岡田斗司夫、デブへと舞い戻る・・・衝撃のダイエットから数年後リバウンド 自身のダイエット本を全否定

1 :れいおφ ★@\(^o^)/:2014/11/03(月) 21:05:59.17 ID:???0.net

岡田斗司夫が新しい本を出版した。『僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない』(PHP出版)。
だが、その中身より、表紙の著者写真を見て目が点になった。

ええっ!? 完全に元に戻ってるじゃないか!

岡田といえば、かつては「オタキング」という愛称で、オタク評論家として知られていたが、
今から7年前にダイエットに成功。
身長171センチにして120キロという巨体を65キロまで落とし、その成果を『いつまでもデブと思うなよ』(新潮新書)
という本にして出版。同書は55万部を突破。
関連本を含めると、岡田のダイエット本は100万部以上も売り上げた。

確かに当時の岡田は以前とは別人だった。ほっそりとして、しかも毒気が落ちたように優しく微笑む。
人格や性格まで変わったのではないかと驚愕したものだ。

当時、『いつまでもデブと思うなよ』で岡田が提唱していたのは、食べた物を記録するレコーディングダイエット
というものだ。
「体育会系ダイエットのように『とりあえず根性を出せ!』みたいな精神論とは無縁で(略)その割りには、
1年で50キロ落とせたという実績からおわかりの通り、即効性にも優れている。
原理的にリバウンドも最小限に抑えられる。まさに、理想のダイエット法である」(同書より)

さらに日本は「見た目主義社会」であり、そのためにデブはデブのぶんだけあらゆるところ(もちろん仕事においても)ソンをすると主張、
「やせることは、自分に対してできる最大限の経済効果をもたらす」とまで言い切った。

そんな自信にあふれて、なんだか"いい人"になった岡田。それなのに――。
『僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない』の表裏表紙ともに写真を載せている岡田は、
以前よりは多少痩せた程度で、すっかり元の岡田に見える。

しかもリバウンドは最近始まったものではないらしい。
昨年くらいから、ネットでも「リバウンドした!?」と話題になるほど、その容姿はデブへと舞い戻って行ったのだ。

>>2以降に続く)

http://news.livedoor.com/article/detail/9427159/


ダイエット後



2 :れいおφ ★@\(^o^)/:2014/11/03(月) 21:06:09.41 ID:???0.net

>>1の続き)

岡田のブログ「岡田斗司夫の近未来日記」では昨年からこんな記述が掲載されていた。

「ダイエットの効果は3年は続きました。三年後から徐々にまた太りはじめ、
今年の夏、僕の体重はなんと【90キロ】まで、つまり25キロも太り戻しました…(略)
あせった僕は、夏前からダイエットを始めました。しかし厳しい食事制限をしてるつもりでも、ぜんぜん痩せません。(略)
なんで僕は痩せないんだよ〜!!本当に泣きたくなってしまいました。」(13年11月18日)

そして、こんな驚くべき記述。

「食べたものをすべて書き出す=レコーディング(記録)するから『レコーディング・ダイエット』。
僕が七年前に書いた本には「食べたら、その時間と分量をメモしなさい」と書いてあります。

「食べるのを減らす必要はない。むしろ"減らしたい"という誘惑に勝ちなさい。
"早くダイエットしたい"という誘惑に負けてはダメです」

えええ?? いや、たしかにこの文章、書いたよ。自分で書いたの、おぼえているよ。
でも、これって無理です。ぜんぜん論理的・科学的じゃない。
書きさえしたら食べてもいいの? 書きさえしたらいくら食べてもいいなら、痩せるはずない。
自分で書いた文章が、数十万人が読んで成功した方法論が、まるっきり信じられません。」(13年12月2日)

そう、岡田は55万部も売り上げたダイエット本を全否定してしまっているのだ。だ
が、岡田はそれでも決意した。自著をもう一度読み返してダイエットしょうと。

以降、ブログにダイエットの記述はないが、新著の写真を見る限り、状況はあまり変わっていないようだ。
あれから10カ月以上経った現在、その姿は"オタキング"時代の岡田斗司夫に近いところまで戻っている。

やはり、レコーディングダイエットはただのインチキだったのか。
だが、本人がこんな状況に陥っているにもかかわらず、岡田の後援会組織「FREEex」では、
最近もレコーディングダイエットの勉強会が開かれているようだ。これはいったいどういうことなのだろう。

ちなみに、この「FREEex」は2010年、岡田自身が「年に12万円支払って岡田を助ける」
という驚くべきコンセプトで立ち上げた組織で、現在でも150人ほどの岡田ファンが会員になっているという。

新著の『僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない』もこのFREEexの考え方がベースになっているのだが、
これについては、ぜひ別の機会に論じてみたい。

(おわり)



情報元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1415016359/

タイトルとURLをコピーしました