフォーマンスでしたよ。ま、初紅白だからやる気があって当然、と言えばそれまでですけれど、囲み取材でもリーダーの酒井一圭(43)が『声とか張った方がいいですか?』と取材記者を気づかっていました」(前同)

“リハでも全力”という話では、AKB48からもこんな話が聞こえてくる。先ほどTWICEについて証言してくれた記者は、

「須田亜香里(27)はリハーサルでも常に笑顔で、さすが昨年のAKB総選挙で2位になったアイドルだと思わせましたね。サザンオールスターズの『勝手にシンドバッド』の音合わせの際は振りも掛け声も完璧で、練習してきたのがよく分かりました。
練習といえば、タイのBNK48とのコラボのリハで、指原莉乃(26)がタイ語版『恋するフォーチュンクッキー』の歌詞を何度も繰り返していたのが印象的。
紅白では基本的に、歌詞の“カンペ”用意されているので、そこまで頑張らなくてもいいんですけれどね。BNKと対面した際には『コップンカー、サワディーカー』とタイ語で挨拶してました」

 人に見られるお仕事。アイドルの語源たる“偶像”を、いつ何時も演じる必要があるということか。

週刊新潮WEB取材班
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190107-00554616-shincho-ent&p=2

More →

<オリラジ中田>キンコン梶原に「謝罪に行きたい」悪質ネットニュース発端のトラブル

1 :Egg ★:2019/01/09(水) 21:57:17.44 ID:44L8p7Iw9.net

お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の中田敦彦(36)が9日、ニッポン放送「中田敦彦のオールナイトニッポンPremium」(水曜後6・00)に出演。ネットニュースが発端のトラブルについて、お笑いコンビ「キングコング」梶原雄太(38)に直接謝罪したい意思を示した。

【写真】「キングコング」の梶原雄太

 中田は昨年放送した同番組でユーチューバーと芸人の違いに言及。芸人と比較して、ユーチューバーは演者としての役割はもちろんのこと、撮影、ディレクション、編集まで一人で担っているとし「僕は叶わなかった」とユーチューバーを称賛した。

 ユーチューバーの話題の中で「俺は負けた。失敗したんだけど、梶さんはあそこまで頑張っている」と昨年10月にユーチューバーとしてデビューし、活動を続ける先輩の梶原を称えたが、ネット上の記事で「俺は失敗した。カジサック(梶原)も成功しない」という悪意のある見出しがつけられたという。「ラジオの内容を切り取る記事の中で、一番悪質な記事だった」と振り返った。

 中田がラジオで話題にしていたことを知った梶原は、自身のツイッターで「オリラジの中田さんが何か、僕の事を言ってたみたいですが、、ごめんなさい、、興味ないです」とツイート。中田はそれに反応し「梶原さん、誤解ですよ。悪質な記事に惑わされずに。応援してますよ!」と弁解したが、梶原は今月6日に更新したキングコングのユーチューブチャンネルで中田に苦言を呈していた。

 中田は梶原の苦言内容について“なぜこっち(梶原側)が記事内容のファクト(事実)チェックをしないといけないのか”“中田がラジオで発言したら、そういうニュースになるって分かってるだろう”と説明。「ファクトチェックしてくれるだろうと思ったのは、後輩である自分の甘えだったかもしれない。梶原さんを不愉快にさせてしまった」と語った。

 続けて「カジサックさんの動画に出させてもらって謝罪させてもらいたい。謝罪に行きたい」と直接謝罪する機会を与えてもらいたいと訴えていた。

1/9(水) 21:29配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00000132-spnannex-ent

More →

<立川志らく>1億目当てに前澤社長に群がる欲望丸出しの群集に警告!「屋上からのバラマキに群がる人々になってやしまいか」

1 :Egg ★:2019/01/08(火) 18:59:58.53 ID:QF9OoYE99.net

落語家の立川志らく(55)が8日、ツイッターを更新。
ツイッター上で「100人に100万円」の企画を実施したZOZOの前澤友作社長(43)に言及した。

志らくは前澤社長に賛同し、企画に応募したことを明かしているが、現金のばらまきには注文をつけた。

「ZOZO townが1億プレゼントするのは悪い事ではないがもっと粋な計らいがあってもいい。
当選した人は何割かを被災地に寄付する条件をつけるとか」と、自身と会社のプロモーションだけでなく寄付に活用すべきと主張。

そして「百万欲しさに庶民がリツイートしている姿が屋上からのバラマキに群がる人々になってやしまいか」と欲望丸出しの群集心理に警鐘を鳴らした。
「自分の金なんだから何に使おうが勝手だという意見がちらほら。間違っていない。でもそういう考えが1番下品」と、反発の声を一蹴。

「当たったら宣言通り被災地に寄付します。お金というものはばらまくものではないと思う」と人間としての気品を欠く行動を批判した。

2019年1月8日 9時17分 東スポWeb
http://news.livedoor.com/article/detail/15841714/

写真

More →

あれが三浦春馬の元カノ!?米津玄師のステージで“不気味ダンス”した美女が話題に

1 :砂漠のマスカレード ★:2019/01/08(火) 18:56:44.73 ID:PERYJ0Kc9.net

主役よりも目立ってしまったようだ。

大みそかに放送された「NHK紅白歌合戦」にてテレビ初歌唱を飾り、大反響となった米津玄師。
その注目のステージにて、パフォーマンスに花を添えた美女ダンサーの菅原小春が元日、自身のインスタグラムで米津との写真を公開している。
菅原は「本年もよろしくお願いします! 仲間に! 家族に! みなさまに。」と本文に綴り、紅白でのパフォーマンスの舞台となった徳島の大塚美術館で米津に抱きつくショットなど、計4枚を投稿。
米津のライブにも参加するなど以前から交流があることもあって、写真を見る限り、米津とも非常に親しい間柄であることが窺える。

そんな菅原だが、紅白では大ヒット曲「Lemon」を歌唱する米津のパフォーマンスに2番から加わり、やや不気味にも思える個性的なダンスを見せ、独特の世界観を披露。
世間に与えたインパクトも強烈で、「ちょっとダンスが怖かったけど、釘付けになってしまった」
「米津よりこの美女が気になる」「米津さん1人で見たかった気がするけど、有名なダンサーさんなのかな」と、菅原のほうに目を奪われた視聴者も多かったようだ。

「登場の仕方も突如として画角に入ってくるというもので、何かの手違いで不審者が乱入したのか?と勘違いするほど。
それぐらい奇妙なダンスでしたね。菅原については世間の認知度が追いついていないようですが、日本を代表する世界的なダンサーで、人気モデルの中条あやみが『日本人の宝物』と絶賛するほど。
また、2017年には三浦春馬との熱愛が報じられていたこともあって、『この人が三浦春馬の元カノか』などと妙に納得する声も見受けられました」(エンタメ誌ライター)

米津の歌唱を集中して見たかったという意見もあり、今回のパフォーマンスは賛否が分かれたが、一身に注目を集めた菅原としては面目躍如といったところか。

http://dailynewsonline.jp/article/1644070/
2019.01.08 18:14 アサジョ

More →