爆笑問題がみのもんたの「セクハラえん罪」を証言

25日放送のTBSラジオ「火曜JUNK 爆笑問題カーボーイ」で、爆笑問題の太田光と田中裕二がみのもんたの「セクハラ疑惑」について見解を示した。

二人が触れたのは8月30日放送の「みのもんたの朝ズバッ!」(TBS系)で、CM明けにみのがとった行動について。みのが、原稿を読み上げようとするTBS・吉田明世アナウンサーの腰に手を回し、それを吉田アナが振り払う映像が流れたのである。一見、吉田アナの臀部を触っていたかに見える映像に、視聴者から「セクハラなのでは?」という疑問の声があがり、読売新聞をはじめとするメディアもニュースとして取り上げた。

【スポンサードリンク】

爆笑問題の二人がこの話題に言及したのは「爆笑問題カーボーイ」放送で、「みのもんたのケツを触りたい」というラジオネームのリスナーからメールが寄せられたため。このラジオネームに反応した太田は「あれね、誤解があるけど、本当にセクハラじゃないんですよ、みなさん」と、自身が得た話を絡めて証言し始めたのである。太田によれば、みのがCM前に出演者の背中を押すことはよくあることだという。

しかしながら、話題となった「朝ズバッ!」の映像については擁護が難しい模様。太田は「本当にセクハラじゃないよね!」と苦笑しながら話し、田中も「僕も観ましたけど確かにそうにしか見えないからね、あの映像はね」と感想を述べている。

また、その後の報道について太田は「誰も信じてくれない空気じゃないですか。それがおかしくて」と面白がりながらも、「自業自得としか言いようがない。可哀想だとは思いますけど」「TBSも、もうちょっとハッキリ釈明してあげれば良いのになあ」などと語り、みのに同情の意も示している。

最後に太田は「下手すりゃあれですよ。電車の冤罪の痴漢のサラリーマンみたいなことですからね」との見解を述べ、あくまでみのの行為がセクハラではないと証言している。さらに「それよくあるじゃん。みのさん流の可愛いところですよ。よくやってたでしょ?我々と一緒のやってたの(番組)でも」と、みのの「背中を押す行為」を現場で見た経験を明かし、田中も「やってました。千野アナとかね」と具体的な女性アナウンサーの名前を出して太田の主張を認めている。



(提供元:livedoorトピックニュース より)




最近の投稿
Google トレンド