香取慎吾「スッキリ」サプライズ生出演でゴーンネタ「バレないように箱に入って来た」

1 :牛丼 ★:2020/01/08(水) 08:54:03.58 ID:rhWklEOW9.net

タレントの香取慎吾(42)が8日放送の日本テレビ系「スッキリ」(月〜金曜前8・00)にサプライズで生出演。時事ネタで笑わせた。

 香取は6日と7日に放送された同番組に「新しい地図」の稲垣吾郎(46)と草なぎ剛(45)と出演し、極楽とんぼ・加藤浩次(50)、水卜麻美アナウンサー(32)、ハリセンボン・近藤春菜(36)の「スッキリチーム」とパラリンピック競技種目で対決。対決に敗れた「スッキリチーム」が罰ゲームとして、この日のオープニングで香取の最新アルバムの楽曲を踊った。

 加藤らが踊り終えると、香取が生電話で出演し「スッキリでこんなオープニング初めて見ましたよ」とコメント。加藤が「本当ですよ」と返したところ、右手に携帯電話を持った香取がスタジオに姿を現した。

 実はリハーサルから見守っていたという香取。「皆さんにバレないように、こっそり箱に入って来た」と話し、楽器の箱に入ってレバノンに逃亡したとされているカルロス・ゴーン被告(65)を連想させる時事ネタで笑いを誘った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200108-00000112-spnannex-ent

続きを読む »

 

『紅白』打ち上げで “ギャラ” に言及、ビートたけしの爆笑&衝撃スピーチ

1 :湛然 ★:2020/01/08(水) 05:13:13.45 ID:tv0RVA8j9.net

『紅白』打ち上げで “ギャラ” に言及、ビートたけしの爆笑&衝撃スピーチ
2020年1月7日 11時0分 週刊女性PRIME
https://www.jprime.jp/articles/-/16907

紅白登場は18年ぶり。歌手としては初出場のビートたけし

 昨年の大みそかに行われた『NHK紅白歌合戦』。“限界突破”しちゃった氷川きよしやレコード大賞受賞の5人組・Foorinが視聴者の話題と期待を集めたが、終わってみれば視聴率は37・3%と過去最低を限界突破。

「“目玉”がなかったのが原因でしょう。サザンオールスターズや米津玄師といった大物が顔をそろえた’18年や、安室奈美恵のラスト出演があった’17年に比べて、見劣りする印象は否めなかったですから」(スポーツ紙記者)

◆ものまね紅白かと思った

 そんな手厳しい視線を知ってか知らずか、白組トップバッターとして気を吐いたのが今年65歳になる郷ひろみ。

「『2億4千万の瞳』を会場外のロビーから歌い始めると、ステージまでラグビーボールを持って全力疾走し最後は客席にトライ。年齢を感じさせないステージはさすがでした」(同・スポーツ紙記者)

 テーマが『東京五輪』ということで、バックダンサーたちも各競技のユニフォームを着るというこだわりようだったのだが、それに交じって有名アスリートのものまね芸人たちが出演する演出も。

「出演オファーが来たのは12月の初めごろでした。突然の依頼だったので、最初は“ものまね紅白”の出演依頼だと思いました。まさか本家からだとは(笑)」(出演したものまね芸人のひとり)

◆自ら錦戸の名を出した村上

 本番の前に気……ならぬ心の内を吐き出したのは、関ジャニ∞の村上信五と純烈の酒井一圭。どちらも突然のメンバー脱退という大荒れの1年だったこともあり、その発言に注目が集まっていた。

「囲み取材での村上さんはさすが。“錦戸のことは聞かんといてね。しゃべらへんから”と、あえて脱退した元メンバーの錦戸亮さんの名前を出して報道陣にクギを刺しながらも笑いに変えてましたから」(前出・スポーツ紙記者)

 一方の酒井は、

「“DV引退”した元メンバーの友井雄亮さんが抜けてからストレスで激太りした1年。“あの謝罪会見で365日分の力を出し切った”と、こぼしてたのは本音でしょうね」(同・スポーツ紙記者)

 しかし、彼ら以上に昨年が大荒れだったのは、特別企画として代表曲『浅草キッド』を哀愁たっぷりに歌い上げたビートたけしだろう。ギャラの配分に端を発する事務所離脱、前妻との100億円離婚、銭ゲバトラブル……などなど、金絡み&オンナ絡みで何かと騒がしかった。NHK局内で行われた紅白の打ち上げでは、こんなひと幕があったそう。

「総合司会の内村光良さんや紅組司会の綾瀬はるかさんをはじめ、出演者やスタッフ200人以上が詰めかけた会場で、最初に挨拶したのがたけしさんでした。“(紅白の)ギャラが2万円だった”とかまして会場は大爆笑。取りざたされたギャラをネタにするあたり、さすが“世界のキタノ”でしたね」(NHK関係者)

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

続きを読む »

 

藤原竜也、“高校3日で中退”の噂を否定「4日です」真相を告白 2020/01/06

1 :朝一から閉店までφ ★:2020/01/07(火) 19:00:40.33 ID:HCLl5dk+9.net

2020/01/06 09:25

俳優の藤原竜也が、5日に放送された日本テレビ系トーク番組『おしゃれイズム』(毎週日曜22:00〜22:30)にゲスト出演し、高校を中退した経緯を告白した。

主演映画『カイジ ファイナルゲーム』(1月10日公開)の宣伝を兼ねて出演した藤原。自身に関する噂を検証するコーナーで、「高校を3日で辞めた」という噂に対して、「4日です」と一部訂正し、「4日できれいに辞めました」と明かした。

さらに、「4日行って、その日、高校の帰りに稽古場に遊びに行ったんですよ」と思い返し、「唐十郎さんと蜷川幸雄さんが雑談というか会話をされてたんですよ。当時の僕には小説を読んでいるような、非常に高貴な言葉の連続で。僕が学ぶべき場所は高校じゃなくて、稽古場にしかないなと思って」と回顧。

MCを務めるお笑いコンビ・くりぃむしちゅーの上田晋也が「かっこいい!」と声を上げると、「かっこよくないです」と恥ずかしそうに否定し、「今、この歳になってみればやっぱり勉強大事だったな、高校生活満喫したかったなという悔いは残ります」と吐露していた。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

https://news.mynavi.jp/article/20200106-950606/

続きを読む »

 

「霜降り明星」粗品が結婚へ タレント秋山衣梨佳と高級マンションで同居 「彼女のことを真剣に…」 (スポニチアネックス)

1 :湛然 ★:2020/01/01(水) 04:16:30 ID:8+P7k+6o9.net

1/1(水) 4:00 スポニチアネックス
「霜降り明星」粗品が結婚へ タレント秋山衣梨佳と高級マンションで同居 「彼女のことを真剣に…」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200101-00000000-spnannex-ent

霜降り明星の粗品

 人気お笑いコンビ「霜降り明星」の粗品(26)が、タレントの秋山衣梨佳(25)と結婚を視野に同居交際していることが31日、分かった。関係者によると結婚の時期など、具体的なことは決まっていないが、昨秋ごろから都内の高級マンションで、主に大阪府で活動していた秋山と同居を始めた。周囲に「彼女のことを真剣に考えています」と話している。

 粗品は2018年の漫才日本一決定戦「M―1グランプリ」で優勝。昨年には1人芸のコンテスト「R―1ぐらんぷり」を制し、お笑い界唯一の2冠保持者となった天才芸人。一方の秋山は粗品の2学年下。11年に地元・京都の芸能事務所にスカウトされアイドルデビューし、14年に卒業以降はソロ活動。現在は男性2人とパフォーマンスユニットを組み活動している。粗品は9月に、女性とのお泊まり愛を写真週刊誌「フライデー」に報じられ、その後に出演したラジオ番組で「彼女です」と認めていたが、その時の女性が秋山だった。

 関係者によると、粗品のブレーク前からイベントなどで接点があったようで「友人関係から距離を縮め、愛を育んだようです」という。秋山は多忙な粗品を献身的にサポートしブレークを支えつつ自らの芸術活動に打ち込んでいる。

 「お笑い第7世代」と呼ばれる若手の中でもNo・1スターがゴールインするか注目だ。

 ◆粗品(そしな)本名佐々木直人(ささき・なおと)。1993年(平5)1月7日生まれ、大阪府出身の26歳。同志社大中退。高校時代に出演した「ハイスクールマンザイ」で、別のコンビを組んでいたせいやと13年に霜降り明星を結成。数々の賞レースを制する。1メートル80、血液型O。

 ◆秋山 衣梨佳(あきやま・えりか)1994年(平6)11月18日生まれ、京都府出身の25歳。11年にデビューし、12年に事務所を移籍し「Qubic」創設メンバーに。脱退後はユニット「バリフィルム」での活動のほか関西ローカルのテレビやCMなどに出演。1メートル62。血液型O。

(おわり)

続きを読む »

 

テレ朝・久冨慶子アナ、元日本代表FW大津と箱根旅館浴衣ラブラブ2ショット

1 :れいおφ ★:2019/12/31(火) 22:13:30.45 ID:KqumdCEN9.net

J1横浜F・マリノスの元日本代表FW大津祐樹が公式インスタグラムを更新し、
妻でテレビ朝日アナウンサーの久冨慶子さんとの“箱根旅館2ショット”を投稿した一方、
あるサプライズに「嬉しい」と喜びを露わにしている。

現在29歳の大津は2008年に柏レイソルでプロデビュー。
2011-12シーズンにボルシアMG(ドイツ)、2012-13シーズンから3シーズンにわたってVVVフェンロ(オランダ)に在籍し、
2015年に古巣の柏へ復帰した。2018年から横浜FMに在籍しており、
今季はリーグ戦23試合に出場して15年ぶり4回目の優勝に貢献している。

シーズンを戦い終えた大津は、30日に自身の公式ツイッターを更新。
妻と箱根の旅館に宿泊した際の2ショット写真をアップし、「なんだかほっこりする話」を打ち明けている。

「箱根でご飯食べ終わった直後サプライズで旅館が優勝祝いと結婚祝いですとマリノスのプレートに2人の名前を入れて渡してくれました」
浴衣姿の2人が特製プレートを持ちながら笑みを浮かべており、大津は「サプライズってとても嬉しい」と驚いた様子を見せつつ、
「ありがとうございました」と感謝の意を示している。

返信欄ではファンからも「粋なことするなぁ」の声が漏れた一方、
貴重なオフショットに「浴衣姿が素敵です」「美男美女お似合い」などのコメントも並んでいる。
来年3月に30歳となる大津は新シーズンに向けて充実のオフを過ごし、英気を養っているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191231-00237815-soccermzw-socc

画像

続きを読む »

 

MISIA、ロビーにも響いた歌声 リハから鳥肌が立ったえぐい歌唱力

1 :牛丼 ★:2020/01/05(日) 10:28:03.51 ID:JTfZe63f9.net

昨年大みそかに放送された『第70回NHK紅白歌合戦』では、紅組トリを飾ったMISIAの歌唱力が話題を集めた。

 本番では「アイノカタチ」「INTO THE LIGHT」そして「Everything」を歌い上げた。歌唱後、ネットでは「声量が凄い」「歌唱力がえぐい」「圧巻だった」「感動した」という声が溢れた。

 記者も、リハーサルでその歌唱力に驚いた。紅白は、ホールでリハーサル取材をし、ロビーで囲み取材などを行う。出場歌手のなかには演出の都合でリハーサルそのものを取材陣に公開することを禁止していることもある。そのため、記者はホールに居続けることが出来ず、ロビーで待機する。MISIAの場合もリハーサル取材は禁止だった。

 ホールからぞくぞくと退出する記者たち。程なくして演奏が始まり、歌声が響き出した。ロビーに居ても十分に聴こえてくるその歌声。そして、突き抜ける高音には、作業していた手が止まっただけでなく鳥肌が立つほどだった。

 過去にMISIAのライブを取材した本媒体の記者から「ライブでも第一声に鳥肌が立って涙が出るほどだった」と聞いていたが、その一端をリハーサルでも感じた。

 ちなみに、リハーサルの合間に出場者がステージに揃う「顔合わせ」で隣にいた椎名林檎と仲睦まじく談笑している姿や、出場者全員がFoorinの歌とともに「パプリカ」の振りをする場面で楽しそうにしていた姿も印象的だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200105-00010001-musicv-musi

続きを読む »

 

新婚の壇蜜 夫と今年は「まだ会ってない。神様に借りたものを返しに行くって」

1 :ひかり ★:2020/01/05(日) 11:44:33.10 ID:oAPtqJGR9.net

 昨年11月22日に漫画家の清野とおる氏と結婚したタレントの壇蜜(39)が5日、TBS系の生番組「サンデー・ジャポン」に出演し、
清野氏とは今年まだ会っていないことを打ち明けた。

 新婚夫婦の最初の正月の過ごし方を聞かれた壇蜜は「まだ会ってないんです」と仰天発言。「年末に、私は秋田の祖母のところに行って、
清野さんはなんか信心深い人なので、なんか神様に借りたものを返しに行くって言って。(行き先は)教えてくれないんです、はい。
なんか借りたものを返しに行くって」と、夫の秘密主義を明かしていた。

デイリースポーツ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200105-00000048-dal-ent

続きを読む »

 

上沼恵美子、昨年の紅白は「緊張感ゼロ」「あれじゃあダメ」 過去の口パク裏話も披露

1 :ひかり ★:2020/01/06(月) 18:21:01.06 ID:vUgeUKCa9.net

 お笑いタレントの上沼恵美子(64)が6日、ABCラジオ「上沼恵美子のこころ晴天」(月曜正午)に出演し、昨年放送された「第70回NHK紅白歌合戦」について言及した。

 昨年の紅白で、ゲスト審査員を務めた上沼。「光栄なことなんですけど、少しよろしいか?」と切り出し、「あたしの知ってる紅白歌合戦ではなかったので驚きました」と印象を口にした。

 過去には、司会として出演した経験もあるが「日本一の緊張する、緊迫した…。アーティストの中には、吐き出す人もいるんですよ、緊張で。リハーサルから、そういう感じの番組でした」。
さらに、「本番で歌えないってなった人がいるんですよ、もどしそうになるって。それで1人だけ、口パクにした子がいます。それぐらい口パクはダメなんです」と、現場の様子を伝えつつ、
過去の裏話を明かした。

 その上で「NHKは敵に回したくないんですけど、あえて言わせていただくと、緊張感ゼロです」と指摘。「みんなで舞台いっぱいに踊って、盛り上げてるっていう意味は分かるんです」と
一定の理解を示したが「あれだけようさんNHKホールで踊ってると、誰の何の歌なのか、誰が主役なのかさっぱり分からない」と話した。

 VTRや中継が多かったことにも触れ「NHKホールのお客さんはお気の毒でした。ほったらかしでしたもん。あれじゃあダメ。23時45分まで、NHKホールで全部やるべきだと思います。
1回ぐらい中継をつないでもいいけど、それも意味のあるところね」と持論を披露し「現場にいた人間が言わしていただくなら、あれは紅白歌合戦ではない。歌のお祭りです。
これは考えた方がいいですよ」と訴えかけた。

 また、「歌で今年(オファーが)来ても、断ります」と上沼。共演者のお笑いコンビ「キングコング」の梶原雄太(39)が「構成が変わってたら分からないですよね?」と問うと、
「受けます」と即答して笑わせつつ「そういう緊張を持ってイントロから出て行って、センターで歌いたい」と語っていた。

スポニチ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-00000206-spnannex-ent

続きを読む »

 

田中みな実 前澤友作氏を“詰問”「親からしたら、結婚なのかなって思っちゃいますよ」

1 :砂漠のマスカレード ★:2020/01/05(日) 14:02:52.04 ID:OztswnAp9.net

フリーアナウンサーの田中みな実(33)が5日、TBS「サンデー・ジャポン」(日曜前9・54)に出演。
インターネット衣料品通販大手ZOZOの創業者で前社長の前澤友作氏(44)と対談した。

田中は対談の中で、前澤氏が昨年、女優の剛力彩芽(27)と別れたことに「最近までお付き合いされていた方って方って表に出るお仕事をしていたわけじゃないですか」と指摘した上で
「それで付き合うってねえ、結構な覚悟がいるわけじゃない?お相手の方ともいろんなところにお二人でお出掛けになったりとか。
それってもうさあ、結婚しているのと同等の扱いをされちゃうわけで」と強い口調で語った。

前澤氏が「僕の付き合いはホント結婚なんですよ」と言うと、田中は「でも結婚しないじゃないですか」とぴしゃり。

前澤氏が「それぐらい結婚というものに重きがないだけで、付き合ったら子どもができてもいいやとか、親とのコミュニケーションもあったり、家族ぐるみだったり」と説明しても、
「でもそれって親からしたら、結婚なのかなって思っちゃいますよ。それでしなかったらとっても親ががっかりすると思う」と話した。

さらに前澤氏が「じゃあ(相手の親と)会わない方がいいってこと?結婚する気ないと」と聞くと、「うん、人によると思うけど、でも中途半端に感じる人は多いかも」ときっぱり。
「そんなに断固、絶対(結婚)しないと思ってるわけじゃないんだよ。してもいいかなと思う時もよくある」と打ち明けた前澤氏を、「でも結果しないと思います」と一蹴した。

https://news.livedoor.com/article/detail/17620664/
2020年1月5日 13時30分 スポニチアネックス

続きを読む »

 

木下優樹菜&フジモン、壮絶離婚の背景にDV騒動も

1 :牛丼 ★:2020/01/05(日) 21:53:50.04 ID:JTfZe63f9.net

木下優樹菜&フジモン、壮絶離婚の背景にDV騒動も
駆け込み離婚の理由とは

 芸能界には、年末年始に結婚や離婚のニュースが集中する“トレンド”がある。ワイドショーなどの情報番組が放送を休むため、露出を避けたい芸能人が、このタイミングを選ぶ。今回、最も世間を驚かせたのは、慌ただしい2019年の大晦日に離婚した木下優樹菜(32才)とフジモンことFUJIWARAの藤本敏史(49才)だろう。

「お笑い芸人にとって離婚はネタにもなる。あえてこのタイミングにしたのは、笑いに変えられない事情があったからでしょう」(芸能関係者)

 ふたりは2010年8月に結婚。おしどり夫婦として知られ、2012年に長女を、2015年には次女を出産すると、木下はママタレントとして、藤本はイクメン芸人としての顔も持つようになった。

 誰もが羨む理想の“フジモンファミリー”に、近年はほころびが見えていたという。

「長女が小学校受験をする際に、進学先を巡って衝突することが増えたそうです。お受験を考えていた優樹菜さんと、幼稚園からエスカレーター式に上がれるインターナショナルスクールのままでいいという藤本さんとで意見が割れた。これまでは17才年上の藤本さんが一歩引いて接していたけど、子供のことをきっかけに藤本さんは何につけても優樹菜さんに、文句を言うようになっていたんです。

 けんかが増え、時には罵声が飛び交うようになると、優樹菜さんは彼の言動を“モラハラ”だと感じるようになっていったといいます。決定打となったのは1年ほど前の大きな衝突。互いに手が出るようなけんかになり、DVとも取れるほど激しかったようです。そこから本気で離婚について話し合い、マンション内別居も始まりました」(木下の知人)

 だが、2019年の8月28日、9回目の結婚記念日となったこの日、木下は自身のインスタグラムに、仲睦まじい夫婦の写真をアップした。

「子供のことを考え、やり直すという可能性もあったんです。そんな中、タピオカ恫喝騒動が起きました」(前出・木下の知人)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200105-00000006-pseven-ent

※前スレ
【芸能】木下優樹菜&フジモン、壮絶離婚の背景にDV騒動も
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1578212939/

続きを読む »