「28歳」でもアイドル性を失わない元モー娘。道重さゆみと新AKB女王「21歳」松井珠理奈を比較してみると……

1 :muffin ★:2018/07/01(日) 10:07:31.41 ID:CAP_USER9.net

https://myjitsu.jp/archives/55511
2018.06.29 19:00

元『モーニング娘。』のリーダーで、現在はソロで活躍する道重さゆみが3年9カ月ぶりの写真集『DREAM』を7月13日に発売する。

発売に先立ち道重は、「テーマは、かわいい…だけではない。“大人かわいい”です。かわいいは私の永遠のテーマであり憧れです。でももう、すべてひたすらかわいく! というのも年齢的に無理があるので(笑)、29歳を迎えようとしている今しか出せない年相応な大人かわいいをたっぷり見ていただける内容になっていると思います」とコメントを発表した。コンセプトをはじめとして、全てをセルフプロデュースした写真集だという。

「道重は2014年11月から約2年半にわたって芸能活動を休止していましたが、復帰の際には以前と変わらぬアイドル性だったため、取材陣も驚いていました」(アイドルライター)

一方で、モー娘の存在を凌駕して勢力を拡大した『AKB48』。今年の『第10回AKB48世界選抜総選挙』では『SKE48』の松井珠理奈が1位に輝いた。このアイドルライターは、松井のことを次のように話す。

「道重は2012年からモー娘の8代目リーダーとして活動していました。それ以前の2年以上もリーダー同然で5年以上トップを張ってきた。でも松井を見て、地元の名古屋の人以外でトップだと思う人いるでしょうか。顔はでかいし、老けている。道重はアラサーですが比較をしたら、松井では歯が立たないのでは」

アイドル好きの間でも道重さゆみと松井珠理奈の比較が話題になっているという。松井は21歳だが、インターネット上では《道重が断然若い。松井と同じ21歳でも通用する》といった意見が多い。対して松井には《道重よりはるかに上。33歳あたりが妥当の見た目》だという。

《AKBのリーダーは道重に変わった方がいい》というファンもいるほどだ。

More →

EXILEの所属事務所が3億円の申告漏れ

1 :muffin ★:2018/07/05(木) 18:02:27.55 ID:CAP_USER9.net

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180705/k10011509731000.html
2018年7月5日 11時46分

人気ダンスボーカルグループ「EXILE」が所属する芸能事務所が、東京国税局から飲食費の一部が経費に当たらないなどとして、およそ3億円の申告漏れを指摘されたことがわかりました。

申告漏れを指摘されたのは、「EXILE」などが所属する東京 目黒区の「LDH JAPAN」です。

会社側や関係者によりますと、去年3月期までの4年間にツアーの打ち上げで取引先などと会食した接待飲食費のうち、本来は経費としては認められない上限額を超えた部分についても経費に計上して利益を少なく申告していたということです。

また、海外にある関連会社への業務委託費用の計上時期の誤りなど、経理ミスも含めて、東京国税局からおよそ3億円の申告漏れを指摘されたということです。

会社はこれまでに修正申告を行い、追徴課税された過少申告加算税を含む法人税6000万円余りを納付したということです。

「LDH JAPAN」の前身である「LDH」は、平成21年3月期までの2年間に東京国税局から所得隠しを指摘されたこともあり、会社は「国税当局との見解の相違がありましたが、指摘に従い、すべての対応を完了しています。所得隠しのような意図的な行為は一切なく、今後はより慎重に法務、税務を確認し、業務遂行していくようスタッフ一同改めて気を引き締めて取り組んで参ります」とコメントしています。

★1が立った日時:2018/07/05(木) 12:14:23.72
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1530760463/

More →

<藤田ニコル>日本とロシアとポーランドの「W杯クォーター」を突然告白!「自分のはいってる血がW杯みたい」

1 :Egg ★:2018/07/01(日) 09:25:40.76 ID:CAP_USER9.net

ロシアW杯で決勝トーナメントに駒を進めたサッカー日本代表の戦いの熱気が列島を包み込んでいるが、ひょんなことからモデル・藤田ニコルの発言が大いに注目を集めている。

 日本がまさにグループステージ最終戦のポーランド戦に臨む最中のことだ。突如、「ちなみに私はロシアとポーランドと日本のクォーター? ハーフ? だよ 笑」と綴り、開催地ロシアと対戦相手ポーランドを含んだ“1人W杯状態”であることを告白すると、「自分のはいってる血がW杯みたいな私は寝ますおやすみぃ」と連投したのだ。

「今大会の日本代表に関わる2カ国を含んだクォーターという事実を明かしたにこるんには、『ニコルワールドカップ』『藤田ニコルチョフスキということですね』『今日の試合コンプリートやん』『まじ奇跡じゃん!笑』『にこるん、どこ応援するか迷っちゃうね』『ワールドカップ関係の国ばっかやん!』との返信が寄せられ、このタイムリーな発表は多くのファンを驚かせました。

また、『純日本人にしか見えないです』『知らなかった…』との声も上がり、初耳だというファンも散見されました」(テレビ誌ライター)

 藤田は1998年のW杯イヤーにニュージーランドで生まれ、父親がロシア人とポーランド人のハーフというクォーター。そんな彼女の気になる応援国だが、ツイッターには愛犬と共にサムライブルーの健闘を見守る写真が掲載されており、やはり3歳から暮らす日本をプッシュしている様子。

 もしもW杯の決勝戦が日本vsロシアとなった場合、にこるんにとって非常に悩ましい展開となるかもしれない。

(木村慎吾)

アサジョ2018/06/29 18:15
https://asajo.jp/54643

写真

More →

高畑充希 紅CM多すぎて苦情…歌唱力絶賛から一転に同情論も

1 :ほニーテール ★:2018/07/06(金) 09:25:11.37 ID:CAP_USER9.net

NTTドコモのCMでX JAPANの代表曲「紅」を熱唱する高畑充希(26)。
赤く染まった空に向かって、スーツ姿の高畑が「紅」のサビを熱唱している。
その歌唱力について、ネットでは「上手すぎる!」と絶賛。
YouTubeにアップされた公式動画も現在、185万回近い再生回数を記録している。

だがいっぽうでは、思わぬ“弊害”が。テレビで放送されすぎるあまり、twitter上では「うるさい!」といった“苦情”が上がっているのだ。

《高畑充希さんの紅、最初はうますぎる〜!って聴き入ってたけど毎日死ぬほど流れるから流石にもううるさい》
《紅のCM、音量大きすぎて不愉快でしかない……流れたらチャンネル変える対策しかない》

そうした意見のなか、高畑ファンからは同情する声も。

《高畑充希せっかく歌上手いのにあのCMを連発するせいでうるさいとか言われてるじゃん》
《てかそのCMの案だしたのdocomo側なのに高畑充希の好感度下がるとかなんかかわいそう》

高畑はもともとミュージカル女優としてデビュー。
その歌唱力も高く評価されてきた。
それだけに、今回の“騒動”には残念がる人も多いようだ。

「“歌う系”のCMは耳につきやすい反面、流しすぎると拒否反応を示す視聴者もいます。
今回はシャウトする曲だったので、なおさらその傾向が出てしまったのでしょう。
つまり彼女の歌声というよりは、CM出稿量の問題といえるでしょう」(芸能関係者)

本来は伸びやかな声で定評がある高畑。意外な反応にめげることなく、今後も美声を聞かせてほしいものだ。

7/5(木) 19:12配信
ヤフーニュース(女性自身)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180705-00010009-jisin-ent

★1が立った時刻
2018/07/05(木) 20:51:09.68

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1530800193/

※前スレ
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1530809386/

More →

吉岡里帆、22歳“おとなまる子”で登場 「ご褒美みたいなお仕事」やんちゃな幼少期エピソード披露

1 :湛然 ★:2018/07/01(日) 05:16:45.75 ID:CAP_USER9.net

2018.06.30 12:59
吉岡里帆“おとなまる子”は「ご褒美みたいなお仕事」やんちゃな幼少期エピソード披露

女優の吉岡里帆が30日、都内で行われたトークイベントに出席した。

吉岡里帆“おとなまる子”で登場

原作では9歳(小学3年生)のちびまる子ちゃんが、22歳(社会人1年生)になってクルマの免許を取ったら…という架空の設定で、おとなまる子(吉岡)を中心に繰り広げられるCMシリーズに出演する吉岡。イベントにはCMで着用しているまる子の衣装で登場し「大好きなキャタクターなので、おとなまる子に戻れて嬉しいです」とニッコリ。

また、『ちびまる子ちゃん』のアニメを毎週見ていた上に、原作の漫画も読んでいたという吉岡は、同CM出演が決まった際の心境を尋ねられると「嬉しすぎていいのかなと、ご褒美みたいなお仕事だなと思いました」と目を輝かせ、自身の子どもの頃については「自然が多いところで育ったので、お友だちと外でよく遊ぶ元気でおてんば娘でした」と意外な一面を告白。「木登りをして、ザリガニ釣りをして、本を読むことも好きだったので、今と変わらない部分もありつつですね」と語った。

“たまちゃん”奈緒・“花輪君”竜星涼との共演振り返る

さらに、おとなまる子を演じる上で意識したことを聞かれると「子どもまるちゃんがコミカルで、表情豊かなので、大人になったまるちゃんも、そのコミカルさと元気のよさは意識して演じました」といい、CMでは女優の奈緒演じるたまちゃんと共演しているが「たまちゃんとの撮影がすごく楽しくて、たまちゃんが本当にたまちゃんっぽくて、私もまる子らしくいられるといいますか、2人で一緒に世界観を作れてよかったなと思いました」と声を弾ませた。

また、今後CMには花輪君も登場するそうで、一足早くお披露目されると「竜星涼さんが演じられているんですけど、花輪君の独特な話し言葉とスタイリッシュに成長した花輪君で、一緒に共演していても花輪君がそのまま大人になって、そしてよりカッコよくなった花輪君だなと思いましたね」と紹介した。

吉岡里帆、休日の過ごし方は?

様々な場面で活躍し多忙な吉岡だが、先日、連休があったそうで「リラックスした時間を過ごせましたね」といい、休日の過ごしたかについては「昔からですけど、美術館とかライブとか舞台など、何かを見るのが好きなので、なるべく外に出るようにしています。勉強したい気持ちもありますし、楽しい時間を過ごしたいという気持ちもありますし、吸収するために外に出るようにしています」とコメント。

プライベートで運転することもあるそうで「地元で免許を取ってから、小さい車から始まって、地元とかでよく運転をしていました」と打ち明けた。(modelpress編集部)

“おとなまる子”で登場した吉岡里帆 (C)モデルプレス


https://mdpr.jp/news/detail/1776554

TVCM ミラ トコット 「勘違い」篇(15秒) ダイハツ公式
https://www.youtube.com/watch?v=AdXSabiKBec

More →

<高橋真麻>33トン分処分の両親に続き、洋服3分の1、食器半分を断捨離…

1 :Egg ★:2018/06/30(土) 23:54:46.73 ID:CAP_USER9.net

フリーアナウンサー・高橋真麻が30日、ブログを更新。断捨離をして洋服を3分の1、食器を半分捨てたことを明かした。

 真麻は今年1月に父で俳優の高橋英樹とともにテレビ出演した際、父に「断捨離をしてくれ」と頼み、実際に冷蔵庫や洋服など「全部で33トン。4トントラック8台分」(英樹)の断捨離を決行したことを明かしていた。

 この日のブログでは「両親に33トンの断捨離をして貰ったのは既にご存知の方も多いと思います。で、私も断捨離始めました」と両親に続いて自身も大量の断捨離を行ったことを報告。「食器は半分 DVDや本、洋服は3分の1強 家具もそこそこ」処分したという。

 もともと大学時代の服など、思い出がつまった品々を大切にとっておくタイプだった真麻。「シンプルライフを目指しています。」と断捨離の目的を記した。

6/30(土) 23:24配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00000157-dal-ent

More →

小泉今日子の「プロデュース業に専念」は“愛娘”「のん」のバックアップが目的か

1 :プーアル ★ :2018/06/30(土) 21:09:07.85 ID:CAP_USER9.net

小泉今日子が突然、自身が設立した制作会社『明後日』のホームページ上で女優の休業を発表した。以前から決まっていた仕事を除いて、これからはプロデュース業に力を入れていくという。

この発表を受けて、いまだ活躍の場に制約がある、のん(能年玲奈)との関係が取り沙汰されている。

今年2月に前所属芸能事務所から独立した小泉は、独立前に決まった仕事を除いて女優としてのオファーを断っていることを告白。その上で《しばらくは舞台の制作などプロデューサー業に力を入れ、
良い作品を世に送り出したいと思っております。》とつづり、女優としての復帰は早くても2020年以降とした。

小泉が以前からプロデュース業に大きな興味を示していたことは各メディアでも報じられており、独立したことをきっかけに当面はそれに専念することに決めたようだ。

そこで注目を集めているのが、女優のんの存在だ。

https://myjitsu.jp/archives/55698

More →

小倉優子 次男を産んだ瞬間に決意「あっ!離婚しよう!」

1 :サイカイへのショートカット ★:2018/06/30(土) 16:20:02.30 ID:CAP_USER9.net

小倉優子 次男を産んだ瞬間に決意「あっ!離婚しよう!」
6/30(土) 6:00配信 デイリースポーツ
https://www.daily.co.jp/gossip/2018/06/30/0011401494.shtml
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00000013-dal-ent

収録に臨んだ小倉優子

タレントの小倉優子(34)がこのほど、都内で行われたカンテレ「おかべろ」(土曜、後2・27)の収録で、離婚を決意した瞬間を打ち明けた。小倉はヘアメークアーティストの前夫と昨年3月に離婚した。

小倉の離婚は、夫の不倫疑惑が週刊誌で報じられたこともあり、世間の注目を集めた。不倫疑惑報道は小倉が次男を妊娠しているさなかで、小倉は「次男を産んだ瞬間に、“あっ!離婚しよう!”と思った」と、離婚を決意した瞬間もぶっちゃけた。

昨年は「好きなママタレントランキング」で1位に輝き、離婚後に好感度が急上昇していることも感じているというが、離婚前、8カ月ほど仕事を休んでいた際には「仕事がなかったらどうしよう」と不安を抱いていたことも告白。「こうやって仕事があるのはすごくうれしい」と、率直に心境を明かした。

この模様は30日に放送される。

More →

和田アキ子、NEWS小山活動再開に思う「もう一人いたでしょう、未成年と飲んだの」

1 :シャチ ★ :2018/06/30(土) 13:19:59.08 ID:CAP_USER9.net

歌手の和田アキ子(68)が30日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「ゴッドアフタヌーン 
アッコのいいかげんに1000回」(土曜・前11時)で、NEWS・小山慶一郎(34)について語った。

 小山は未成年女性と酒席をともにしたことが報じられ、8日以降に芸能活動を自粛。
所属しているジャニーズ事務所が27日から芸能活動再開することを発表していた。

 活動再開について「早すぎる」「早めの夏休み」などの声があがっていることを番組で紹介すると和田は
「復帰(まで)の期間ってどのくらいあればいいわけ?じゃあ」と語り出した。
「私は擁護するわけじゃないけど、難しいと思う。女の子がカラコンしてヒールはいて、化粧をして…。一緒にいる人がハタチ過ぎていて。
『君いくつ?』って聞いて『ハタチです』って言われたら…」と小山がおかれた状況を説明しながら、騒動について語った。

 その上で「ほかにもいたじゃない。ジャニーズ事務所にもう一人いたでしょう、未成年と飲んだの。何も(おとがめは)ない。
その違いは何なの」と処分の違いに疑問を感じたことを赤裸々に語った。

スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00000100-sph-ent

More →

ベッキー、巨人・片岡コーチとの熱愛に母・智佳子さん「(片岡コーチは)とっても優しい、素敵な方」

1 :サイカイへのショートカット ★:2018/07/04(水) 16:12:43.91 ID:CAP_USER9.net

ベッキー熱愛も母が語る本音「親としてはまだちょっと心配」
2018/07/04 16:00 女性自身
https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1645486/
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180704-00010009-jisin-ent

巨人の片岡治大2軍コーチ(35)との真剣交際が報じられた、ベッキー(34)。知人を介して出会った2人は、5月から交際をスタートさせたばかりだという。
ベッキーといえば、16年1月、「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(29)との不倫が『週刊文春』に報じられた。あれから2年半、ようやく理想の新恋人に出会えたのだろうか――。

本誌はさっそくベッキーの実母・智佳子さんの元を訪れた。交際報道から2日、朝7時過ぎに都内の自宅からゴミ出しに出てきた智佳子さん。
以前にも取材した記者が「おめでとうございます」と声をかけると、快く取材に応えてくれた。

――片岡さんとはもう会われたんですか?

「はい!とっても優しい、素敵な方ですよ。それに彼はハンサムですしね(笑)」

――お互い“動物好き”で意気投合したとか?

「そうですね。彼もペットを飼っていらっしゃるそうですから」

娘がようやく掴んだ幸せによろこびが溢れ出る様子が伝わってきた。とはいえ、まだまだ心配も尽きないようで――。

――以前は、本当にいろいろたいへんでしたね。

「ええ、そうでしたねぇ……」

――でも、今回はみなさんから祝福されて。

「はい、本当にありがたいことです。でも(交際は)始まったばかりですから。親としてはまだちょっと心配なんですよ。本人が書いているように、“ゆっくりしっかり”2人の仲を温めていってほしいです」

破顔の裏に、娘を愛するがゆえの母心が見え隠れしていた――。

More →