「ソロこそがアイドル本来の姿」往年のアイドルはなぜあんなに輝いていたのか [JBpress]

1 :TwilightSparkle ★@\(^o^)/:2014/10/29(水) 21:01:20.99 ID:???0.net

2014.10.29(水)

大の音楽好きで知られる、タレントのクリス松村さんが、今年、独自の視点からアイドル論をまとめた(『
「誰にも書けない」アイドル論』、小学館新書)。

 クリスさんは、1970年代に山口百恵やキャンディーズなどの曲に出合って以来、アイドルを応援し続けて、
その変遷をずっと見守ってきた。

 本書でも随所に70〜80年代に輝きを放ったアイドルへの深い愛を語りつつ、ともすれば売り上げ至上主
義に陥りやすい昨今のアイドル業界についても言及している。

 アイドルのあるべき姿は、いかなるものか。ご本人に話をうかがった。

アイドルは「お人形さんでいい」

──アイドルが輝いていた時代を、71年から89年までと限定されていますね。

クリス松村氏(以下、敬称略) もちろん今でもアイドルはたくさんいますけど、私が、この本でアイドルとし
て取り上げたかったのが、主に70〜80年代に活躍された方々ということです。彼女たち、あるいは彼らの
ほとんどは、ソロの歌手です。グループといっても、せいぜいキャンディーズやピンク・レディーのように2〜
3人までで、メンバーそれぞれが個性を放っています。

次ページ→ その頃は、お茶の間のテレビを家族全員で見るという時…

※2014年10月29日時点で一般公開が確認出来た記事の一部を引用しました、全文は元サイトでどうぞ
Japan Business Press http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/42066




情報元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1414584080/